« 「地酒祭り秋の陣 地酒大show2010秋」のお知らせ | トップページ | 「第二回やまぐち地酒維新」のお知らせ »

2010年8月 3日 (火)

小左衛門 三年熟成 精米歩合80%

大泉インター近くの酒屋さんで購入したお酒。

フラッと覗いてみたら、いくつか魅力的なお酒が・・・。でもなんでか銘柄をシリーズで置いていないので、それの生が飲みたいのに・・・とか、それの雄町はないの?的な単発具合。でも「○○ないですか?」と聞けるほどの対人スキルのない半可通は、店員さんに何も語らず・・・。

店内をフラフラしながら、そういやお燗向きのお酒がなかったなと、低精米なこれをセレクト。

会計時にレジのおばちゃんが「これは一応熟成酒なので・・・」と説明してくれる。「あぁ、大丈夫です」と答えると「熟成酒お好きなんですか?」と聞いてくるので、「はいっ!」と即答出来るような熟成酒好きではないので、「飲みますけど、新酒も好きですよ(苦笑)」と一応ロリぶりもアピールしておきました。

ロリだって 古酒飲んでもいいじゃない 自虐ブロガーだもの ロリを

「小左衛門 三年熟成 精米歩合80%」

中島醸造

Dscn2683

精米歩合:80%

アルコール度数:15.5度

製造年月日:09年2月

値段:1升2,350円(税込)

感想

Dscn2714 

開栓初日(5/6)

常温でいただく。

上立ち香は、スッと軽い酸と軽快な旨味を感じる熟成香。口に含むと、やわらかい口当たりに溶けこむ練れた旨みとスキッとした酸に、スッキリした甘みと練れたコクがグッフッと広がり、その後、スキ~とした酸とコクでス~と引けていき、スキッとキレ。余韻は、薄らとした苦みとコクに練れた含み香。

練れた旨味と香りはあっても凝縮されたような古酒感はなく、軽快で飲みやすい。甘さも控えめ。

お燗でいただく。

ジュッとした爽快な甘みとスッ!とした酸にグ~スキ~とした旨みとコクの爽快感でスッとふくらみ、その後、スィ~とした酸とス~とした爽快なコクで引けていき、スッとキレ。余韻は、ス~とした爽快感と薄らとした酸。

お燗にすると、最初から最後まで酸が引っ張っていくが、全体のバランスが良い古酒系食中酒ですね。

6/12

常温でいただく。

やわらかい口当たりに溶けこむスッ!と白ワインのような酸とジュッとした甘みに程よい旨みとヒッとしたコク辛さが広がり、その後、ス~キ~とした酸とコクで引けていき、カッとした辛さでキレ。余韻は、心地よい爽快感と軽い苦コク。

初日よりも、白ワインのような酸と甘みを感じる。

お燗でいただく。

スッ!とした酸とスッキリした甘みにキリッとした旨みとコクがフッと広がり、その後、ス~とした酸と軽い苦コクで引けていき、キッとした辛さでキレ。余韻は、軽い酸と苦コクの爽快感。

 

酸がグイグイ引っ張っていき、適度に古酒っぽい味わいのある食中酒。

酸はしっかりだけれど太くなく、古酒らしい練れ具合と軽快さがあって、古酒が苦手でも飲みやすいお酒ですね。冷や(常温)よりもお燗向きだと思いますが、お燗だとより酸が主張します。

肉くれぇ~という感じの食中酒。オイリーな肉系中華料理と飲みたい感じ。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 「地酒祭り秋の陣 地酒大show2010秋」のお知らせ | トップページ | 「第二回やまぐち地酒維新」のお知らせ »

2010 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

岐阜県のお酒」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

蔵出し後含め、四年熟成ですね(^^v

帰省して、開けておいた秋とんぼ雄町や、鯉川の四年熟成を飲んでます。
超練れ練れ(^^v

投稿: トール | 2010年8月 3日 (火) 10時32分

トールさん

実家熟成って素敵やん♪

次は吟醸系熟成(常温放置)でお願いします(ラボ代わり)

投稿: 半可通 | 2010年8月 4日 (水) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/34519659

この記事へのトラックバック一覧です: 小左衛門 三年熟成 精米歩合80%:

« 「地酒祭り秋の陣 地酒大show2010秋」のお知らせ | トップページ | 「第二回やまぐち地酒維新」のお知らせ »