« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

天の戸 美稲80 無濾過純米生原酒

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

「天の戸 美稲80 無濾過純米生原酒」

浅舞酒造

Dscn3064

精米歩合:80%

アルコール度数:17.5度

製造年月日:2010年2月

値段:1升2,100円(税込)

感想

Dscn3069

開栓初日(7/1)

冷やしていただく。

上立ち香は、フワッと軽い吟醸香。口に含むと、フッとした口当たりにジュッとした程よい甘みと酸に程よい飲みごたえのある旨みとコクが一体となってジュワ~と広がり、その後、グ~とした旨みを残しつつス~とした酸とス~とした心地よい苦みで引けていき、キッとした苦辛さでキレ。余韻は、微かな苦み。

味ノリノリでジュワジュワ♪

低精米のしっかりとした旨味はあるのに、太すぎないので、ちょうど良いボリューム。

フッとキレていく苦みも、チャイルド舌半可通でも全然OKな心地良さ。お米の質の良さかな?

7/12

冷やしていただく。

瑞々しい口当たりに溶けこむスッと瑞々しい酸と瑞々しい甘みに、グッとした飲みごたえのある程よい太さの旨みとク~としたコクが広がり、その後、スィ~とした瑞々しい酸とクィ~としたコクで引けていき、キッとした苦辛さでキレ。余韻は、フワ~とした辛さの爽快感。

初日よりも酸を感じる。

 

端整だが低精米らしい旨味とスッキリした酸がマッチしたお酒。

常温くらいで飲むのが、グッとした旨みと酸にスッキリした甘みがとても良いバランス。お燗にしてもふっくらした旨味でオススメ。

程よい甘みもあって、どんな肴にも合いそうな晩酌系無濾過生原酒って感じ。なので、晩酌系飲みの半可通にはピッタリで減りも早い。俺の天戸が封鎖できません!(意味分からん)

低精米の無濾過生原酒なのに、旨味しっかりでも雑味も重くもなく、あくまでもしっかりとした飲みごたえ。

発売直後よりも、このくらいの時期の方が低精米らしい旨味が味わえていいかも。

ただこれが火入れとなると、いかにもお燗向きといったガッチリした低精米らしい旨味感のあるお酒になるのが面白い。生とタイプが違うので、結構面食らう(苦笑)

瑞々しいのが好きな半可通は、つい生の方に手を出してしまいます。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

嘉泉 白麹使用純米酒

蔵へ行ったときに購入したお酒。

「嘉泉 白麹使用純米酒」

田村酒造場

Dscn2899

Dscn2900

Dscn2901

精米歩合:80%

日本酒度:+1

酸度:2.3

アルコール度数:15度以上16度未満

製造年月日:2010年5月

値段:4合1,050円(税込)

感想

Dscn3062

開栓初日(6/26)

常温でいただく。

上立ち香は、モハァ~とした酸と軽い熟成感ある香り。口に含むと、スッスッ~とした独特な酸と軽くジュッとした甘みに、ギュッとした旨みとジリ~としたコクが不思議な風味&含み香と共に広がり、その後、フ~とした酸にスキ~とした苦コクで引けていき、キッとした苦辛さでキレ。余韻は、苦みと爽快感に薄らとした酸と独特の含み香。

味ノリしていて、丁度良い飲み頃感。

開けたては、んっ?飲みづらいかも・・・と思ったが、少し時間が経つとしっかりとした酸を感じても普通に飲める。

ただ、含み香は独特。

お燗でいただく。

ホワッ!としたやわらかでしっかりした酸とスッと爽快な甘みにクッとした旨みとコクが広がり、その後、フワ~とした甘みがふくらみつつス~と爽快な酸とクッとした爽快感で引けていき、フッとキレ。余韻は、軽い甘みとフワ~ンとした酸。

お燗だと甘みが残る感じ。熱目のお燗だとキレキレで、味わうには40度以下くらいがいいけど、そのくらいの温度だと少々甘みと雑味的な物が残る。この雑味感は、アミノ酸的な物なのかな?

