« 「2010 関東信越きき酒会」に行ってきた 前半 | トップページ | 「2010 臥龍梅を愉しむ会」のお知らせ »

2010年4月12日 (月)

「2010 関東信越きき酒会」に行ってきた 後半

つづきから。 

埼玉の隣の群馬に移動する。

まずは「柳澤酒造」

「桂川 特別本醸造」

「桂川 純米酒」

をいただく。

「特本」が美味い。

ついでに「結人」を扱っているお店を聞いてみる。

群馬でも数件、都内や埼玉などでも1件ずつらしい(苦笑)

まだまだ石数が少ないので、扱いたいという酒屋さんからお話がきても、お取引まではまだできないみたいですね。

「特本」は群馬でも結構扱っているみたいなので、群馬行ったら買って帰ろ。

お次は、「浅間酒造」

Dscn2605

「浅間山 純米吟醸山田錦」

「浅間山 辛口純米」

「秘幻 斗瓶取り大吟醸 おりがらみ」

をいただく。

辛口純米の辛口感は好きかも。+12なのにあくまでもスッキリしたキレなので、辛々していないからチャイルド舌の半可通でも全く平気。

参考商品の大吟は、言わずもがな♪

とここで蔵の人に、以前から気になっていた蔵というか観光センター限定で売っているお酒のことを聞く・・・。

なるほど、「秘幻」というよりは「浅間山」系のお酒になるんですね。なるほど、別に花酵母ではない。

今度あの辺に行ったら買ってみよう♪

お次は、うわっ!魅力的な蔵発見♪

「島岡酒造」

Dscn2606

「群馬泉 純米吟醸 淡緑」

「群馬泉 超特選純米」

をいただく。

蔵の方が「この淡緑はまだ熟成が足りなくて、ホントは後1ヶ月は寝かしたい」とかいながら注いでくれる。

確かに若いがガチガチではないし、米の旨味はしっかり感じる。美味い。

「超特選」の方は、18、19BYのブレンドなので、らしさ全開。か、燗で飲みたいぞ・・・。

半可通の近くで売っているところやお酒の事などを聞く・・・。

造っているのが硬派なお酒なので、蔵元さんも厳しい感じの人かと思ったら、とてもフランクな方。でもお酒に対しては妥協しないという姿勢というのはビンビン感じる。

仕事が出来る人特有のオーラを感じました。

お次は「牧野酒造」

Dscn2607

以前蔵で直接購入した「天こう 純米吟醸」

「大盃 純米吟醸生」

「大盃 純米酒」

「大盃 純米吟醸」

「梅酒」

をいただく。

「天こう」はやはり好きな系統。美味いですね。

「天こう」の加水生バージョンの「大盃 純吟生」は暑い時期にオススメのタイプらしい。

「純米」も好きな系統。美味いな、これ。

「純吟」は「純米」とは違う系統の香りと味。

いきなり「天こうください」と言ったので、「このお酒を知ってらっしゃるんですか?」と聞かれたので、「以前草津行く時に蔵で買わせていただきました。天こう美味いですよね」で始まり、売っているところなどを聞く。

結論をいうと、ネットで買うしかない(苦笑)

つい1週間前ほど「天こう」タイプの玉苗仕込み生バージョンを発売したらしい。玉苗は気になるお米なので、非常に飲んでみたい!

お次は「龍神酒造」

「尾瀬の雪どけ 純米」

をいただく。

美味いのに、とてもリーズナブル。これで1升二千円は反則でしょ。

お次は「町田酒造」

「町田酒造 純米吟醸山田錦」

「町田酒造 特別純米五百万石」

「町田酒造 純米若水」

をいただく。

全て同じ系統ではなく、若水だけはお燗向きな香りと味わい。これが一番好きかな?

