2010 飲んだ日本酒(リキュール含む)

2011年3月30日 (水)

酒屋八兵衛 山廃純米酒 20BY

光が丘の酒屋さんで購入しました。

「酒屋八兵衛 山廃純米酒 20BY」

元坂酒造 

Dscn3943

Dscn3944

使用米:(麹)山田錦(掛)五百万石

精米歩合:60%

日本酒度:+4

酸度:1.6

アミノ酸度:1.8

アルコール度数:15.5度

製造年月:22年7月

値段:1升2,600円(税込)

感想

Dscn4081

開栓初日(1/4)

常温でいただく。

上立ち香は、微かに爽快な甘い香り。口に含むと、瑞々しい口当たりに溶け込む細身だけどもジュ~とした甘みとスッとした酸に、主張しないがギュ~とした端整な旨みとクッと程よいコクが広がり、その後、スマートでジュ~とした甘旨酸のふくらみをフィ~とした酸と薄らとした辛さで引けていき、フッとした辛さでキレ。余韻は、薄らとした甘旨みと心地よい爽快感。

冷やだと、程よい酸が効くバランスの取れた心地よいキレ酒。

お燗でいただく。

ジュッと爽快な甘みと酸にク~ンとスッキリ&程よい伸びのある旨みとコクがふくらみ、その後、ジュク~ンとした甘旨酸のふくらみをフ~とした酸とク~としたコクで引けていき、フッとした爽快感でキレ。余韻は、軽い酸と旨みに程よい爽快感。

お燗にすると、甘旨酸にキレがハッキリ立ってメリハリがでた。

2/6

常温でいただく。

瑞々しい口当たりで瑞々しくも薄らトロリと感じるジュッと練れた甘みとギュッと主張しないが締まりつつ練れた旨みに、スッとした酸とキュ~と締まったコクが広がり、その後、スッジュッとした甘旨酸のふくらみをジュ~とした甘旨みと共にス~とした酸とク~と上品なコクでフェードアウトしていき、クッとした辛さでキレ。余韻は、ふんわりした甘旨みと爽快感。

初日よりもふんわりし、キレまでの流れはワンランク上になった感じ。

お燗でいただく。

フッと爽快な口当たりでジュッとしつつシャープな甘旨みとスッとした酸にク~と上品なコクがふくらみ、その後、フ~とした旨みとス~とした酸のふくらみをスィ~とした酸と心地よい渋みでフェードアウトしていき、キッとした爽快感でキレ。

 

締まった米の旨味&上品さに、食中酒向きのキレと酸のあるお酒。

このバランス感はさすがですね。きれいなのに旨味しっかりで、キレも心地よい。

20BYですが、ダレる事なくキュッと締まりつつ程よい練れ具合で、いい感じの味ノリ♪

冷やでも美味いですが、お燗向きですね。

「酒屋八兵衛」のお酒は、生だと元気一杯系なのでオッサン半可通には量飲めないのですが、加水火入れの「八兵衛」は疲れずダラダラ飲んじゃいますね。

冷やだとギュッとした旨味を味わえるし、お燗だとキレ具合が増して肴なんでもかかってこいや!って感じで、1本置いておくと便利なお酒。ただアチチだと、キレキレシャープ過ぎ(苦笑)

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

三芳菊 壱 Revision2

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。 

「三芳菊 壱 Revision2」

三芳菊酒造

Dscn4077

精米歩合:65%

アルコール度数:17度

製造年月:22年12月

値段:1升2,100円(税込)

感想

Dscn4079

開栓初日(1/3)

冷やしていただく。

上立ち香は、フ~と軽く「三芳菊」らしい香りとしっとりとした旨みを感じさせる香り。口に含むと、やわらか~い口当たりに溶け込むグ~ンと程よい厚みを感じる旨みとしっとりでフッとした甘みに、ス~とした酸とク~と軽快で微かにドライ感を感じるコクがふんわりふくらみ、その後、スィ~とした酸と旨みのふくらみをス~とした酸とクィ~としたコクで引けていき、スッキッとした酸と軽い辛さでキレ。余韻は、フ~とした酸と軽く辛さの爽快感。