これは好みの温度帯は様々かも。

7/11

お燗でいただく。

スッスー!とした爽快でしっかりした酸とスッキリした甘みにグ~と程よい旨みとキューとしたアミノ酸的なコクが広がり、その後、スー!とした酸とキュ~とした苦コクで引けていき、苦辛さでキレ。

初日よりもふっくらしてメリハリを感じる。

 

しっかりだがやわらかな酸とアミノ酸的な旨味のあるお酒。

甘みもやわらかで、ホントお燗向き。40度以上のお燗にするとふっくらして、いい感じ。冷やだと良さは出ませんね。

酸の感じは、酸酒が好きなら余裕の範囲。

これはこれでいいけど、呑みきりの時に飲んだ程の感動はなかったので、これの生原酒とかを飲んでみたいかなぁ。面白い味だったし、好きな人ははまると思うんだけど。

 

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

「平成22年 東京秋の吟醸酒を味わう会」のお知らせ

「平成22年 東京秋の吟醸酒を味わう会」のお知らせです。

今年は行けないなぁ。それにしても年々参加蔵が減って・・・。

日時:2010年10月19日(火) 第1部15:00~17:00(受付開始14:30~)/第2部18:00~20:00(受付開始17:30~)

会場:ホテルメトロポリタンエドモント2階

地図:http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%88&sll=35.70084,139.74909&sspn=0.032272,0.03871&brcurrent=3,0x60188c0c0b13f54d:0xb630953beee48188,0&ie=UTF8&hq=%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%88&hnear=%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%88&ll=35.709862,139.745665&spn=0.030526,0.03871&z=14&iwloc=A

会費:第1部〈当日〉4,000円〈前売〉,500円/第2部〈当日〉5,000円〈前売〉5,000円(酒肴付き)

申し込み方法や詳しくはこちら

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

遊穂 山おろし純米無ろ過生原酒

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

嫌いな訳がないじゃない♪(何のアピールだよ)

「遊穂 山おろし純米無ろ過生原酒」

御祖酒造

Dscn3054

Dscn3056

使用米:(麹)五百万石(掛)能登ひかり

精米歩合:(麹)60%(掛)55%

日本酒度:+5

酸度:2.3

アルコール度数:18.5度

杜氏:横道俊昭(能登杜氏)

製造年月日:22年4月

値段:4合1,400円(税込)

感想

Dscn3061

開栓初日(6/24)

冷やしていただく。

上立ち香は、フッと軽い甘みと山おろしって感じの酸を感じる香り。口に含むと、シュッとした薄ら発泡感ある口当たりで、シャープな酸とスッキリした甘みに伸びのある程よい太さの旨みとジリッとした苦コクがスッと広がり、その後、スィ~とした酸にス~としたコク&爽快感で引けていき、キッとした苦辛さでキレ。余韻は、苦辛さの爽快感と薄らとした酸。

心地よい若さとシャープな酸があり、旨味しっかりでもスイスイ飲んでしまう。

複雑な味わいというか五味が混ざり合って、ホント、チーズとか豚肉に合う感じ。チーズ入りハンバーグに超合う♪(わざわざ作ってみた)

「びっくりドンキー」や「ビッグボーイ」に置いて欲しい日本酒。

6/30

冷やしていただく。

スッスーとした柑橘系のような爽快な酸とフッとやわらかな甘みに、グ~ンと伸びのある旨みがジリッとした苦コクと共にジワ~と広がり、その後、スゥ~としっかりだが太すぎない柑橘系っぽい酸とジリッとした苦コクで引けていき、クッとした苦辛さでキレ。余韻は、ほんのりした苦みと爽快感。

初日よりも溌剌とした角が取れ、旨みふっくら。

美味い。

 

