« 「長野酒メッセin東京2010」のお知らせ | トップページ | 「2010 関東信越きき酒会」に行ってきた 後半 »

2010年4月10日 (土)

「2010 関東信越きき酒会」に行ってきた 前半

2年ぶりに参加するイベント「関東信越きき酒会」

そんなイベントの今年のテーマは、「記憶をなくさずに無事帰る!」です。

2年前は「さいたま新都心駅」から家に帰ったのですが、途中の乗り換えで超マゴマゴした記憶が朧げにありまして・・・。

だってヘロヘロだと、宇都宮線とか高崎線とか京浜東北とか埼京線とか区別つかないから!

半可通の中では、宇都宮線も高崎線も埼京線も同じホーム発着=同じ電車だからね!だって池袋から新宿まで行くのに、埼京線乗り場のホームに来た電車に乗れば、何でも新宿に着いたし(昔は勤務地が新宿だったので)

 

そんなんで今回は、量を控えるために飲んだことのある蔵はなるべく避け、普段飲まないお酒やここ最近色んなタイプのお酒が出てきている、新潟県のお酒もちょいと飲んでみようかなと。

過去数回このイベントに参加していますが、新潟は蔵の数の多さと「新潟って淡麗辛口でしょ。水みたいのはねぇ(ニヤニヤ)」みたいなライトなマニア風を吹かせてたので、あまり色々飲んでいませんでした。

ただ最近は、「美味しければどこだっていいじゃない。日本酒だもの」的な普通酒から大吟まで受け止める太平洋よりも広い懐を持った半可通ギアセカンドVer.な今、新潟を掘り下げてみてもいいんじゃないかと。

「それなら新潟酒の陣に行けよ!」という声が聞こえそうですが、「あんな一般人向けのイベントなんてオレ様が行ってられるか!」という話ですよ。

お前等みたいなイベントが東京ビッグサイト辺りに下って来たって行くかっ!何が朱鷺メッセだ、オレ様が朱鷺くらい貴重だっつーの!大体オレ様はデブでも寒がりなんだよ!

 

すいません、嘘つきました。

安西先生、(ホントは)酒の陣行きたいです・・・。

と、お金が無くて行けない半可通の魂の叫びを聞いていただいたところで、本編です。

 

んで、当日。

16時半開場のところ、16時チョイ過ぎにスーパーアリーナに到着。

Dscn2594

入り口のS1ゲートのところに行くと、係の人が「列の最後尾はあちらです」と言われた方に進む。

んで、並ぶ。

Dscn259516時チョイ過ぎ

そういえば、一昨年もこの辺に並ばされたわ。

それにしても日も当たらないし、ビル風みたいのは吹くし、地面からは冷気がきてかなり寒い!

まぁタダ酒の為だ、苦行に耐える・・・。

冷えて腰が辛くなり、もう限界っ!というところで開場したのか列が動き出す。

Dscn259616時25分頃

入り口で用紙を渡し、試飲用のプラ容器を貰う。

さぁグイグイ飲んじゃうぞ!いや違った、きいちゃうぞ!

今年は入り口近くが新潟だったので、まずはその辺をキョロキョロしながら歩く・・・。

Dscn2597_2

Dscn2598

Dscn2599全て開場直後の写真

キョロキョロと蔵の幟を見ながら歩くが、あまり知らない蔵ばかり・・・。

おっ、知っている銘柄発見。

「河忠酒造」「想天坊」をいただく。

お次は「千代の光酒造」

「特別本醸造 真」をいただく。

おっ、美味い。これで1升2,100円はお買い得。

お次は「中川酒造」

「越乃白雁 純米吟醸 越淡麗」をいただく。

いい感じに米の旨味があって、淡麗辛口とは全然違いますね。美味いです。

え~お次は・・・。

「樋木酒造」「鶴の友」をいただく。何を飲んだかメモっているけど自分の字が読めない(笑)特撰かなぁ?

