« 大盃 純米生詰 秋あがり | トップページ | 大治郎 純米よび酒 »

2010年12月17日 (金)

芳水 特別純米酒

新井薬師の酒屋さんで購入したお酒。

「芳水 特別純米酒」

芳水酒造

Dscn3799

Dscn3800

精米歩合:60%

アルコール度数:15度~16度未満

製造年月:22年9月

値段:1合298円(税込)

感想

開栓初日(11/8)

常温でいただく。

上立ち香は、フワ~としつつトロリと練れた感じの程よい甘い香り。口に含むと、やわらかい口当たりに溶け込むフッと軽やか&やわらかい甘みとスッとした酸に、クゥ~とスッキリしつつ適度に締まった旨みとコクがフッと広がり、その後、スィ~とした軽やかな旨みと酸のふくらみをス~とした酸とコクで引けていき、キッとした辛さでキレ。余韻は、軽くふんわりした旨みと薄らと爽快感。

 

スッキリとした酸とスッキリしつつ伸びのある旨味がある食中向けのお酒。

しつこくない味わいで、キレもしっかりとキレていき、疲れずに何かを食べながらダラダラと飲めるお酒ですね。

お燗もしてみましたが、酸が主張し、全体的に軽快すぎて、年寄り向きの味わい(重くないという意味合い)になる感じ。基本アチチの半可通には軽快過ぎましたね。お燗にするなら温燗くらいがいいかも。

初めてこの蔵のお酒を飲みましたが、もっとしっかり系のお酒かと思いきや、酸がリードする締まった旨味のスッキリ系だった。

蔵の場所や前杜氏のイメージから、こういうタイプだろ!なんて思っていたわん。思い込みって怖いわん(可愛さを盛ってみた)

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 大盃 純米生詰 秋あがり | トップページ | 大治郎 純米よび酒 »

2010 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

徳島県のお酒」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

杜氏が代わって、味も変わりましたね。
独自性を追求して、頑張って頂きたいです。

>蔵の場所
池田町サラダのことか~~~(^^;

投稿: トール | 2010年12月17日 (金) 12時05分

トールさん

>サラダ
この辺り、カタカナ住所が多いんですよね。
池田町マチとかいう住所なんて、頭痛が痛いレベルな印象(苦笑)

投稿: 半可通 | 2010年12月17日 (金) 19時51分

そういや、関戸でも芳水ワンカップだけは扱ってました。
他は一度も見たこと無いし、なんでだろ(^^;

今日は関戸への道すがら、オオタカやハイタカ、チュウヒなどと遭遇しました。
いよいよ、冬本番って感じっス。
そして、相模灘本醸造TGB二種購入(^^v

投稿: トール | 2010年12月18日 (土) 13時11分

トールさん

光が丘でも相模灘にごり入荷したので買いましたよ♪

「相模灘にごりの試飲あるよ」と言われましたが、お断りして試飲せずに購入。
まだ開けていませんが、相模灘ならまず外れることはないでしょ!

それと21BYの某ジマオリガラ生酒も購入。これがウマウマ♪
最近味ノリ生酒を買いあさってます(苦笑)

投稿: 半可通 | 2010年12月19日 (日) 09時39分

>相模灘にごり
ここに書くと、リクエストになる流れかしらん?
関戸だと、澄みが評判良かったっス。

>味ノリ生酒
先週、間違えて姿雄町中取りの生を購入しました(^^v
開けたては生ヒネの気配もあったけど、翌日には霧散。
今宵は、雄町中取りの生vs火入れ飲み比べっス(^^v

投稿: トール | 2010年12月19日 (日) 10時00分

トールさん

ドラえもんのアイテム的な、書いた物が入荷するようなブログではないですよ(苦笑)

問屋さんが試飲を持ってきたらしく、それをて利いてみて良かったから仕入れたのと、ブログのコメが同じ時期だっただけみたいです。

>飲み比べ
楽しそうですね。
こちらも負けじと、にごり系飲み比べとかしようかしら?

投稿: 半可通 | 2010年12月19日 (日) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/37545041

この記事へのトラックバック一覧です: 芳水 特別純米酒:

« 大盃 純米生詰 秋あがり | トップページ | 大治郎 純米よび酒 »