柑橘系のような酸と山おろしらしい旨味はあるが、構えることなく飲める山おろし無ろ過生原酒。

えーこれ生もとなの!?という全然生もとっぽくない今時系?でも、ドッシリとした乳酸ありまっしゃろ!という、いかにも生もとでもない味わい。

生もとらしい旨味がしっかりありつつ、香りも甘みも程良くあり、酸も柑橘系の酸で、飲みごたえしっかりでも杯がすすむお酒ですね。ちょい冷えくらいが特に好みでした。

旨味がふくらんだ後の「遊穂」らしいミネラル感あるキレの流れは、思わずニンマリしてしまいます♪ミネラルって響き、ステキやん。

まぁとはいっても、ここまでガツンとした飲みごたえは、外見オイリーでも中身カサカサに枯れた半可通には少々持てあますので、これの加水バージョンを飲んでみたいところ。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

「スローフードジャパン 燗酒コンテスト2010金賞酒を味わう会」のお知らせ

「スローフードジャパン 燗酒コンテスト2010金賞酒を味わう会」のお知らせです。

日時:2010年9月22日(水) 17:30~19:30(受付開始17:00)

会場:浜離宮朝日ホール

地図:http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E5%8C%BA%E7%AF%89%E5%9C%B05-3-2&ie=UTF8&hq=&hnear=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E5%8C%BA%E7%AF%89%E5%9C%B0%EF%BC%95%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%93%E2%88%92%EF%BC%92&z=16&brcurrent=3,0x60188bd94255f3c7:0x62c219fbd7d4fa85,0

会費:3,000円

定員:300名

申し込み方法や詳しくはこちら

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

房島屋 兎心 純米吟醸五百万石生酒

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

「房島屋 兎心 純米吟醸五百万石生酒」

所酒造

Dscn2969

Dscn2970

Dscn2972

使用米:五百万石

精米歩合:50%

日本酒度:+3

酸度:1.8

アルコール度数:16度以上17度未満

製造年月日:22年6月

値段:1升3,465円(税込)

感想

Dscn2973

開栓初日(6/17)

冷やしていただく。

上立ち香は、スッとスッキリ爽快な甘い香り。口に含むと、やわらかい口当たりでやわらかな弾力感ある旨みと軽くフッと艶っぽい甘みに、スッと心地よい酸が軽い渋みと共にスッとふくらみ、その後、フ~とした軽い甘旨みをス~と爽快な酸と渋みでフェードアウトしていき、キッとした心地よい渋みと爽快感でキレ。余韻は、軽いペリエ感。

しつこくないフッとした甘い香りと艶っぽいのにスッキリした甘みの主張を、心地よい渋みの爽快感がキレとなり、スイスイ飲んでしまう♪

昨年よりも華やかさが控えめになり、より夏向けになった印象。オリの量も控えめで喉越しもスッキリ。個体差があるのかもしれませんが、個人的にはこの位の量が舌に残らず好み。

6/29

冷やしていただく。

やわらかい口当たりでやわらかでフッとした甘みとフワッとしつつポワポワと弾力感のある程よい旨みに、スッと心地よい酸がスィ~と薄らな渋みと共にフッと上品にふくらみ、その後、スキ~とした酸とスィ~とした薄らとした渋みでフェードアウトしていき、スッとした爽快な辛さでキレ。

初日よりもふっくらした旨みが出て、その旨みと酸で、より甘みのある柑橘系っぽい味わいになった。

美味い♪

 

軽やかな甘い香りと「房島屋」らしい酸がマッチした、上品な旨味のあるオリガラ酒。

開けたては香りと甘みと酸が目立つが、日が経つにつれ程よい弾力感ある旨みが出てきて、それが心地よい渋みと相まって、バランスがよくなった印象。

暑くなると、より美味い感じ。

これを飲むと、池袋のイベント時に杜氏さんから話を聞いた「普段は一番絞りだけど、夏はプレミアムモルツ」という話とリンク。方向性は確かにそういう感じかもと、一人納得。