「三芳菊」らしい香りはしますが、控えめというか軽快だし、甘みも控えめで、質の良い旨み優位の酸が引っ張っていくキレ良い食中酒って感じの味わい。

まぁ確かに「壱」と比べたら、Revisionって感じ(笑)

1/17

冷やしていただく。

やわらか~い口当たりに溶け込む瑞々しくジューシー&上品な甘酸っぱさと程よい厚みの旨みにクッと軽快なコクがふくらみ、その後、フワ~と軽快な甘旨酸のふくらみをス~と爽快な酸とク~と軽快なコク&軽快なエグ味っぽさでフェードアウトしていき、キッとした辛さでキレ。余韻は、ふんわりした甘旨酸と微かに辛さの爽快感。

初日よりも、ふくらみと一体感が出た。

美味い。

 

スッキリした甘みと酸が軽快に引っ張っていくキレのよいお酒。

「三芳菊」にしては、米の旨味はちゃんとあっても香り、甘みが軽快ですが、酸がより目立ち、これはこれで好きかも。

フッ、シュというふくらみからキレの流れもいいし、酸とキレ感が心地良く、晩酌向き冷酒って感じ。

白ワイン飲むならこっち!というくらい白ワインっぽいけど、より食にユーティリティな印象。

まぁ白ワインなんて何年も飲んでいないので、イメージで書いているけど(苦笑)

 

そろそろ切れてきたので、体に「三芳菊」を入れなければ!

ドドスコスコ・・・「菊」注入(はーと)

なぜかゲイ臭を感じる・・・。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

清酒竹鶴 純米

武蔵関の酒屋さんで購入したお酒。

購入時に店主奥さんから「開けたてをお燗で飲むと若いかも」とアドバイスをいただく。最近このお酒が売れているので、以前ほど蔵での熟成期間が取れないらしい。

「清酒竹鶴 純米」

竹鶴酒造

Dscn3841

アルコール度数:15度以上16度未満

製造年月:22年11月

値段:1升2100円(税込)

感想

Dscn3846

開栓初日(11/24)

常温でいただく。

上立ち香は、フ~と食を誘うスッキリした甘い香りと酸を感じる香り。口に含むと、やわらかい口当たりに溶け込むスッと爽快な酸とスッキリした甘みに、ジュウ~とした程よく練れた旨みと軽く爽快な渋みが広がり、その後、フワ~とした甘旨みのふくらみをスキ~とした酸と渋コク辛さで引けていき、スキッとした渋辛さでキレ。

常温(冷や)でも確かに若い感じですね。

お燗でいただく。

フッと軽快な甘みとジュッとした酸に程よくク~とした旨みとコクがキュ~と収斂するような軽い渋みと共に広がり、その後、フ~とした旨酸のふくらみ&渋みの爽快感をス~とした酸とク~とした渋みで引けていき、クッとした爽快感でキレ。余韻は、薄らとした旨みと酸に渋みの爽快感。

アチチから45度くらいにすると程よく味ジュワ&軽快な渋みで、これはこれで悪くない。

まぁとは言っても、味ジュワジュワで飲みたいのが本音なので、放置決定!

1/16

常温でいただく。

フッとやわらかな口当たりに溶け込むフッとしたやわらかな甘みとフワッとした旨みに、スッと爽快な酸とクィ~とした締まったコクが広がり、その後、フワッとした甘旨酸のふくらみをスィ~とした酸とクィ~としたコクで引けていき、スッとしたコク辛さでキレ。余韻は、ふんわりした旨酸と軽いコクの爽快感。

初日よりも渋みが取れ、ふんわり旨みが出た。

お燗でいただく。

フッと爽快な酸とスッキリした甘みにク~と締まった旨みとスキ~と爽快なコクがフッと広がり、その後、スキ~とした爽快な酸とコクで引けていき、スキッとしたコク辛さと軽い渋みでキレ。余韻は、ふんわりした甘旨酸と爽快感。

美味い。

 

