« 二代目米づくり | トップページ | 水尾 特別純米酒 淡風 »

2010年10月19日 (火)

水尾 純米あら搾りにごり酒 活性生

蔵で購入したお酒。

「水尾 純米あら搾りにごり酒 活性生」

田中屋酒造店

Dscn3369

Dscn3370

Dscn3374

使用米:長野県産しらかば錦78%

精米歩合:(麹)59%(掛)70%

アルコール度数:15度以上16度未満

製造年月:22年7月

値段:300ml525円(税込)

感想

Dscn3380

開栓初日(9/4)

冷やしていただく。

上立ち香は、フッとした発泡感&オリの香り。口に含むと、心地よいシュッとした爽快な口当たりでスッとした軽い甘みとジュッとした酸に、ク~ンと軽快な旨みとコクがフワ~と広がり、その後、クワ~とした軽快な旨みのふくらみをスィ~とした酸とク~としたコクで引けていき、スッとした発泡感でキレ。余韻は、ほんのりした酸とオリの旨味に心地よいスッキリした甘み。

 

サラッと上品な口当たりと心地よい喉越しで、軽快な旨味のにごり酒。

オリ量の割にサラッとしていて、オリの旨味もしつこくなくスッキリ上品。見た目とのギャップがありますね。

ウナギや旨味の濃い枝豆に合いそう。

ドロドロしていないし、香りも旨味もモロミ感をあまり感じず、にごり苦手な半可通でも飲めるにごり酒。まぁ、活性じゃなかったら飲みづらいかもしれませんが。

それと、300mlのスクリューキャップでも完全に開けるまで5分以上かかったので、開栓にはご注意を!

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 二代目米づくり | トップページ | 水尾 特別純米酒 淡風 »

2010 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

長野県のお酒」カテゴリの記事

コメント

これは旨すぎて急ピッチで開けてしまい、二日酔いコースとなりました。
濁り酒はこんな記憶ばかり(^^;

投稿: トール | 2010年10月19日 (火) 11時01分

トールさん

店の裏の冷蔵庫に置いていた1升瓶が、圧でヒビが入っていたという物理的にも危険なお酒(苦笑)

ダーウィン見ました!
生態系の勉強になりましたよ。何度へぇ~と呟いたか…。
そしてNHKのドキュメンタリーは、やはり凄いなぁと感心。時間のかけ方が半端ないですね。

投稿: 半可通 | 2010年10月19日 (火) 19時19分

>ダーウィン
日曜夜のお楽しみです(^^v
バックナンバーDVDが朝日新聞から刊行中で、創刊号特別価格980円は
タカの渡りの主翼の片割れ・ハチクマが特集されてます。
まさしく驚愕の内容ですよ(^^v
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=11569

クリスマスには13号、待望のオオタカの巻が発売されます。
震撼の内容で、マジかっこいい(^^v

投稿: トール | 2010年10月20日 (水) 11時52分

トールさん

蜂を食べるところは見てみたいですね。

とりあえず、今はYouTubeで色々な飛翔を見て満足します。

投稿: 半可通 | 2010年10月20日 (水) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/36609759

この記事へのトラックバック一覧です: 水尾 純米あら搾りにごり酒 活性生:

« 二代目米づくり | トップページ | 水尾 特別純米酒 淡風 »