今期の「兎心」と「純吟オリガラ」を試飲させてもらったときは、今期のこの2種は似てんなぁ~と思っていましたが、ちゃんと飲むと「兎心」は「兎心」だ。やっぱり違います。

昨年の「兎心」だと半可通的には少々華やかで、「夏は純吟オリガラだ!」なんて思っていましたが、今年の感じで来季も発売されるなら、またこれを買ってしまうぞ。

それにしても、6号系、7号、9号系、「兎心」のやや派手系、山田さんしっかり系、熟成のお燗系など年々幅広くなってきてますが、やっぱり一番好きなのは、9号純米酒生ですね。

それがあっての6号だったり、7号だったり、「兎心」でしょ!ということで、来季は「責め」ではない普通の9号純米を多めに仕入れてください(笑)それか、あらばしりとか・・・。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

相模灘 純米吟醸 雄町 無濾過瓶囲い 20BY

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

この時に飲んで気に入ったが、まだ若い感じがあったので、そのまま酒屋さんの隅の棚で取り置き熟成。

金は使わないが常連ヅラしている半可通の厚顔ぶりを発揮していましたが、そろそろ出禁になる限界かな?と空気をよんで持ち帰りました。

さすがの危機管理!否、ただの風見鶏(笑)

「相模灘 純米吟醸 雄町 無濾過瓶囲い 20BY」

久保田酒造

Dscn2772

使用米:備前雄町

精米歩合:50%

アルコール度数:17度

製造年月日:21年6月

値段:1升3,400円(税込)

感想

Dscn2869

開栓初日(5/21)

常温でいただく。

上立ち香は、フッと完熟バナナのような甘い香り。口に含むと、瑞々しい口当たりでジュッとした甘みとスッとした酸に、程よい厚みと伸びのある旨みとクッとしたコクがフワッとふくらみ、その後、フワッとした甘旨みのふくらみをフッとした酸にクッとしたコクと薄らとした苦みでス~と引けていき、キッとした辛さでキレ。余韻は、フワ~と爽快なバナナ香と薄らとしたコク。

程良く練れた甘みにバランスの取れた米の旨味がグー!今くらいが飲み頃な感じ。

6/27

常温でいただく。

瑞々しい口当たりでスッと爽快な酸とフワッと瑞々しい甘みに、ク~と程よい厚み&伸びのある旨みがキリッとしたコクと共にフッとふくらみ、その後、フ~とした甘みをス~と爽快な酸とヒリ~としたコクでフェードアウトしていき、フッとした辛さでキレ。余韻は、心地よい爽快感とほんのりした甘み。

初日よりもふっくら。雄町らしいもしっかり。

美味い!

 

心地よい酸と甘みに伸びのある米の旨味が味わえるお酒。

この透明感がありながらも嫌味でない米の旨味感とスッキリした酸は、ホント好み♪

しかしこの時期でも崩れることない造りは、若いのにやるねぇ~(ニヤッ)という感じ。

これの21BYも同じ頃に飲む機会があったのですが、この時期でも味ノリはしていたので、今すぐ飲んでもいい感じ。まぁでも秋くらいに飲むのがオススメ。

冷やしてもやや冷えくらい(冬場の常温)が好みの温度帯。というか、お燗は試していないけど(苦笑)

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

水尾 特別純米酒金紋錦 生

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

「水尾 特別純米酒金紋錦 生」

田中酒造店

Dscn2907

Dscn2908

使用米:金紋錦

精米歩合:59%

アルコール度数:15度以上16度未満

製造年月日:22年1月

値段:1升2,800円(税込)

感想

Dscn2909

開栓初日(6/10)

冷やしていただく。

上立ち香は、スワ~とスッキリしたサイダーの様な香り。口に含むと、やわらかい口当たりに溶けこむフワッとやわらかい甘み&スッと爽やかな酸に、ジュッと程よい旨みとク~と奥深いコクがス~と広がり、スワ~と軽快な酸にクワ~と軽快なコクと渋みでフ~と引けていき、フッとしたコクと渋みでキレ。余韻は、軽い渋み。