山田さんはかなりギリギリのお値段みたいですね。

さぁ長野へ移動。

サクサク紹介していきますよ。

次は「大信州酒造」

Dscn2608

「大信州 仕込み三十号 純米大吟醸生」

「大信州 別囲い 純米吟醸番外品おりがらみ生」

をいただく。

おりがら美味い♪

今年から金紋錦仕込みのお酒が多くなったみたいです。

次は「高沢酒造」

「米川」

「豊賀」の特純と純吟らしきメモが書いてあり、美味いみたいに書いてある感じなんですが、字が汚くて読めないのと記憶にあまりない。すいません・・・。

次は「土屋酒造店」

「亀の海 特別純米火入れ」

「亀の海 純米吟醸生」

「亀の海 純米吟醸火入れ」(多分あったはず)

「茜さす 生」

「亀の海」生2種は今風の香りと甘みでとてもジューシーですね。美味いです。

純米の火入れは、蔵の人も1年物で少し熟成した香りがとおっしゃっていました。生と比べると、確かに香りもあるし、火入れは好きではないなぁ。

「茜さす」は弾力感と程よいボリュームのある旨味が楽しめて、個人的には「茜さす」が一番好き。

お次は「酒千蔵野」

「幻舞 特別純米生」

「幻舞 純米吟醸生」

「幻舞 斗瓶取り吟醸生」

「幻舞 吟醸火入れ」

をいただく。

特純もこういう感じになったんですね。

吟醸火入れが一番好きでした。

お次は「伴野酒造」

Dscn2609

「澤の花 純米中取り無ろ過生原酒 ひとごこち」

「澤の花 純米吟醸中取り無ろ過生原酒 雄町」

「澤の花 特別純米生原酒 うすにごり棚田米」

をいただく。

雄町はかなりきれいで、お値段以上の味わい。

純米は冷酒系食中酒上位ランクの味わい。

うすにごりはオリの効かせ方がとても上手。これも美味い♪

気になっているセメ取りのことなど色々聞く・・・。当然近くで売っている酒屋さんなども聞く。話を聞いているうちに今年のひやおろしも聞く。

比較的近くに取り扱い店があるので、近いうちに行ってみよう♪

お次は「田中屋酒造店」

Dscn2610

「水尾 辛口」

「水尾 特別本醸造」

「水尾 一味」

「水尾 特別純米酒」

「水尾 純米吟醸」

「水尾 純米大吟醸」

をいただく。

「辛口」初めていただくが、ちゃんと味のある辛口。

「特本」はバランスよくスッキリした味わい。何にでも合わせやすそう。お燗が特に美味い。

「一味」淡い旨味とコクがいい感じ。

「特純」間違いないでしょ!

「純吟」以前感じた華やかさはあまりなく、上品な甘みとふくらみ。

「純大」う~ん、なかなか買えないけど、これが一番美味い。

今年の純吟はとても評判がよく、よく売れているとのこと。しかも今年から酵母を金沢酵母の泡アリにしたみたい(苦笑)

泡がある方がやりやすいとおっしゃっていました。カッコイイっす!

後は火入れの話を聞いたり、「特純の金紋は加水火入れが一番美味いです」と個人的感想を言ってみたり(笑)

今年の特純火入れは、昨年よりもよりクリアーでやわらかいふくらみで、スッと沁みこんでくる味わい。やっぱり美味いわ。

栃木に移動。

会も終盤だったからか、栃木は混んでいましたね。当然飲んだお酒の記憶も微妙になっていきます(苦笑)

