« 「日本酒フェア2010」に参加してきた 前半 | トップページ | 今年はラベルで 「美酒の設計」  »

2010年6月20日 (日)

「日本酒フェア2010」に参加してきた 後半

続きから。

お次は岐阜県へ。

Dscn2935

Dscn2936

Dscn2937

「御代桜 純大」

「房島屋 純大」

「初緑 純米」

「小左衛門 特純美山錦」

「三千盛」

「鯨波」

「醴泉 純大」

おつまみ用に岐阜で有名なハムも置いてあって、それもいただいたのですが、ホント美味しかった。

「御代桜」の方が「ホントはもっと味がのってから出荷したいのですが、父の日など贈答品で注文がくるので、あまり格好も付けていられないので出荷しています」と仰っていました。確かに秋口になったらメチャ美味な感じの味が想像できる、出来の良い純大でした。

「房島屋」も美味いが、これもやっぱり秋口に飲みたい美味しさ。

「醴泉」は初めて飲みましたが、とてもやわらかな口当たりと甘みで美味いですね。

ここで所さんがいたので、ちょっと話をさせてもらう。

「兎心は昨年、一昨年と比べて華やかさがなくなって、純吟オリガラと同じような感じのお酒になった気がするのですけど」と聞くと「するどいですね。今年のは意識してそういう方向で造りました」とのこと。

ここで所さんの夏向けのお酒のこだわりなどを聞く。そのついでに、もうすぐ出る7号酵母の辛口酒も出るという話も聞く。

話を聞いていて、その辛口酒も飲んでみたい♪話を聞いている限りでは、こちらの方がより夏向きって印象ですね。

それだったらトロピカルな「兎心」と、スッキリキレキレ「7号辛口酒」という夏向け2本立てでも面白いような・・・。

 

岐阜県は濃いめから淡麗まで幅広く、県の酵母もあることはあるけど・・・みたいな感じで統一感はない県みたいですね。だから逆に岐阜のイベントは面白いかも。

岐阜でも元気のある蔵が参加するみたいですので、このイベントは行ってみたいなぁ。

お次は富山県へ。

Dscn2940

「若鶴 特純 雄山錦」

「若鶴 純大 雄山錦」

「若鶴 純吟 富の香」

「曙 特純」

全然知らないお酒でしたが、やわらかな甘みと旨みで美味い。

「曙 大吟or純大」

これは普通(苦笑)

Dscn2938

Dscn2939

「富の香」は「とみのかおり」と読む。ずっと「とみのこう」かと思っていた(笑)味的にはスッキリ系。

お次は福井県へ。

Dscn2941

「早瀬浦 特本」

「白岳仙 五百万石」

よく見たら「早瀬浦」のお酒は精米歩合55%。シャープなんだけど、米の旨みはしっかり。アル添酒も、やっぱり美味いわ。

お次は兵庫県へ。

Dscn2944

Dscn2942

Dscn2943

飲んでみたかった某播州酒は持ってきていないみたいで、ガックリ・・・。

「七ッ梅」

「都美人」

「仙介」

お次は和歌山県へ。

Dscn2945

「喜楽里 純米」

重たさなく、スッキリ。

「雑賀 純吟」

Dscn2946

お次は奈良県へ。

Dscn2948

「篠峯 純大 愛山」

愛山らしいツルッとした甘みと上品さがとてもいい感じ。

「百楽門 純大?雄町」

ブースの人が、「面白いお酒だよ」ということでいただいた「つげのひむろ」

Dscn2947

写真撮らせてと言ったら、撮りやすいように、ここへ置いてくれた(笑)

菩提もと仕込みでも、これは飲みやすく美味しい。

お次は滋賀県へ。

Dscn2949なぜか連邦軍の衣装(笑)

Dscn2951

「大治郎」

濃いめで美味い。

「笑四季」

「萩乃露 里山」

「道灌」

「一博」

「七本槍 渡舟77%」

冷やで飲みたい食中酒。

そして日本酒がズラ~と並んでいる端っこにポツンと置いてあったお酒があり、「これもいただけますか?」と聞いたら、「いいですよ。あっ!これホントは自分たちの試飲用です(苦笑)」と注いでもらった後、ブースの下に隠されてしまったお酒です。

Dscn2950

「大治郎 山廃純米生 よび酒」

トロリとした酸と甘みがジュワジュワ♪メチャ美味っ!

飲めた半可通はラッキー(笑)

お次は岡山県へ。

Dscn2953_2

岡山は雄町押しでしたね。

「そら蒼々 純吟生」

「備前蒼海 純米」

「青螺姫(せいらひめ) 山廃純吟」

「御前酒」

「喜平」

Dscn2954

この辺りでメモの字も汚く、しかも簡素で、自分でも解読が難しくなっている(笑)

お次は広島県へ。

Dscn2955

「旭鳳」

「富久長 純大八反草50」

「天寶一 純大中汲み40」

「神雷」

「美和桜 大吟」

「瑞冠 純大山廃50」

お次は山口県へ。

Dscn2956

「長陽福娘 西都の雫」

「東洋美人333」

お次は鳥取県へ。

Dscn2957

「冨玲 特純山田」

「日置桜 鍛造生もと山田」

「山陰東郷 特純玉栄」

「辨天娘 純米玉栄」

「千代むすび 純吟強力」

「いなたひめ 純吟強力」

「笑 純米玉栄」

「諏訪泉 純吟満点星」

今年もお燗器持参でしたが、会の後半に飲むと美味いと思うのが偏るなぁ。

お次は島根県へ。

Dscn2959

「出雲富士」

「十旭日」

お次は徳島県へ。

Dscn2960

この時たまたまだけど、試飲者のデブ率高し(お前もな)