ふんわり軽やかな味わいとキリッとしたコクとキレ。

酸はあまり主張せず、いい感じで溶けこんでいます。そしてこのコクは食を誘うので、何かを食べて飲むと、しっくりくる♪

美味い。

6/20

冷やしていただく。

やわらかい口当たりに溶けこむジュッとスッキリした甘みとスッとした酸にク~とした旨みとジリ~としたコクが広がり、その後、フ~とした爽快な甘みのふくらみをス~とした爽快な酸とク~としたややドライなコク辛さでフッと引けていき、キッとしたコク辛さでキレ。余韻は、フワ~ンとスッキリした甘みとクワ~としたコク辛さの爽快感。

初日よりもふっくらしたが、キレ感は上がった。

 

瑞々しい甘みと軽やかなふくらみに、奥深いコクのあるキレ酒。

開けて3日目位から生酒の張りも少なくなり、薄らと生酒の熟した香りも出ました。これは春先に飲むべきお酒ですね。

味的には上品で軽やかなふくらみがあって、精米歩合以上の上品さ。酸もスッキリ軽やかですが、甘旨みは丁度良く、キレ感はしっかり。なので、秋に発売されるひやおろしの度数だとキレ感は半可通には強そうなイメージ。

さすが日本酒千里眼を持つ半可通!(ニヤッ)

生も美味いですが、レギュラー火入れを飲んでしまうと、半可通的にはやはりレギュラー火入れだなぁという感じです。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

「日本酒天国2010 東京大試飲会」のお知らせ

「日本酒天国2010 東京大試飲会」のお知らせです。

日時:2010年10月29日(金) 第1部15:00~17:00/第2部18:30~20:30

会場:京王プラザホテル 5Fコンコードボールルーム

地図:http://maps.google.co.jp/maps?q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%96%B0%E5%AE%BF%E5%8C%BA%E8%A5%BF%E6%96%B0%E5%AE%BF2-2-1&hl=ja&lr=lang_ja&num=100&ie=UTF8&hq=&hnear=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%96%B0%E5%AE%BF%E5%8C%BA%E8%A5%BF%E6%96%B0%E5%AE%BF%EF%BC%92%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%92%E2%88%92%EF%BC%91&gl=jp&ei=635TTIayO4OuvgO63K0Z&ved=0CCsQ8gEwAA&ll=35.691618,139.692943&spn=0.008557,0.009634&z=16&brcurrent=3,0x60188cd4ca00eef1:0x88a16ce9397e1993,0

会費:4,000円

定員:1部、2部とも1,000名

申し込み方法や詳しくはこちら

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

「千葉の酒フェスタ2010」のお知らせ

「千葉の酒フェスタ2010」のお知らせです。

日時:2010年10月8日(金) 17:30~20:30

会場:東京ベイ幕張ホール

地図:http://maps.google.co.jp/maps?q=%E5%8D%83%E8%91%89%E5%B8%82%E7%BE%8E%E6%B5%9C%E5%8C%BA%E3%81%B2%E3%81%B3%E9%87%8E2-3&hl=ja&lr=lang_ja&num=100&ie=UTF8&hq=&hnear=%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C%E5%8D%83%E8%91%89%E5%B8%82%E7%BE%8E%E6%B5%9C%E5%8C%BA%E3%81%B2%E3%81%B3%E9%87%8E%EF%BC%92%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%93&gl=jp&ei=n9pYTODqOoHQcZXO_NAI&ved=0CCsQ8gEwAA&z=16&brcurrent=3,0x602281f5b1b70063:0x53d4817bdf08c45e,0

