« 「第2回 酒は未来を救う」のお知らせ | トップページ | 「酒ゴジラの、間違いだらけの酒常識」のお知らせ »

2010年4月17日 (土)

そこをまっつぐ 「味の笛」で「越の白鳥」

とある休日。

知人と待ち合わせて落語を聞きに行く・・・。

会場は上野広小路なので、御徒町駅あたりに17時に待ち合わせ。

半可通は休日だったので、16時過ぎには着いて、アメ横をウロウロ・・・。

外国人観光客が多いですね~。白人の方はウロウロとアメ横の雰囲気を楽しむ感じで、中韓系の人達は完全にお買い物って感じでした。

ソコソコ見たところで、時間はまだある。

御徒町駅前にある「吉池」で、お酒売り場でもサラッ見てみるかとビルに入る・・・。

新潟のお酒がズラ~とあって、新潟酒好きにはたまらん感じですね。

それでもまだ時間があったので、ちょっと飲むかと「吉池」近くの高架下立ち飲み屋へ吸い込まれる・・・。

なぜ一人で飲みに行くかと言うと、待ち合わせしている人はお酒はあまり飲めないので、落語の後に「飲んでいくか!」ということはなく、ホント食事って感じなので、今の内の日本酒を飲んでおかねば!(苦笑)

入ったお店は「味の笛」

Dscn2619

なんでここに入ろうかと思ったのは、「越後の地酒」という文字に惹かれて店の前に立ってみると、「越の白鳥」の文字が!

ウヒョヒョヒョヒョ♪こりゃ、ブログのネタになるぞ♪と入店。

店に入ると、職業不詳って感じのジャージ姿のオッサンや酒好きって感じの爺さんに、17時前なのにサラリーマン2人組みなど数人が1杯飲んでいる。

先に入っていった爺さんの様子を見てみると、どうやらキャッシュオンデリバリーの様。

なので奥にあるカウンターでその爺さんの後ろに並ぶ・・・。

その爺さんが「熱燗!」と頼んで出てきていたのが、どうやら「越の白鳥」(瓶の絵から推測)

そうか、熱燗でも飲めるのねと学習。

半可通の番に来たので、カウンターに置かれていた肴の中から大好きなホタルイカ(300円)と随分安いスーパードライ(250円)を注文。

カウンターで飲み物を受け取り、適当に空いているテーブルへ移動。

Dscn2620

これで550円(笑)

普段外だと瓶ビール派なので、生は久しぶりに飲みますが、このビール美味っ!

ビールの回転が良くて新鮮だからなのか、注ぐオバチャンのテクなのか分かりませんが、クリーミーで美味い。たまにガスガスしてんじゃねーよ!という生に当たったりするから瓶ビール派になったのですが、これなら大満足♪

ホタルイカも値段の割にプリップリッ♪

早々にビールもなくなったので、本命の日本酒を・・・。

カウンターにぶら下がっている「越の白鳥」(290円)という札を指しながら、一応「これはお燗できます?」と聞いてみると、オバチャンから「大丈夫よ」との声。

すると少し間が開いて「熱目がいい?」と聞かれる。

うわっ!何このオバチャン。半可通の好みを初対面で見抜くとは!(笑)

当然「熱目がいい!」と即答。

「ホント熱いから気をつけてね~」と笑いながら渡される。この時ついでに、いぶりがっこ(200円)買い上げ。

Dscn2621スワン柄

ホントにアチチ燗。

おっ、甘みがしっかりある普通酒ですね。新潟のお酒だからもっと淡麗かな?と想像していましたが、しっかり「山間」「越の白鳥」系の普通酒って感じの味わい。

苦みがあるので、チャイルド下の半可通は熱めの方が好きですね。

いぶりがっこは、燻製フレーバーがありつつも、やや甘めの味付けなので3切れほど食べたら飽きたので、残りはラップにくるんでお持ち帰り。

業務用だからか厚めのラップなので、安心してくるんで持ち帰れます(笑)

1,000円強でつまみ2品に美味いビールとお酒が飲めるって幸せです。また御徒町に来たら、ビール飲みに来よう!

 

そんなこんなでサクッと飲んで駅へ向かい、落語を堪能して帰りました。

後で調べてみると、このお店は「吉池」の系列みたいですね。なので、日本酒なんかが「吉池」と同じ新潟酒ばかりなのも納得。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

|

« 「第2回 酒は未来を救う」のお知らせ | トップページ | 「酒ゴジラの、間違いだらけの酒常識」のお知らせ »

外飲み」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

甘いんですよね~。
アル添前提な感じ。

投稿: トール | 2010年4月17日 (土) 13時48分

トールさん

おっ、飲まれたことあるんですね。

これって「越の白鳥 本仕込み」っていうお酒になるのかな?
元の甘さ+練れた感じの甘さも感じましたよ。

投稿: 半可通 | 2010年4月17日 (土) 18時37分

>練れた感じ
最近のは知りませんが、純米系はダレた甘味で厳しかったっす(^^;
しかし、山間であれだけの飛躍が出来るのだから、あそこの蔵とか(群馬複数)、あそこの蔵とか(和歌山複数)、ちょっとドリーム見てしまうイチ酔っ払い(^^v

最近、また新潟から遠ざかってますね。
帰省中は余所のお酒ばかりでしたが、帰京してからは群馬酒6種類飲んでます。
なんでだろ(^^;

投稿: トール | 2010年4月17日 (土) 20時34分

トールさん

>ドリーム

ホント売り方次第ですよね(苦笑)

>群馬酒6種

郷里を思い出しながら、じっくり味わってくださいな(笑)

投稿: 半可通 | 2010年4月17日 (土) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/34251792

この記事へのトラックバック一覧です: そこをまっつぐ 「味の笛」で「越の白鳥」:

« 「第2回 酒は未来を救う」のお知らせ | トップページ | 「酒ゴジラの、間違いだらけの酒常識」のお知らせ »