「三芳菊 阿波山田」など「三芳菊」を色々。

Dscn2961

「零 おりがらみ」が「壱 生」系統の味わい+オリでとても好み。これ家で飲みたいなぁ~。これなら1升でもグイグイだなぁ~。入荷しないかなぁ~(ドコにだよ)

お次は高知県へ。

写真撮り忘れ。

「土佐しらぎく」

「酔鯨 雄町」

お次は愛媛県へ。

Dscn2962

「賀儀屋」

お次は佐賀県へ。

Dscn2963

「鍋島 純吟」

「万齢」

「窓乃梅」

お次は福岡県へ。

「山の壽」

「美田」

お次は三重県へ。

Dscn2965

メモ読めねぇ(笑)

飲んだことあるお酒を外して飲んだのは覚えているのですが、書きなぐったメモが読めん。

お次は石川県へ。

Dscn2966

「遊穂」の藤田社長さんとお話させていただきましたが、自分でもちゃんと喋れていないのは分かっていて、酔っぱらいの絡み的な感じなり、ご迷惑をお掛けしました・・・。

新しい商品と以前飲んだ「遊穂」のことなどを聞く。

もうこれ以上いても味も分からないので、この辺で終了!

 

参加者は、早い時間に行ったからか、小売店さんや料飲店さんが多く、後はマスコミ関係とマニアにお酒を買いに来ている人が少しって感じでした。

A4のバインダーを持って蔵の人に色々聞きながら、メチャメチャ書き込んでいるマニアも2人ほど見たし、あーいう人に比べたら半可通なんてまだまだライト層だと安心できますね(苦笑)

まぁブログとかやっているなら、ホントはあーやって聞いた話を正確に書き込んでいなければいけないのだろうけど、そこまでのパッションはありません・・・。

飲んでみたいなぁという銘柄を期待してそこのブースへ行っても並んでいないお酒も多いし、それに都道府県単位で参加する関係で各蔵1本とかしか飲めず、4年も続けて参加すると、新規開拓も思ったほどできませんでした。前半はいいけど、後半は守りにも入るし(苦笑)胃のオールコートディフェンス。

まぁ毎年徳島県は、「三芳菊」のブースっぽくなっているけど(笑)

ですので来年は、休みを取ってまで参加しなくてもいいかなぁ~という感じです。1,000円で色々飲めるのは魅力的ですがね。

 

まぁ、とにかくたっぷり飲ませていただきました。ご馳走様でした!

おまけ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

|

« 「日本酒フェア2010」に参加してきた 前半 | トップページ | 今年はラベルで 「美酒の設計」  »

2010 参加したイベント」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

>岐阜
魅力的な蔵がずらりっスね~。
イベントの日程が合わないのが無念っス。

>兵庫
お探しは竹泉っスか?
仙介飲みたいっス~。

>喜楽里
純米は瓶燗火入れが丁寧で、とてもいい熟成をしてるっスよ。
170周年大吟は、何だか予測出来ない変化の最中っス~♪

>大治郎
俺とお前と~っス♪

投稿: トール | 2010年6月20日 (日) 11時57分

トールさん

>兵庫

お探しは播州一献です。
仙介も良かったですよ。個性はあまり感じられませんが、やわらかな甘みと米の美味さがありました。

>170周年大吟

これ高垣酒造だったんですか(苦笑)
どんな変化中なんだろ…。

>冨玲

美味しかったです。
練馬区に取り扱い店があるみたいなので、そのうち行ってみるつもりです。

投稿: 半可通 | 2010年6月20日 (日) 16時21分

あ~結局色々あり行けませんでした…このレポを読むと本当に沢山の日本酒が飲めたんですね!行きたかった…。


今宵はやっと『鳳凰美田 芳』を開栓しました(美味い!!)、この勢いで他の酒も開けないと冷蔵庫パンパン病再発です。

既に夏酒を買うのは諦めモードです。

投稿: ボリショイ荒川 | 2010年6月20日 (日) 23時20分

半可通様

このたびは、日本酒フェアー2010へご参加いただきありがとうございます。
岡山県の十八盛酒造と申します。
突然のコメント申し訳ありません。

青螺姫、備前蒼海などを仕込んでいる蔵です。
わたくしも当日はブースで岡山県のお酒の紹介などをさせていただいておりました。

また来年もお越しいただけたらと思います。
ありがとうございました。

投稿: 十八盛酒造 | 2010年6月21日 (月) 08時52分

ボリショイ荒川さん

それは残念!来年こそは行けるといいですね。

>冷蔵庫パンパン病

生酒で冷蔵庫パンパンは危険なので、ほどほどに…。

投稿: 半可通 | 2010年6月21日 (月) 09時47分

十八盛酒造さん

コメントありがとうございます&お疲れ様でした。

ラベルが格好良いですよね。ラベルにつられて、いただいちゃいました。

ご馳走様でした!

投稿: 半可通 | 2010年6月21日 (月) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/35336577

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本酒フェア2010」に参加してきた 後半:

« 「日本酒フェア2010」に参加してきた 前半 | トップページ | 今年はラベルで 「美酒の設計」  »