フッとした甘みと食中向きの酸に、締まった旨味とキレのあるお燗向きのお酒。

硬さが取れると、お値段以上の味わい♪

程よい甘みもあって、食べ物なしでは飲めない食中酒とは違いますね。

味的には以前飲んだ時ほどの味ノリノリ感みたいのは感じませんが、その分キュッと締まった味わいなので、肴は色々合わせやすいのかも。

それにしても、このキレの強すぎず、でもスパッとキレていていくキレ感は、さすが「竹鶴」って感じ♪

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

相模灘 本醸造 にごり酒生

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

やっとこ新酒記事(苦笑)

「相模灘 本醸造 にごり酒生」

久保田酒造

Dscn3996

Dscn3998

 

精米歩合:65%

アルコール度数:15度

製造年月:22年12月

値段:1升2,000円(税込)

感想

Dscn3999

開栓初日(12/24)

冷やしていただく。

上立ち香は、フッと軽いオリの香りと薄らガスっぽい香り。口に含むと、スッと心地よい爽快な口当たりでジュ~と爽快な甘みと酸に、グ~としたオリの旨みと軽くクィ~としたペリエ感&アルコールのジンジン感が広がり、その後、シュ~と心地よい爽快な甘旨みのふくらみをス~と心地よい酸とクゥ~と心地よいコク辛さでフェードアウトしていき、スッフッとした爽快感でキレ。余韻は、ふんわりした爽快な甘旨みと軽いアルコールのジンジン感。

こりゃ美味い!

本醸造にごりとは思えないシルキーな味わい。

洗練されていて、アルコール感も少なく、瑞々しい味わいとオリの旨味感&キレのバランスがとても良い♪

以前飲んだ本醸造生も美味しかったけど、にごりも美味いですね。純米系もにごり出せばいいのに(願望)出来ればオリガラで(願望×2)

1/8

冷やしていただく。

瑞々しい口当たりに溶け込むフッとやわらかな甘みとスッと爽快な酸に、程よくグ~としたオリの旨みとフッと爽快なコクが広がり、その後、スッキリしつつジュ~とした甘旨酸をフ~ス~とした酸と軽くスキ~としたコク辛さで引けていき、キッとした軽いアルコールの辛さでキレ。余韻は、ふんわりした甘旨みと心地よいアルコールの爽快感。

初日よりもエアリーで、オリがふんわりまろやか♪

 

爽快な甘みと酸にオリの旨味がとてもバランスよく効いているにごり酒。

にごり酒でも半可通が苦手なドロドロ、粒々していないので、ピチピチ感が無くなっても美味しくいただけるにごり酒です。

アル添にごりならこの度数&オリ量だな!と感じさせる素晴らしいバランス。疲れずに飲めるし、にごりらしい旨味も味わえる。

流石です!

アル添にごりで、香り、味含めてのこの余韻感は、なかなかないでしょ。

今期の「相模灘」も楽しみだ♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

房島屋 純米おりがらみ生 6号酵母 21BY

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

新酒時は尖っていた感じが落ち着いてきっとウマウマなはず!と、日本酒千里眼でまるっとお見通し購入。

「房島屋 純米おりがらみ生 6号酵母」

所酒造

Dscn3947

Dscn3949

使用米:(麹)にしほまれ(掛)五百万石

精米歩合:65%

使用酵母:協会6号

アルコール度数:17度以上18度未満

製造年月:22年3月

値段:1升2625円(税込)

感想

Dscn3952

開栓初日(12/18)

冷やしていただく。

上立ち香は、フゥ~と軽く柑橘っぽい爽快な香りとオリの香り。口に含むと、スッと爽快な口当たりでジュ~と爽快な甘酸っぱさと軽くトロ~ンとしたクリームっぽいオリの旨みが、クッとしたコク&シュッと微かな渋みと共に広がり、その後、シュ~と軽い爽快感&爽快な甘酸っぱさと軽いクリームのようなオリの旨みのふくらみをシュ~とした爽快感で引けていき、そのまま爽快感でキレ。余韻は、ふんわりした甘旨みと心地よい爽快感。

超美味い!

