« 「飯沼銘醸」のお酒の会in「竹政」 | トップページ | 水尾 特別本醸造生酒 »

2010年10月13日 (水)

霞(春霞) 純米吟醸うすにごり生夏 夏限定Summer Misty

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

「霞(春霞) 純米吟醸うすにごり生夏 夏限定Summer Misty」

栗林酒造店

Dscn3167

Dscn3168 

精米歩合:55%

日本酒度:+2.5

酸度:1.4

アルコール度数:16度以上17度未満

製造年月日:22年7月

値段:1升2,730円(税込)

感想

Dscn3169 

開栓初日(8/13)

冷やしていただく。

上立ち香は、ス~とスッキリした花のような甘い香り。口に含むと、やわらかい口当たりに溶けこむフッとした甘み&スッと軽やかでシャープな酸に、クッとした旨みがク~としたコク渋みと共にスッキリとふくらみ、その後、スィ~としたスッキリした甘旨みのふくらみをク~としたコクと渋みでフェードアウトしていき、スッとした渋みと辛さでキレ。余韻は、軽い渋みの爽快感とほんのりした甘旨み。

程よい甘旨みがありつつシャープな味わいで、夏向けって感じ。渋みもありますが、爽やかな渋みで嫌じゃないし、キレも心地良くスイスイ飲んでしまう。

美味いです。

渋みがあるので当然若い感じですが、これがこのお酒のキモなのかな?

上澄みだけで飲みましたが、旨みが不足し、渋みが主張。オリは薄らですが、混ぜ混ぜして飲むのがベストバランス。

8/30

冷やしていただく。

やわらかい口当たりに溶け込むスッと爽快な酸とフ~とスッキリした甘みに、キュ~と収斂するような心地よく締まった旨みとコクがス~と微かな渋みと共にふくらみ、その後、フ~とした軽やかな甘旨みのふくらみをス~としたスッキリした酸にク~としたコクと渋みでフェードアウトしていき、キッとした軽い渋みと辛さでキレ。余韻は、心地よいコクと渋み。

初日よりも硬さが取れふくらみはあるが、さほど印象は変わらず。

 

瑞々しく透明感ある味わいと心地良く締まった旨味とキレがある夏向けのお酒。

瑞々しい味わいに微かなオリの旨味が効いていて、物足りなさはなく、暑くてもスイスイ飲めます♪

含み香も「春霞」らしい心地よい香りだし、キレ感も渋みでキレていくので、その辺も夏向き。

ただこれも充分美味しいのですが、夏酒という括りの中の話で、味だけで比べたら普通の純吟うすにごり生の方が美味しい・・・。

夏酒って難しいなぁ。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 「飯沼銘醸」のお酒の会in「竹政」 | トップページ | 水尾 特別本醸造生酒 »

2010 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

秋田県のお酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/36186615

この記事へのトラックバック一覧です: 霞(春霞) 純米吟醸うすにごり生夏 夏限定Summer Misty:

« 「飯沼銘醸」のお酒の会in「竹政」 | トップページ | 水尾 特別本醸造生酒 »