練れた旨味のあるお酒ですね。「鶴の友」初めて飲んだよ。

さぁ、お次は・・・とここで一応新潟のブースは終わり。

新潟をもう一回りするかな?飲んでみたい蔵はいくつかあるけど、でも探すのは面倒だし・・・。

よしっ!隣ブースの埼玉へ行こう!とここで、あっさり半可通的新潟酒の陣は終了(笑)

まずは気になっているあそこへ直行。

「小江戸鏡山酒造」です。

テレビのクルー&見たことのないレポーターが撮影をしていますが、気にせず試飲。

Dscn2600

「鏡山 純米無濾過生原酒」

「鏡山 純米吟醸無濾過生原酒」

「鏡山 純米無濾過生原酒 雄町」

「鏡山 吟醸無濾過生原酒」

をいただく。

雄町が群を抜いて美味い!これは人気が出る訳だ。

参考出品酒という吟醸もなかなか美味い。派手さはあまりなく、コクを感じる味わい。アル添も上手ですね。

お次は「南陽酒造」

Dscn2601

こちらも一通りいただく。

「花陽浴 袋吊瓶囲い原酒 純米吟醸八反錦」

まだ若く元気一杯(生だった様な・・・)

「花陽浴 袋吊瓶囲い原酒 純米吟醸美山錦」

「花陽浴」らしい味わい(これも生だった様な・・・)

「花陽浴 袋吊瓶囲い生原酒 純米吟醸山田錦」

これ絶品!

山田さんらしい上品な厚みとジューシー感がとてもマッチしている。これはリッチな味わいだわ。

お次は「清水酒造」

Dscn2602

さすが、引っ切り無しに人が来ますね。

「亀甲花菱 純米吟醸中取り無濾過生原酒 雄町」

「亀甲花菱 純米吟醸中取り無濾過生原酒 山田錦」

「亀甲花菱 純米中取り無濾過生原酒」

「亀甲花菱 出品酒」

をいただく。

山田さんは例年通りの美味さだし、今年の雄町は昨年よりもかなり良い印象。山田さんラインの質で、雄町らしいふくよかさ。今年の雄町はオススメです。

いつも混んでいる印象の「神亀酒造」が空いていたので寄る。

うわっ!何だこの大サービスは!

Dscn2603

Dscn2604太古酒もありました

蔵の人に「うわっ、凄いお酒が並んでいますね」と言うと「うちが並べられるのはお酒しかないですから」と。これは色々飲まないと失礼にあたりますね(笑)

とまずは「神亀 純米上槽中汲み」をいただく。

ぐわっ!メチャ美味い!

初めて飲んだけど、米の旨味感と上質感がたまりません♪

「神亀 純米搾りたて生酒」をいただく。

ガチガチなのかな?と思っていましたが、さすがにガチガチではなかった(苦笑)甘みもあり、新酒特有の荒々しさもないので、普通に今が飲み頃って感じ。

「こちらは9号酵母です」とか「こちらは7号酵母のお酒になります」など造りにも関わっていそうなお姉さんに注がれながら、「純米吟醸 小鳥のさえずり」「純米吟醸 ひこ孫」もいただく。

熟成香はあまりなく、練れた味わい。やはりこの辺はお燗で飲みたい!

最後はしっかり「大吟醸 ひこ孫」もしっかりいただく。

おっ、大吟って感じの上品さ。

普段買えない値段帯のお酒をしっかりいただき(笑)、「ご馳走様でした」と告げ、ブースを後にする。

 

とりあえず、2県は終了。

結局新規開拓をしてないし、量もセーブしていないような・・・(苦笑)

つづきます。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

|

« 「長野酒メッセin東京2010」のお知らせ | トップページ | 「2010 関東信越きき酒会」に行ってきた 後半 »

2010 参加したイベント」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

>オレ様が朱鷺くらい貴重
半可トゥース!!(オードリー)

>だってヘロヘロだと、
湘南新宿ラインが抜けてるです
山手線と平行して走り、駒込から赤羽方向に90度ターンする素敵路線で、昨晩帰省しますた
味スタ行けず(^^;

>鶴の友
新宿のデパートなら、どこでも扱ってるです
暖めて飲みたい(^^v

>鏡山雄町
四谷PBと通常品でかなり違いますね。
四谷はキレイで、三芳菊をバランス良くしたような味わい。
私は、通常の雄町っぽい方が好みかしらん?