まずは「飯沼銘醸」

Dscn2611

「姿 純米吟醸五百万石無濾過生原酒」

「姿 純米吟醸五百万石無濾過原酒」

「姿 純米吟醸雄町無濾過生原酒 中取り」

「姿 純米吟醸雄町無濾過原酒 中取り」

「姿 純米吟醸山田錦無濾過生原酒 中取り」

「杉並木」の何か

をいただく。

雄町2種が特に美味い。雄町の中取りは、火入れでも発売するみたいですね。

お次は「井上清吉商店」

「澤姫 山廃」

などをいただく。

お次は「辻善兵衛商店」

「辻善兵衛 純米吟醸生 槽口直汲み 雄町」

「辻善兵衛 活性にごり 雄町」

「辻善兵衛 純米吟醸生 五百万石」

「辻善兵衛 純米大吟醸 山田錦」 

「辻寛之」

をいただく。

雄町2種は家で飲んで変化を愉しむお酒ですね。五百万石がちょうど飲み頃で、純大も美味しかったです。

お次は「松井酒造店」

「松の寿 雄町」など飲みました。

特に「松の寿 とちぎ酒14」が絶妙なバランスで印象的。

お次は強力の字に惹かれ寄った「杉田酒造」

Dscn2612

「雄東正宗 純米吟醸雄町」

「発光路強力」

をいただく。

どちらも美味しかったけど、「雄東正宗」が特に好きかも。

お次は「せんきん」

「仙禽」を色々いただく。

もうこの辺になると、ラベルの色くらいしか覚えていないので、何を飲んだかサッパリ(苦笑)ただどれも美味しかったのは間違いなし。

お次は「渡邉酒造」

Dscn2613

「旭興」を色々いただく。

確か斗瓶とか雄町をいただいたはず。ただ「うわっ、美味い!」という記憶に残っているのは写真中央の生もとと雄町。

このときは気にもしなかったけど、この生もとのスペック凄いですね(苦笑)

そういえば、茨城に行ってないやと入り口辺りに戻る・・・。

「来福酒造」

「来福 純米吟醸 新山田穂」

あと確か雄町もいただいたはず。

とそうこうしている内に、蛍の光が流れる。

今年もなんだかんだと最後までいる貪欲半可通(笑)

しかも新規開拓もせずに、ガッチリ守りに入っているし・・・。

日本酒界のカテナチオどころか自衛隊半可通。今年も専守防衛に努めました!

 

最後にアリーナを撮影して、家路に着く。

Dscn2614

今年はちゃんと記憶も飛ばさず、しっかり帰宅し、シャワー浴びてご飯食べてビール飲んで就寝。

最近は会の帰りに飲みに行かなければ、結構しっかりしている半可通。グイグイ飲んでいても、一応セーブは出来ているのかもしれませんね。 

と終始ニコニコと乳でも揉んでいるかのようなニヤケ顔で、美味いお酒を堪能していた楽しい会ですが、言いたいこともありまして・・・。

ビックリしたのが、「神亀」のブースで一緒になった人がいまして、そいつが「神亀のお酒は高いから、なかなか買えなくて~」なんて言っていたくせに、一口飲んで吐器に残りを捨てていたこと。

そのクセ、色々飲みたがる。一口飲んでは吐器・・・。

心の中で「うそぉーん!!」って叫びましたよ。

普段買えないならしっかり味わえよ!そんなセリフ吐いておいて、なんで捨てられるのか理解に苦しむ・・・。しかも感想も言わないし。何も言えないなら、余計なこといわなきゃいいのに。

あとは、蔵の人に馴れ馴れしいバカ(マニア)ね。

某有名酒店の店主を「オヤジ」呼ばわりして、蔵人にも馴れ馴れしくしているバカ御一行とある蔵のところで一緒になったんですよ。

そのバカ御一行がいなくなったときに、蔵の人に「常連さんなんですか?」と聞くと「よくイベントでお会いしますね」と苦笑い。

気をつけないとそのうち都内にいるときとかに、そのバカが飲んでいる店に電話で呼び出されちゃいますよ(笑)

ホントあーいうのを見ると、自分も気をつけなきゃと思いますね。本人は仲良くなりたいと思っているのかもしれませんが、ハタから見たら私利私欲のために利用しようとしているだけにしか見えないのに・・・。

そのバカ御一行が、どこの店の常連様かは全っ然知らないけど(爆)

 

何はともあれ、関東信越の蔵の方々、美味しいお酒ご馳走様でした!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

|

« 「2010 関東信越きき酒会」に行ってきた 前半 | トップページ | 「2010 臥龍梅を愉しむ会」のお知らせ »

2010 参加したイベント」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

もの凄い量飲んでそうですね…次の日肝臓大丈夫でしょうか?


