« さか松 純米大吟醸 山田錦 | トップページ | 年始の挨拶 »

2010年12月29日 (水)

篠峯 上々

奈良の酒屋さんから購入したお酒。

「篠峯 上々」

千代酒造

Dscn3769

アルコール度数:15度~16度未満

製造年月:22年7月

値段:1升1,890円(税込)

感想

Dscn3808

開栓初日(11/2)

常温でいただく。

上立ち香は、フゥ~と軽やかな甘みと薄らと旨みを感じる香り。口に含むと、やわらかい口当たりに溶け込むフッと軽い甘みとスッと爽快な酸に、軽やかだがカッチリとした旨みとコクが広がり、その後、フォ~とした旨みと酸のふくらみをフ~ス~とした爽快な軽い酸とコクで引けていき、キッとしたコク辛さでキレ。余韻は、薄らとしたコクと心地よい含み香。

含み香はほんのりバナナ香で、爽快な酸に程よい米の旨味感があり半可通好み。

ダレた感じや火入れ感もなく、この値段の純米酒規格としてはかなりの出来。

お燗でいただく。

フワッと軽やかな甘みとフッとした酸にク~と爽快な旨みとコクがスキッとふくらみ、その後、スカ~とした軽い甘みを伴った旨みのふくらみをスキ~としたコクで引けていき、キッとした爽快感でキレ。余韻は、心地よい爽快感とふんわりした軽い甘み。

お燗にすると、ふんわりしつついい感じの旨味とキレが出て、さらにお値段以上。

11/22

常温でいただく。

やわらか~い口当たりに溶け込むフッとやわらかな甘みとスッとした酸に、フワッとしつつ軽い弾力を感じる旨みとクッとしたコクが広がり、その後、フワッとした軽い弾力感ある甘旨みのふくらみをスィ~とした酸とク~としたコク&軽いドライ感で引けていき、キッとした軽い辛さとドライ感でキレ。

初日よりもいい意味でやわらか。美味い。

お燗でいただく。

フワッ!とやわらかな甘旨みとスッとした酸がフゥ~と爽快でドライなコクと共に広がり、その後、ス~とした酸とク~としたドライなコクで引けていき、キッとした辛さとコクでキレ。

 

やわらかな甘旨みと爽やかな酸にキッチリとしたキレのあるお酒。

この価格でもちゃんと米の旨味があるし、安っぽいお酒では全くなし!

キレもややシャープで食中向きで、これはコスパに優れた晩酌酒ですね。

個人的には、やわらかな甘旨みとスッキリした酸に、キレのバランスがよい冷や(常温)が好み。

軽やかだが薄くなく、適度な旨味にスッキリした甘み&酸と心地よいキレの良さで思わずニンマリ♪飲むまでは、値段なりの味だろうとたかをくくっていましたが、ホントすいませんでした!と謝りたい感じ。

地味に美味くて、いい酒。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« さか松 純米大吟醸 山田錦 | トップページ | 年始の挨拶 »

2010 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

奈良県のお酒」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

普通酒の上撰だと思ってました(^^;
あとで買ってみます~。

投稿: トール | 2010年12月29日 (水) 11時18分

トールさん

値段的には普通酒ですもんね(苦笑)

投稿: 半可通 | 2010年12月29日 (水) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/37551641

この記事へのトラックバック一覧です: 篠峯 上々:

« さか松 純米大吟醸 山田錦 | トップページ | 年始の挨拶 »