« 「スローフードジャパン 燗酒コンテスト2010金賞酒を味わう会」のお知らせ | トップページ | 「平成22年 東京秋の吟醸酒を味わう会」のお知らせ »

2010年8月24日 (火)

遊穂 山おろし純米無ろ過生原酒

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

嫌いな訳がないじゃない♪(何のアピールだよ)

「遊穂 山おろし純米無ろ過生原酒」

御祖酒造

Dscn3054

Dscn3056

使用米:(麹)五百万石(掛)能登ひかり

精米歩合:(麹)60%(掛)55%

日本酒度:+5

酸度:2.3

アルコール度数:18.5度

杜氏:横道俊昭(能登杜氏)

製造年月日:22年4月

値段:4合1,400円(税込)

感想

Dscn3061

開栓初日(6/24)

冷やしていただく。

上立ち香は、フッと軽い甘みと山おろしって感じの酸を感じる香り。口に含むと、シュッとした薄ら発泡感ある口当たりで、シャープな酸とスッキリした甘みに伸びのある程よい太さの旨みとジリッとした苦コクがスッと広がり、その後、スィ~とした酸にス~としたコク&爽快感で引けていき、キッとした苦辛さでキレ。余韻は、苦辛さの爽快感と薄らとした酸。

心地よい若さとシャープな酸があり、旨味しっかりでもスイスイ飲んでしまう。

複雑な味わいというか五味が混ざり合って、ホント、チーズとか豚肉に合う感じ。チーズ入りハンバーグに超合う♪(わざわざ作ってみた)

「びっくりドンキー」や「ビッグボーイ」に置いて欲しい日本酒。

6/30

冷やしていただく。

スッスーとした柑橘系のような爽快な酸とフッとやわらかな甘みに、グ~ンと伸びのある旨みがジリッとした苦コクと共にジワ~と広がり、その後、スゥ~としっかりだが太すぎない柑橘系っぽい酸とジリッとした苦コクで引けていき、クッとした苦辛さでキレ。余韻は、ほんのりした苦みと爽快感。

初日よりも溌剌とした角が取れ、旨みふっくら。

美味い。

 

柑橘系のような酸と山おろしらしい旨味はあるが、構えることなく飲める山おろし無ろ過生原酒。

えーこれ生もとなの!?という全然生もとっぽくない今時系?でも、ドッシリとした乳酸ありまっしゃろ!という、いかにも生もとでもない味わい。

生もとらしい旨味がしっかりありつつ、香りも甘みも程良くあり、酸も柑橘系の酸で、飲みごたえしっかりでも杯がすすむお酒ですね。ちょい冷えくらいが特に好みでした。

旨味がふくらんだ後の「遊穂」らしいミネラル感あるキレの流れは、思わずニンマリしてしまいます♪ミネラルって響き、ステキやん。

まぁとはいっても、ここまでガツンとした飲みごたえは、外見オイリーでも中身カサカサに枯れた半可通には少々持てあますので、これの加水バージョンを飲んでみたいところ。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 「スローフードジャパン 燗酒コンテスト2010金賞酒を味わう会」のお知らせ | トップページ | 「平成22年 東京秋の吟醸酒を味わう会」のお知らせ »

2010 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

石川県のお酒」カテゴリの記事

コメント

>「びっくりドンキー」や「ビッグボーイ」に
美味い酒は、美味いメシをよりいっそう引き立てるです
美味い酒は、残念なメシをより深く残念な気分にさせてくれるです

ガストに、ビールでなく発泡酒が置かれてることを、私はとても評価してるです

投稿: トール | 2010年8月24日 (火) 10時06分

トールさん

お酒の味以外は適当なブログなので、適当にながしてくださいな。

投稿: 半可通 | 2010年8月24日 (火) 22時30分

>適当
ジャンクにはモッコリのが合うだろうなと、暗澹たる確信(^^;

四次元殺法レス;
鳳凰美田は、雄町と若水と愛山でも揺れてます。
まあ、雄マチスモを全うする所存ですが・・・

投稿: トール | 2010年8月25日 (水) 09時04分

>嫌いな訳がないじゃない♪
この銘柄はロッテのトッポ並みに「やっぱコレだね〜」になってます。

残念なメシのくだり、笑ったデス^^

>四次元
鳳凰美田は私は若水にしようかと思ってました!(油断すると雄町だらけになるので^^)

投稿: | 2010年8月25日 (水) 12時44分

トールさん

>ジャンク
合うというか、全般に流してくれるのはハイボールかな?

>鳳凰美田
山廃愛生もよかったですが、きっと火入れはもっといいかと。
雄町生のピークは今頃な印象だったので、飲むのが雄町の火入れなら、飲み頃はもうちょい先かも。
でも旨飲会で飲んだ山田ひやおろしは絶品でしたので、9月に買うならひやがオススメ。

投稿: 半可通 | 2010年8月25日 (水) 20時44分

陶さん

>嫌いな訳がないじゃない♪
これは日本酒フェアの翌日に、某社長が某酒屋に来るなり「あの人は遊穂も私のことも好きじゃないんだ!」的なことを仰っていたみたいなので、軽いフォローです(苦笑)

投稿: 半可通 | 2010年8月25日 (水) 20時47分

「冷やしていただく」か「常温でいただく」+「燗でいただく」しかないんですが、「冷やして+燗」とかのパターンはないんでしょうか。「冷やして」とあっても「燗」のほうが美味い酒もあるような気がするんですが、、、

投稿: 金星 | 2010年8月28日 (土) 22時07分

金星さん

なるほど。そういうパターンもあるんですね。

勉強になりました!

投稿: 半可通 | 2010年8月29日 (日) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/35526976

この記事へのトラックバック一覧です: 遊穂 山おろし純米無ろ過生原酒:

« 「スローフードジャパン 燗酒コンテスト2010金賞酒を味わう会」のお知らせ | トップページ | 「平成22年 東京秋の吟醸酒を味わう会」のお知らせ »