そにしても蔵の人を『オヤジ』って…北島ファミリーか!!とツッコミたくなりますね。自分もそうならないように気をつけます。

投稿: ボリショイ荒川 | 2010年4月12日 (月) 12時18分

後半は、より羨ましい雄町ばかりですね・・・(^^;

>柳澤酒造
特本いいですか?
今度試してみます。

>浅間酒造
やっぱ、新酒はうすにごりがいいです
はせがわの出品酒を検討中~。

>島岡酒造
淡緑大好きだけど、関戸は入荷しません(^^;
うすみどりの銘は、源義経の佩刀「薄緑」から採ってます。
この刀を後世、源(新田)義貞が手にしたことから、太田の蔵元が使用したのです。
義貞は、分倍河原・関戸の戦いで北条軍を破り、鎌倉を滅ぼします。
店のすぐ近くに、関戸の戦いの記念碑があるし、ぜひとも入荷して欲しい(〇>_牧野酒造
来月また帰るので、玉苗を見かけたら試しますね。

>龍神酒造
今年の関戸スペシャルは、亀の尾でした。
開栓後常温放置上等(^^v と、オヤジ(←)から説明を受けました。

>町田酒造 純米吟醸山田錦
>町田酒造 特別純米五百万石
>町田酒造 純米若水
これは火入れでせうか? それなら、私も若水が好きです
去年は、生の段階から燗でも旨かったですぅ
昨日帰京し、新宿から直で八王子に飛んで、新酒三本買って来ました(^^v

>飯沼醸造
八王子で、雄町生原酒中取り・ラスイチゲットだぜ(^^;
原酒中取りは、去年のマイベスト雄ゴリマッチョでした(^^v

>大信州酒造
木島平産では無く、数年前から松本で独自に作付けしてます。

>伴野酒造
雄町中取り、まだ若く無かったでせうか?

>田中屋酒造店
純吟買って来ます(^^;

関係ありませんが、八王子店主は下諏訪の木落としに招かれたそうで、不在でした。
一度は行ってみたいよ御柱祭。

投稿: トール | 2010年4月12日 (月) 14時03分

ボリショイ荒川さん

水も会場に置いてあるので、合間合間に飲んだりしていたからか、次の日は平気でしたよ。

>オヤジ

これは酒屋さんの店主です(笑)

昨年の吟醸酒協会のイベントにもいましたが、あのバカは声がでかいし、何様?だし、その御一行の行為を耳にすると、正直呆れますね。

まぁ、全然知り合いではないんですけどね(笑)

投稿: 半可通 | 2010年4月12日 (月) 17時11分

トールさん

>浅間酒造

そんなときは蔵限定販売酒。

>島岡酒造

うちの近くは山廃本醸造しかない(苦笑)

>オヤジ

正解(笑)

>町田酒造

多分生だったはず。
ここで飲む前に実は某酒屋さんで、これの生3種を試飲していたんですよ。
開けて日が経った状態でも、若水が一番好きでしたね。

まぁ味よりも、同じようなラベル&銘柄で、味の方向性が全然違うってどうなの?というのが一番の感想です(苦笑)

>伴野酒造

確かに若いですが、放置してたらジュワジュワ♪というのもあまり想像出来ない感じ。
綺麗なお酒というのが、一番ハマる言葉ですかね?

最後、雄町バカにオススメするなら「旭興」ですね。
値は張りますが、凄い完成度。

投稿: 半可通 | 2010年4月12日 (月) 17時33分

相変わらずの読解力のなさですみませんでした(苦笑)!LA育ちの帰国子女なんで…(嘘)

そんな輩に今後会いそうな予感です…絡まれたら…想像しただけでも面倒そうなオッサン達ですね。

それにしても試飲会に参加出来て羨ましぃ、自分も休み取れたら行きたいです。

投稿: ボリショイ荒川 | 2010年4月12日 (月) 18時43分

>来福
そういや、半可通さん向けのスイーツな商品が出たらしいです

>正解
こいつ、関戸で遭遇したことがあるです
マンモスあわれなヤツ!