会費:1,000円

定員:700名

申し込み方法や詳しくはこちら

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

「第13回 静岡県地酒まつりin Tokyo」のお知らせ

何をブログで案内したか忘れ気味で、案内が遅くなりました・・・。

「第13回 静岡県地酒まつりin Tokyo」のお知らせです。

日時:2010年9月5日(日) 13:30~16:00(13:00受付開始)

会場:品川プリンスホテル アネックスタワー5階「プリンスホール」

地図:http://maps.google.co.jp/maps?q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%B8%AF%E5%8C%BA%E9%AB%98%E8%BC%AA4-10-30&hl=ja&lr=lang_ja&num=100&ie=UTF8&hq=&hnear=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%B8%AF%E5%8C%BA%E9%AB%98%E8%BC%AA%EF%BC%94%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%91%EF%BC%90%E2%88%92%EF%BC%93%EF%BC%90&gl=jp&ei=0SJdTODYNIPUvQP1nqCaDA&ved=0CCsQ8gEwAA&z=16&brcurrent=3,0x60188a59cbf8164b:0xf8641d7be0d645b2,0

会費:3,500円

定員:1,000名

申し込み方法や詳しくはこちら

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

相模灘 本醸造

蔵へ行ったときに購入したお酒。

「相模灘」シリーズでもこれだけは、地元を意識した造り。以前これの造りを都内でも流通している「相模灘」と同じようにしたら、地元の評判があまりよくなく、元に戻したみたい。

ですので、蔵から5キロ圏内でしか売っていないお酒&タイプがどう違うのか楽しみ♪

「相模灘 本醸造」

久保田酒造

Dscn2761

精米歩合:65%以下

アルコール度数:15度以上16度未満

製造年月日:22年4月

値段:4合900円(税込)

感想

Dscn2765

開栓初日(5/18)

常温でいただく。

上立ち香は、フワ~ンと軽い酸と微かに甘い香り。口に含むと、やわらかい口当たりに溶けこむフッとやわらかな甘みとスッとした酸に、グッと地味ながらも硬質な印象を受ける旨みとややドライなコクがフッと広がり、その後、グ~とした旨みを引きずりつつス~とした酸にややドライなコクと軽いアルコールの辛さで引けていき、キッとしたコクとアルコールの辛さでキレ。余韻は、軽いコクとアルコールのジンジン感。

グッとくる飲みごたえがあって、これはこれで悪くない。

お燗でいただく。

スッとした酸とフッとやわらかな甘みに軽やかだがグ~ンとした旨みとコクがフッとふくらみ、その後、スィ~とした爽快な酸にク~としたコクとアルコールの爽快感で引けていき、クッとしたコクと辛さの爽快感でキレ。余韻は、フワ~としたコクとアルコールの爽快感。

お燗にすると、ふっくらした甘みが出る。40度ちょい以下くらいが好み。

言い方は変ですが、グレードの高い普通酒って感じで特本とはタイプは違いますが、これはこれで悪くないです。

6/17

常温でいただく。

上立ち香は、やわらかい口当たりに溶け込むフッとやわらかい甘みとスッとした酸に、グッとした押しのある旨みとクッとしたコクがグ~ンとしたアルコールっぽい辛さと共に広がり、その後、ス~とした酸にグ~としたコクとアルコール感で引けていき、クッとしたコクと辛さでキレ。

初日よりも、多少やわらかさとアルコール感が出た。

お燗でいただく。

ふっくらした甘みとフッとした旨みにスッとした酸とヒッとした苦みが広がり、その後、ジ~とした酸と苦みで引けていき、フッとした苦みの爽快感でキレ。余韻は、薄らフワ~とした甘みと苦みの爽快感。

 

ジュッと丸みのある甘みとフッとしたキレのあるアルコール感少なめの本醸造酒。

特本の爽やかな味わい&上品な米の旨味とは違い、こっちはふっくらした甘み&しっかり目の米の旨み(比較すると)があり、これはこれで美味しいです。

この味でこの価格はお買い得ですが、もう少しお金を出せばアルコール感がさらに少なめで、より上品な米の旨味感を味わえる特本が買えるので、半可通はそっちを買っちゃいますね♪

