« コロナ、お前は一人四役 | トップページ | じゃごたろ おり酒生 20BY »

2010年11月22日 (月)

くどき上手 大吟醸 澱がらみ

岩手にある、あなたの側の酒屋さんからネットで購入したお酒。

光が丘の酒屋さんでは予約時に完売してしまい、仕方ないな・・・とあきらめていたのですが、ここの酒屋さんではまだネット販売をしていたので即購入。

わーい♪

そんないいお酒を発売直後に即開けるほど早漏野郎ではないので、いい感じになったろうなぁ~という秋口まで待ってみました。

「くどき上手 大吟醸 澱がらみ」

亀の井酒造

Dscn3551

Dscn3552

使用米:山田錦

精米歩合:35%

使用酵母:M310・KA

日本酒度:-1

酸度:1.2

アルコール度数:17度以上18度未満

製造年月:22年6月

値段:1升4,305円(税込)

感想

Dscn3558

開栓初日(9/30)

冷やしていただく。

上立ち香は、フワ~ンと軽やかで練れた甘い香り。口に含むと、フッフ~と軽やかで上品な甘みとしっとりとした旨みに、フッとした酸がクゥ~と上品なコクと薄らとした渋苦みと共にフ~とふくらみ、その後、フンワ~とした甘旨みのふくらみをフ~と軽やかで上品な苦みと薄らとした渋みでフ~とフェードアウトしていき、スッとキレ。余韻は、フワ~と上品で軽やかな甘みと薄らとした苦み。

こりゃ、味も香りも普段飲めない高級品♪

オリガラといっても見た目全く絡んでいませんが、味的に旨みのアクセント感はある感じ。

ただちょいと気になるのは、普段安いお酒しか買わない半可通ですが、山田35の「くどき上手」を試飲程度でも飲んだことがあるので、それに比べて「旨みたっぷり」は理解できます。

けど旨みの質は違うけど酒未来や雄町とかの「くどき上手」しか飲んだことない人が、「旨みたっぷり」とは感じるかな?

まぁでも、普段このクラスを飲み慣れている人にはそう感じるのか、半可通の舌がおかしいのか、まぁおそらく後者death。

10/18

冷やしていただく。

瑞々しくフワ~ンと上品な甘みと上品且つしっとりした旨みにフッと軽い酸とコクが微かな苦みと共にフワ~と軽やかにふくらみ、その後、フワ~と軽やかな甘旨みのふくらみをフ~とした軽い&上品な苦みでフェードアウトしていき、キッとした苦みと微かな辛さでキレ。

初日に比べ、ふんわりし旨み感も多少出た。

 

大吟らしいふんわり上品な甘旨みに、目には見えないけどオリの旨味がアクセントになっているお酒。

この味をこのお値段でいいの?というレベルのお酒。

ふんわりした大吟の味わいと、キレ感と旨味辺りに大吟のオリという味わいがうっすらしますね。

「命」クラスをこの値段で飲めるなんて、ホントあざぁーす!!といった感じで、これは来年も飲みたいお酒。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« コロナ、お前は一人四役 | トップページ | じゃごたろ おり酒生 20BY »

2010 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

山形県のお酒」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

某団地では、結構長い間残ってましたね。
冷蔵庫の都合で諦めましたが、来年はお盆に送ってみます。

投稿: トール | 2010年11月22日 (月) 10時09分

トールさん

入荷する本数が違うんでしょうね。光が丘は注文した本数が、かなりカットされたみたいだし。

まさかのご奉仕値付けなので超お買い得だし、パパンもきっと喜ぶ美味しさです♪

投稿: 半可通 | 2010年11月22日 (月) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/37101654

この記事へのトラックバック一覧です: くどき上手 大吟醸 澱がらみ:

« コロナ、お前は一人四役 | トップページ | じゃごたろ おり酒生 20BY »