>凄い完成度
それは生なの!? 火入れなの!?

投稿: トール | 2010年4月12日 (月) 21時09分

よかった。 私はそのバカなマニアではなさそうです。笑
他のお客さんに迷惑がかからないようにしていただきたいですね。

蛍の光は来福で聞きましたか?
私は仙禽で聞きました。 笑

投稿: たか | 2010年4月12日 (月) 21時17分

ボリショイ荒川さん

救いなのは、絡む人ではないと思うので、ご安心を。

>試飲会

日本酒フェアにでたら、今年はもうないかも…(苦笑)

投稿: 半可通 | 2010年4月12日 (月) 21時52分

トールさん

甘い物が好きなだけで、あま~いお酒(飲み物)が好きなわけではないですから!

>遭遇

ホントですか!?
まぁ、深くは聞きたくないです(笑)

>旭興

生だったはず。

投稿: 半可通 | 2010年4月12日 (月) 21時55分

たかさん

ウロウロしていて、蛍の光を聞きました(笑)

一昨年は、仙禽で聞いた記憶があります。
その後、水尾でお替わりしにいった記憶も(苦笑)

投稿: 半可通 | 2010年4月12日 (月) 21時58分

>甘い物が好きなだけで、あま~いお酒が好きなわけでは
SAN値・・・もとい、酸度が高くて後味良好らしいです
Tgbアタック掛けたいですぅ

>ホントですか!?
本当です

>まぁ、深くは聞きたくない
語りたくて堪らないマジで(^^;

>生だったはず。
アッバ! テオフォビア? ディエスイレ! キリエエレイソン♪
トールは混乱しているドミネーター

・・・町田酒造の純吟と特純を開けました。
数多、綺羅星の中の試飲では埋没するかもしれませんが、平均よりとても良い出来だと、
超絶贔屓目ながら思いますた

投稿: トール | 2010年4月12日 (月) 22時54分

月曜から派手に飲み過ぎました・・・orz

旭興雄町、生は売り切れですね。
昔、関戸でたまかを見かけた気がしますが、最近は覚えがありません。

投稿: トール | 2010年4月13日 (火) 06時17分

トールさん

ホントですか!?の人は、某有名酒屋に「この酒ヒネてるぞ!」と買ったお酒の文句言いに行ったという話なども聞いており、関わりたくない人なんです(笑)

>町田酒造の純吟と特純

キレの感じはとても好きなお酒です。
ただこれをあえて買うかと聞かれると、う~ん…。特に火入れは、う~ん…。

>旭興雄町

それは残念!メチャ美味でしたよ♪(飲みすぎの体に追い打ち)

投稿: 半可通 | 2010年4月13日 (火) 09時37分

>純吟と特純
この二つは県産酵母で、純米のみ9号です。
お米の味(特に山田)を上手に引き出してて感心しました。
ミネラル感がアタックを押さえているので、試飲では難しい酒だと思います。
それよりも、若水を引き当てて下さりありがとうございます(^^v

>追い打ち
憤懣やるかた無いので、見送るはずだった雄町ジーコを購入(^^;
一緒に、あまり馴染みの無い群馬酒も持ち帰りましたが・・・

投稿: トール | 2010年4月14日 (水) 10時54分

トールさん

>雄町ジーコ

買っちゃいましたか(苦笑)
さすが雄町バカ。

投稿: 半可通 | 2010年4月14日 (水) 14時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/34151442

この記事へのトラックバック一覧です: 「2010 関東信越きき酒会」に行ってきた 後半:

« 「2010 関東信越きき酒会」に行ってきた 前半 | トップページ | 「2010 臥龍梅を愉しむ会」のお知らせ »