生酒らしい若さを残しつつスッキリジューシーな味わいとオリガラ由来の程よいクリーム感がたまりません♪

半可通の千里眼に一片の曇り無し!(笑)

1/5

冷やしていただく。

やわらかい口当たりに溶け込むややトロリと感じる艶やかな旨みとスッ!と爽快な酸に、スッキリした甘みとフッとしたコクが広がり、その後、ジュ~とした旨みと酸にスッキリした甘みのふくらみをス~とした爽快な酸とキ~としたコク辛さで引けていき、キッとしたややドライなコク辛さでキレ。余韻は、軽い旨みと酸に辛さの爽快感。

初日よりも一体感が出てふんわりトロリ♪

 

「房島屋」らしい酸と締まった旨みの上澄みに、オリの旨味がボリューム感をいい感じでプラスしているお酒。

新酒時期よりも当然荒々しくなくて、よりオリの旨味とキレていくまでの流れがスムースに味わえていい感じ♪

この味わいを知ってしまうと、「房島屋」オリガラを春頃飲むのが勿体ないと感じてしまうぜ・・・。

さすがオリガラマエストロトコロ(勝手に命名)

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

玉川 自然仕込 山廃純米酒 ひやおろし

武蔵関の酒屋さんで購入したお酒。

店主さんに薦められて購入しました。初「玉川」。

「玉川 自然仕込 山廃純米酒 ひやおろし」

木下酒造

Dscn3844

Dscn3845

使用米:兵庫県産北錦

精米歩合:66%

アルコール度数:17度以上18度未満

製造年月:22年9月

値段:1升2,500円(税込)

感想

Dscn3847

開栓初日(11/24)

常温でいただく。

上立ち香は、スゥ~とシャープな甘みと酸を感じる香り。口に含むと、やわらか~い口当たり溶け込むジュッとした甘みと酸に、程よいボリュームのある旨みとスキッとしたコクがふくらみ、その後、ジュ~とした甘旨酸のふくらみをスィ~とした酸とスキ~と心地よいコクで引けていき、キッとした苦辛さでキレ。余韻は、ふんわりした甘旨みと爽快感。

スッキリした香りの割に、味はジューシー。含み香には木香を感じる。

これぞ「ひやおろし」!というイメージ通りの味ノリと山廃らしいコクとキレで、度数の割にスイスイ飲んでしまう。

お燗でいただく。

ジュッとした甘みと酸にク~ンと細身だが適度な厚みのある旨みとスッキリしたコクがフッとふくらみ、その後、そのクッとした甘旨酸のふくらみをス~とした酸とフ~とした心地よい渋コクでフェードアウトしていき、キッとした渋みと辛さの爽快感でキレ。余韻は、ジンワリした甘旨みと爽快感。

お燗にすると、まだ多少渋みを感じますが、お燗の方が一体感がある感じ。

含み香にはやはり木香を感じますが、ふんわりした味わいとマッチしてあまり気にならず。

今後の変化が楽しみ♪

1/2

常温でいただく。

やわらか~い口当たりに溶け込む程よく練れたジュッとした甘旨みと練れつつスッとした適度な太さの酸に、ク~と細く奥に広がるコクがふくらみ、その後、スッジュッとした甘旨酸のふくらみをスッキリした酸とスッキリしたコクで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。余韻は、微かな甘旨みと辛さの爽快感。

初日よりも練れた感じが出て、まとまりが出た。

お燗でいただく。

程よくジュッとした甘みと酸にクッとした適度な弾力感ある旨みとコクがスキッとふくらみ、その後、ジュッスッとした甘旨酸のふくらみをス~と心地よい酸とキ~としたコクで引けていき、キッとしたややドライなコク辛さでキレ、余韻は、フッとした甘旨みと爽快感。

 

いい感じの練れた味わいと適度にシャープな旨みとコクのあるやや野性味のあるお酒。

練れたボリューム感ある甘旨酸がいい感じ♪

精米歩合の割には適度な厚みとシャープ感ある旨味なのは、北錦の特徴なのかな?

