« 開運 純米吟醸山田穂にごり生 | トップページ | アイルビーバック 「久保田酒造」 »

2010年5月15日 (土)

10時の方向に煙突発見! 「清水酒造」

どうも、練馬の風小僧こと半可通です(湘爆風)

先週に引き続き、このクダリを使用するとは(笑)

また行く気満々♪なんて書いていましたが、2週続けてその辺に行ってきました。

半可通、嘘つかなーい♪(嘘で塗り固めて生きている)

さすがに今回は、ちゃんと地図を持参。

まぁ地図といっても、10年以上前に買った「首都圏抜け道地図」という車のドアポケットに入れておくような大きめの地図なので、少々重いし環八すら開通していないかなり情報が古い地図(笑)

首都圏がメインの地図ですので、宮ヶ瀬あたりも一応は載ってはいますが、かなりザックリとした地図。まぁ主要な交差点名や道路の何号線というのが載っているので、先週よりはだいぶマシ。

とりあえず今回は、先週入れなかった温泉とその辺を走るのがメインで、ちょっとお酒って感じのお出かけです。

 

んで、当日。

子供を幼稚園へママチャリで送ったりしたので、9時半頃に家を出る。

先週よりも気温が低めだったので、長袖Tシャツの上に半袖Tシャツを着て、その上にウインドブレーカー、下は先週と一緒という装い。

薄手のグローブをまだ買っていないし、先週よりも気温が低めとはいえ冬用グローブじゃ蒸れそうだと、またも素手で行くことに。これがのちの後悔に・・・。

行きは先週の帰り道と同じようなルートで向かう。東八から多摩ニュータウン通りを通って、京王多摩センターあたりで曲がり、野猿街道に入る。

後は先週の行きと同じルート。

東八に入る手前から手と首筋が冷えていたので、途中で見つけたディスカウント店で適当なグローブを物色・・・。

普通の手袋かバイク用のグローブ位はあるだろうと期待して入店したが、グローブと呼べる代物が全然なく、ゴム手や軍手くらい。その中でもドライビンググローブという字面はいいが、軍手に毛が生えた程度のがあったので、それを購入。

98円という値段なりの代物でしたが、軍手よりは目が細いし、柔らかいし、無いよりはマシなので、それを装着して津久井湖へ向けて再出発。

さすがに先週も来ているので、地図を見ずとも余裕で到着。

途中、津久井湖の観光センターみたいなところにも寄ってみる。

Dscn2735津久井湖の城山ダム

ここには地元の野菜や地粉のうどん、おやき、「相模灘」のお酒もありました。

ここでおやきを食べた後、さらに進む。

しばらく走り、先週とは違うルートで宮ヶ瀬湖まで行くつもりだったので、途中で曲がるところを確認するためにとある交差点手前でバイクを止める。

交差点名を確認するのに、信号を見上げる。

すると信号の視界の先の方に煙突が見える・・・。

温泉って感じでも、銭湯って感じでもない気がする・・・。

これまでの経験から、酒造のニオイがプンプンするぜェー!と、交差点を曲がり煙突の方向へバイクを走らせる。

すると、はい正解っ!酒造でした♪

Dscn2741

Dscn2742煙突

入り口の脇にある酒造の駐車場入り口にバイクを止め、戸が開け放たれていたので、そのまま建物に入る。

入り口の右手にお酒が並んでいて、左側に事務所。入り口の奥は、そこはもう釜場。

Dscn2743

Dscn2744

 

そうそう、蔵の中やお店の料理などの写真は、蔵やお店の人に撮影してもいいかちゃんと聞いていますからね。ただ外観の写真と、ブログに掲載する旨は言わないけど・・・。

だって「ブログ載せてもいいですか?」って聞くのって、「自分ブログやってます!」と宣言しているのと同じでしょ?

すると話の流れで、「ブログやられているんですか?ちなみになんていうブログ名ですか?」なんて聞かれたら、答える行為が失禁するほどの辱め(笑)

今まで数回「ブログとかやっているんですか?」と聞かれたことがありますが、卑屈な笑顔で「コジンマリとやっています・・・(途中からフェードアウト気味に)」と暗に「ブログ名は聞くなよ!」というやんわりとした恫喝は使いましたが(笑)

 

建物に入ると、事務所からおばあちゃんが出てきて、「お酒ですか?」と聞かれたので、「はい」言いながら、並んでいるお酒を眺める・・・。

そういえば、津久井湖の観光センターにも「巌乃泉」というお酒がありました。あそこは、ホント地元の物しか置いてなかったんだなぁ~。

それにしてもここのお酒、半可通の勉強不足で全然知らない銘柄だし、相手してくれたのが高齢のおばあちゃんなので、どれを買うか非常に悩む・・・。

そんな中に生もとの純吟がある。

へぇ~生もとなんて造っているんだ。でも安くないしなぁ~と、チラッと値段の安いお酒のラベルをちゃんと見てみると、山廃の文字が!

おっ本醸造の山廃!しかも4合で960円って!?これを買うしかないでしょ!

と、これをお買い上げ。

建物を出てバイクを止めたところで、地図でこの先で曲がる交差点名を確認していると、非常に不愉快な思いをする。

詳しくは書きませんが、結構イラッとさせられた!

そんな嫌な気分を引きずりつつ、バイクを走らせる。

しばらく走ると、この前通った道に出る。宮ヶ瀬行く前に元々の寄る予定だった、あそこへ向かう・・・。

つづく

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

|

« 開運 純米吟醸山田穂にごり生 | トップページ | アイルビーバック 「久保田酒造」 »

2010 蔵見学&蔵拝見」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

また騎西に行ったのかと思いますた。
生酒はありませんでしたか?

>野猿街道
白春酒造って、まだ醸造してるのかしらん?

投稿: トール | 2010年5月15日 (土) 13時44分

トールさん

>騎西

だと思いますよね(苦笑)
本当に小さい冷蔵庫は置いてありましたが、中に商品は入っていない感じでしたよ。

>白春酒造

初めて聞きました。
都のHPに載っていないし、造ってはいないんじゃないですかね?

投稿: 半可通 | 2010年5月15日 (土) 17時37分

>冷蔵庫
ここに到る紆余曲折など、想像を逞しくしてまいますた。
無名な蔵が頑張ってることを知ると、つい無責任に応援したくなります。
山廃が美味かったら、生もとのリピートお願いします(^^v

投稿: トール | 2010年5月15日 (土) 20時35分

トールさん

了解です!

投稿: 半可通 | 2010年5月16日 (日) 09時46分

由木の野猿街道近くの白春酒造は、30年くらい前に酒造りから撤退しています。
白春酒造の親会社は、現在は不動産関係の会社として存続してます。

投稿: | 2013年3月 1日 (金) 22時57分

名無しさん

情報ありがとうございます。

30年くらい前に撤退されていたら、さすがに聞いたことないわけだ。

投稿: 半可通 | 2013年3月 2日 (土) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/34688797

この記事へのトラックバック一覧です: 10時の方向に煙突発見! 「清水酒造」:

« 開運 純米吟醸山田穂にごり生 | トップページ | アイルビーバック 「久保田酒造」 »