それにしても、この辺りの普通酒・本醸造クラスはレベル高いなぁ~。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

「東京地酒列車2010秋号 ブルースハーモニカのステーションミニライブも開催」のお知らせ

「東京地酒列車2010秋号 ブルースハーモニカのステーションミニライブも開催」のお知らせです。

日時:2010年10月2日(土) 受付・集合15:30~15:50/出発16:00/解散予定17:45

集合場所:多摩都市モノレール上北台駅/解散場所:立川北駅

集合場所地図:http://maps.google.co.jp/maps?q=%E4%B8%8A%E5%8C%97%E5%8F%B0%E9%A7%85&hl=ja&lr=lang_ja&num=100&ie=UTF8&hq=&hnear=%E4%B8%8A%E5%8C%97%E5%8F%B0%E9%A7%85%EF%BC%88%E6%9D%B1%E4%BA%AC%EF%BC%89&gl=jp&ei=nndbTJbMOZLOuAPai-yZBQ&ved=0CCsQ8gEwAA&z=13&brcurrent=3,0x6018e094b889c81d:0x2336c181d6d1ca83,0

会費:3,500円

定員:130名

申し込み方法や詳しくはこちら

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

「埼玉35酒蔵 大試飲会(ひやおろし・燗酒・各蔵自慢の地酒のお酒飲みくらべ)」のお知らせ

「埼玉35酒蔵 大試飲会(ひやおろし・燗酒・各蔵自慢の地酒のお酒飲みくらべ)」のお知らせです。

日時:2010年10月5日(火) 16:00~19:00

会場:大宮ソニックシティ 第1展示場

地図:http://maps.google.co.jp/maps?q=%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3&hl=ja&lr=lang_ja&num=100&ie=UTF8&hq=%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3&hnear=%E3%80%92330-0854+%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3&ll=35.912689,139.602413&spn=0.032394,0.071239&z=14&iwloc=A&brcurrent=3,0x6018c15cc0307009:0xfcf8006bda2c84b8,0

会費:500円

申し込み方法や詳しくはこちら

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

「第二回やまぐち地酒維新」のお知らせ

「第二回やまぐち地酒維新」のお知らせです。

日時:2010年10月3日(日) 18:00~20:30(受付開始17:30)

会場:リーガロイヤルホテル東京 ロイヤルホール

地図:http://maps.google.co.jp/maps?q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%96%B0%E5%AE%BF%E5%8C%BA%E6%88%B8%E5%A1%9A%E7%94%BA1-104-19%E3%80%80&hl=ja&lr=lang_ja&num=100&ie=UTF8&hq=&hnear=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%96%B0%E5%AE%BF%E5%8C%BA%E6%88%B8%E5%A1%9A%E7%94%BA%EF%BC%91%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%94%E2%88%92%EF%BC%91%EF%BC%99&gl=jp&ei=H9hYTMejM47JcZuesf0I&ved=0CCsQ8gEwAA&z=16&brcurrent=3,0x60188d1b6d63be11:0x430fff76166925c4,0

会費:6,000円

定員:350人

申し込み方法や詳しくはこちら

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

小左衛門 三年熟成 精米歩合80%

大泉インター近くの酒屋さんで購入したお酒。

フラッと覗いてみたら、いくつか魅力的なお酒が・・・。でもなんでか銘柄をシリーズで置いていないので、それの生が飲みたいのに・・・とか、それの雄町はないの?的な単発具合。でも「○○ないですか?」と聞けるほどの対人スキルのない半可通は、店員さんに何も語らず・・・。

