« 「東京地酒列車2010秋号 ブルースハーモニカのステーションミニライブも開催」のお知らせ | トップページ | 「第13回 静岡県地酒まつりin Tokyo」のお知らせ »

2010年8月 8日 (日)

相模灘 本醸造

蔵へ行ったときに購入したお酒。

「相模灘」シリーズでもこれだけは、地元を意識した造り。以前これの造りを都内でも流通している「相模灘」と同じようにしたら、地元の評判があまりよくなく、元に戻したみたい。

ですので、蔵から5キロ圏内でしか売っていないお酒&タイプがどう違うのか楽しみ♪

「相模灘 本醸造」

久保田酒造

Dscn2761

精米歩合:65%以下

アルコール度数:15度以上16度未満

製造年月日:22年4月

値段:4合900円(税込)

感想

Dscn2765

開栓初日(5/18)

常温でいただく。

上立ち香は、フワ~ンと軽い酸と微かに甘い香り。口に含むと、やわらかい口当たりに溶けこむフッとやわらかな甘みとスッとした酸に、グッと地味ながらも硬質な印象を受ける旨みとややドライなコクがフッと広がり、その後、グ~とした旨みを引きずりつつス~とした酸にややドライなコクと軽いアルコールの辛さで引けていき、キッとしたコクとアルコールの辛さでキレ。余韻は、軽いコクとアルコールのジンジン感。

グッとくる飲みごたえがあって、これはこれで悪くない。

お燗でいただく。

スッとした酸とフッとやわらかな甘みに軽やかだがグ~ンとした旨みとコクがフッとふくらみ、その後、スィ~とした爽快な酸にク~としたコクとアルコールの爽快感で引けていき、クッとしたコクと辛さの爽快感でキレ。余韻は、フワ~としたコクとアルコールの爽快感。

お燗にすると、ふっくらした甘みが出る。40度ちょい以下くらいが好み。

言い方は変ですが、グレードの高い普通酒って感じで特本とはタイプは違いますが、これはこれで悪くないです。

6/17

常温でいただく。

上立ち香は、やわらかい口当たりに溶け込むフッとやわらかい甘みとスッとした酸に、グッとした押しのある旨みとクッとしたコクがグ~ンとしたアルコールっぽい辛さと共に広がり、その後、ス~とした酸にグ~としたコクとアルコール感で引けていき、クッとしたコクと辛さでキレ。

初日よりも、多少やわらかさとアルコール感が出た。

お燗でいただく。

ふっくらした甘みとフッとした旨みにスッとした酸とヒッとした苦みが広がり、その後、ジ~とした酸と苦みで引けていき、フッとした苦みの爽快感でキレ。余韻は、薄らフワ~とした甘みと苦みの爽快感。

 

ジュッと丸みのある甘みとフッとしたキレのあるアルコール感少なめの本醸造酒。

特本の爽やかな味わい&上品な米の旨味とは違い、こっちはふっくらした甘み&しっかり目の米の旨み(比較すると)があり、これはこれで美味しいです。

この味でこの価格はお買い得ですが、もう少しお金を出せばアルコール感がさらに少なめで、より上品な米の旨味感を味わえる特本が買えるので、半可通はそっちを買っちゃいますね♪

それにしても、この辺りの普通酒・本醸造クラスはレベル高いなぁ~。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 「東京地酒列車2010秋号 ブルースハーモニカのステーションミニライブも開催」のお知らせ | トップページ | 「第13回 静岡県地酒まつりin Tokyo」のお知らせ »

2010 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

神奈川県のお酒」カテゴリの記事

コメント

昨日、辛口純米を飲みました(^^v
本醸造は、特本とも違うのですね。

投稿: トール | 2010年8月 8日 (日) 11時10分

トールさん

はっきりと「ここが違う!」とは分かりませんが、麹造りのタイプが違うのかなぁ?という印象です。

投稿: 半可通 | 2010年8月 9日 (月) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/34804452

この記事へのトラックバック一覧です: 相模灘 本醸造:

« 「東京地酒列車2010秋号 ブルースハーモニカのステーションミニライブも開催」のお知らせ | トップページ | 「第13回 静岡県地酒まつりin Tokyo」のお知らせ »