>山田アヴィ
雄町は、さらに美味かったです

>雄町亀
武蔵境に出向かねばならぬようだなっ

>大神亀
うらやましい・・・(^^v

投稿: トール | 2010年4月10日 (土) 12時26分

イベントで色々飲めて羨ましい~しかし外で沢山酒飲むと大変な事になりますよね(酒呑み万人共通の悩み)。吟醸酒の会に参加したいのですが平日のど真ん中なので会社が……休みたい。


今日は朱鷺くらい貴重な半可通さんが書かれているブログに影響され『鳳凰美田 芳』と『美和桜純米吟醸雄町なか取り』を買いました!!


投稿: ボリショイ荒川 | 2010年4月10日 (土) 15時47分

トールさん

私の中では、宇都宮線だろうが、高崎線だろうが、括りは新宿湘南ラインですよ。
強い者に巻かれなさい!(笑)

>鏡山

それほど派手さはなく、今時系酵母使いでも上手な部類ですね。

流行りなのか、今回今時系酵母が多く、続けて飲むと正直飽きます(苦笑)
酵母由来の香りと甘みばかり主張し、米の旨味を出せていない蔵が多い…。

>大神亀

よりも、上槽中汲みがあれほど美味いとは…という思い出しかありません。

投稿: 半可通 | 2010年4月10日 (土) 21時38分

ボリショイ荒川さん

>新酒の会

一度しか参加していませんが、時期的に中途半端な味わいのお酒が多いです。
秋口の仕入れの為の試飲にはいいですが、味ノリノリ系は少ない印象。

まぁ参加費は安いので、コスパはいいですが…。

親類殺してでも参加必須なのは、日本酒フェア(笑)

投稿: 半可通 | 2010年4月10日 (土) 21時44分

>強い者に巻かれなさい!
そんな考えだから、赤羽で迷子になるです
うろたえるな小僧ーーー!!(シオン)
高崎線直通湘南新宿ラインと、上野発着の高崎線は別物ですぅ

>米の旨味
常きげん山廃純米大吟醸を開けました。
今までの純大2酒と違い、冷やでも燗でも美味いっす。
私は、燗の方が好きですが、パパンや家族は冷やがいいとのこと。
世の中難しいです

投稿: トール | 2010年4月11日 (日) 00時31分

トールさん

>常きげん山廃純米大吟醸

おっ、もうお飲みですか?
てっきり年末用のキープかと思っていましたよ。

>世の中難しい

きっとお燗で飲む人の方が少ないでしょうね(苦笑)

投稿: 半可通 | 2010年4月11日 (日) 09時25分

>年末用
祝い事が、二つ重なりましたので。
家族全員、プロフェッショナルの放送に洗礼されており、ありがたく頂きました(^^v

妹が十四代並みに入手しにくい酒と勘違いしてたけど、同級生の店で売ってるし(^^;

投稿: トール | 2010年4月11日 (日) 14時21分

トールさん

>祝い事

某4合瓶ブログで知りました(笑)

>同級生の店

灯台下暗し。

投稿: 半可通 | 2010年4月11日 (日) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/34120614

この記事へのトラックバック一覧です: 「2010 関東信越きき酒会」に行ってきた 前半:

« 「長野酒メッセin東京2010」のお知らせ | トップページ | 「2010 関東信越きき酒会」に行ってきた 後半 »