店内をフラフラしながら、そういやお燗向きのお酒がなかったなと、低精米なこれをセレクト。

会計時にレジのおばちゃんが「これは一応熟成酒なので・・・」と説明してくれる。「あぁ、大丈夫です」と答えると「熟成酒お好きなんですか?」と聞いてくるので、「はいっ!」と即答出来るような熟成酒好きではないので、「飲みますけど、新酒も好きですよ(苦笑)」と一応ロリぶりもアピールしておきました。

ロリだって 古酒飲んでもいいじゃない 自虐ブロガーだもの ロリを

「小左衛門 三年熟成 精米歩合80%」

中島醸造

Dscn2683

精米歩合:80%

アルコール度数:15.5度

製造年月日:09年2月

値段:1升2,350円(税込)

感想

Dscn2714 

開栓初日(5/6)

常温でいただく。

上立ち香は、スッと軽い酸と軽快な旨味を感じる熟成香。口に含むと、やわらかい口当たりに溶けこむ練れた旨みとスキッとした酸に、スッキリした甘みと練れたコクがグッフッと広がり、その後、スキ~とした酸とコクでス~と引けていき、スキッとキレ。余韻は、薄らとした苦みとコクに練れた含み香。

練れた旨味と香りはあっても凝縮されたような古酒感はなく、軽快で飲みやすい。甘さも控えめ。

お燗でいただく。

ジュッとした爽快な甘みとスッ!とした酸にグ~スキ~とした旨みとコクの爽快感でスッとふくらみ、その後、スィ~とした酸とス~とした爽快なコクで引けていき、スッとキレ。余韻は、ス~とした爽快感と薄らとした酸。

お燗にすると、最初から最後まで酸が引っ張っていくが、全体のバランスが良い古酒系食中酒ですね。

6/12

常温でいただく。

やわらかい口当たりに溶けこむスッ!と白ワインのような酸とジュッとした甘みに程よい旨みとヒッとしたコク辛さが広がり、その後、ス~キ~とした酸とコクで引けていき、カッとした辛さでキレ。余韻は、心地よい爽快感と軽い苦コク。

初日よりも、白ワインのような酸と甘みを感じる。

お燗でいただく。

スッ!とした酸とスッキリした甘みにキリッとした旨みとコクがフッと広がり、その後、ス~とした酸と軽い苦コクで引けていき、キッとした辛さでキレ。余韻は、軽い酸と苦コクの爽快感。

 

酸がグイグイ引っ張っていき、適度に古酒っぽい味わいのある食中酒。

酸はしっかりだけれど太くなく、古酒らしい練れ具合と軽快さがあって、古酒が苦手でも飲みやすいお酒ですね。冷や(常温)よりもお燗向きだと思いますが、お燗だとより酸が主張します。

肉くれぇ~という感じの食中酒。オイリーな肉系中華料理と飲みたい感じ。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

「地酒祭り秋の陣 地酒大show2010秋」のお知らせ

「地酒祭り秋の陣 地酒大show2010秋」のお知らせです。

日時:2010年9月12日(日) 12:00~15:30(最終受付15:00)

会場:ホテルメトロポリタンエドモンド

地図:http://maps.google.co.jp/maps?q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%8D%83%E4%BB%A3%E7%94%B0%E5%8C%BA%E9%A3%AF%E7%94%B0%E6%A9%8B%E4%B8%89%E4%B8%81%E7%9B%AE10%E7%95%AA8%E5%8F%B7&hl=ja&lr=lang_ja&num=100&ie=UTF8&hq=&hnear=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%8D%83%E4%BB%A3%E7%94%B0%E5%8C%BA%E9%A3%AF%E7%94%B0%E6%A9%8B%EF%BC%93%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%91%EF%BC%90%E2%88%92%EF%BC%98&gl=jp&ei=tH1TTKHrOI3uvQOpwP0Y&ved=0CCsQ8gEwAA&z=16&brcurrent=3,0x60188c40796ba7d3:0xe74d17d93a8bd3b6,0

会費:NPO法人・FBO認定会員4,500円/一般5,500円

申し込み方法や詳しくはこちら

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »