« 「旨飲会 2010」に参加してきた。 | トップページ | 三芳菊 壱 生 »

2010年7月19日 (月)

晴瑠野(ハレルヤ) 雄町 山廃仕込み 槽場直詰め中取り無濾過生原酒

これのイベント参加者に送られてきたお酒。

「晴瑠野(ハレルヤ) 雄町 山廃仕込み 槽場直詰め中取り無濾過生原酒」

泉橋酒造

Dscn2720

Dscn2721

使用米:自社田産雄町

精米歩合:(麹)50%(掛)65%

日本酒度:+5

酸度:1.7

酒精分:18度以上19度未満

上槽日:平成22年2月27日

製造年月日:22年2月

値段:4合?

感想

Dscn2728

開栓初日(5/12)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~と軽い爽快な香りと薄らメロンの香り。口に含むと、スッ!とシャープな酸とスッと軽く爽快な甘みに地味にグッ!とくる上品ながらも力強い旨味とヒリッとしたコクが爽快感と共にスッとふくらみ、その後、フワ~と上品なふくらみをス~と上品な酸とキッとしたコクでフ~とフェードアウトしていき、キッとした辛さでキレ。余韻は、心地よい爽快な含み香と辛さの爽快感。

直詰めでもこの時期に絞ったお酒を今頃開けたからか、味はのっている♪

山廃無濾過生原酒でも重さはなく、中取りらしい上品なふくらみと含み香がある。でも、山廃って感じのコクはしっかり。

冷えていても美味しく、山田さんよりも好み。

お燗でいただく。

フッとやわらかな甘みとスッ!とした酸にグッとした旨みとヒリ~としたコクの爽快感でふくらみ、その後、フワ~と軽やかで上品な甘みのふくらみをスィ~とした酸とキリ~としたドライなコクでス~とフェードアウトしていき、キッとした辛さでキレ。余韻は、フ~とした酸と旨み。

生酒特有の上立ち香は苦手ですが、味的にはやっぱりお燗の方が美味い♪

6/2

冷やしていただく。

スッス~と程よい太さで縦に広がる酸とスッキリした甘みにグ~ンと弾力感と伸びのある旨みとキリ~とドライなコクがフッとふくらみ、その後、スィ~とした酸とキリ~としたドライなコクでフェードアウトしていき、キッとしたドライなコクと辛さでキレ。余韻は、辛さのジンジン感。

ピチピチ感がなくなり、旨みとコクが出た。

お燗でいただく。

フワッとした甘みとフッ!とした酸にグーーンとした伸びのある旨みと程良くキリッとしたコクがフッとふくらみ、その後、スィ~とし酸とスキ~とした爽快&ややドライなコクで引けていき、キッとしたややドライなコクと辛さでキレ。

 

シャープな酸とドライ感に、雄町らしいボリュームのあるお酒。

程よい甘みとシャープな酸に、程よいボリュームのある旨みと程よいドライ感を味わえる冷や(常温)が一番好きな温度帯でした。

冷やくらいがバランスよく、しかも中取りらしい上品さも楽しめる気がします。

度数も高いからだと思うけど、温燗だとガッ!としたキレが強すぎて、むせる(苦笑)

雄町らしいボリュームを取るか、「いづみ橋」らしいキレキレを取るかで好きな温度帯は変るお酒ですね。

とにかく贅沢で美味しいお酒ですが、この度数は結構きます(苦笑) 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 「旨飲会 2010」に参加してきた。 | トップページ | 三芳菊 壱 生 »

2010 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

神奈川県のお酒」カテゴリの記事

コメント

同じ雄町でも、毎年違いますね。
ひやおろし楽しみ(^^v

投稿: トール | 2010年7月19日 (月) 10時05分

トールさん

最近知ったのですが、夏ヤゴ雄町もこれと同じ度数なんですね。
ロック推奨なのかな?

投稿: 半可通 | 2010年7月19日 (月) 19時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/34688455

この記事へのトラックバック一覧です: 晴瑠野(ハレルヤ) 雄町 山廃仕込み 槽場直詰め中取り無濾過生原酒:

« 「旨飲会 2010」に参加してきた。 | トップページ | 三芳菊 壱 生 »