美味しいですが、どちらかというと面白いという印象を受けるお酒。管理されたナチュラル感っていう楽しい味わいで、飲んでいて「面白いお酒造るなぁ~(ニヤニヤ)」という感じ。

他の「玉川」は知りませんが、これに関しては減点方式で飲むプロ気取りのバカ向きではないですね。半可通のようにどんなブサイクでも素敵な部分を見つけてしまう加点方式君向き。

俺の辞書には100点満点とかいう上限なんてないんだぜ!?俺の魅力もインフィニティー!

個性的でいい意味でクセのあるお酒。 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

久礼 特別純米手詰め直汲み無濾過生原酒

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

「久礼 特別純米手詰め直汲み無濾過生原酒」

西岡酒造店 

Dscn3940

Dscn3942

Dscn3941

 

使用米:松山三井

精米歩合:60%

日本酒度:+5

酸度:1.6

アルコール度数:17度

杜氏:河野幸良(土佐杜氏)

製造年月:22年5月

値段:1升2,700円(税込)

感想

Dscn3946

開栓初日(12/13)

冷やしていただく。

上立ち香は、スッと爽快な甘い香り。口に含むと、やわらかい口当たりに溶け込むやわらかでジュッとした甘みとスッ!と爽快な酸に、程よい太さで適度に締まったギューとした旨みがク~と軽快なコクと心地よい渋みとと共にジュッと広がり、その後、スッキリシャープながらもジュ~とした甘酸とグ~とした旨みのふくらみをス~とスッキリした酸とク~と軽快な渋コクで引けていき、キッとした渋辛さでキレ。余韻は、ふんわりした甘みと酸に軽いドライ感。

味ノリしつつ直汲みらしいピチピチ感があります。ただ若干生熟って感じの含み香を感じる。

開栓後、エアリーになったら消失してくれるといいなぁ・・・。

12/27

冷やしていただく。

やわらかい口当たりでジュッとした甘みとスッ!とした酸に、程よい厚み&弾力感のある旨みとクッとしたコクが広がり、その後、フ~とした甘みと弾力感のある旨みのふくらみをス~ク~と心地よい酸とコクで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。余韻は、爽快な甘みとふんわりした旨みに青草のようなコクの爽快感。

初日のピチピチ感がなくなり、いい感じの張りを残しながら弾力感のある旨みがでたし、初日気になった含み香も消失。

美味い。

 

ジューシーな甘酸っぱさと、厚みある旨味と張りがマッチしたキレの良いお酒。

甘みのある柑橘系果実様の甘酸っぱさが引っ張っていきます。

土佐酒をイメージする「らしさ」に米の旨味と酸があり、しっかり系でも重さはなく、軽快に飲める関東でもウケる味わいって感じ。

購入したお店で確か春先頃にこれの試飲させてもらっていますが、この時でもいい感じの味わいでした。春先でも年末でも楽しめる直汲みって素敵♪

鰹やマグロと飲みたい感じになる酸好きは必飲のお酒。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

志太泉 普通酒

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

偶然見つけたブログでこれが紹介されていて、どんな感じか飲んでみたくなったお酒。

「志太泉 普通酒」

志太泉酒造

Dscn3811

アルコール度数:15度~16度未満

製造年月:22年6月

値段:1升1,732円(税込)

感想

Dscn3814

開栓初日(11/10)

常温でいただく。

上立ち香は、フワッと爽快な甘い香りと軽く練れた香り。口に含むと、やわらかい口当たりに溶け込むジュッとした程よく練れた甘旨みとフッとした酸に、ク~としたコクと薄らとした辛さが広がり、その後、ジュ~とした甘旨みの広がりをクゥ~と程よいコク苦みで引けていき、キッとしたアルコールの辛さでキレ。余韻は、軽い甘みと軽くアルコールのジンジン感。

お燗でいただく。

フッワッとした甘旨みと酸にクッとしたコクと爽快感が広がり、その後、フワ~とした甘旨みをス~フ~としたコクと爽快感で引けていき、クッとした辛さでキレ。余韻は、フワ~とした甘旨みとアルコールの爽快感。

12/20

常温でいただく。

やわらかい口当たりに溶け込むやわらかな甘旨みとフッと優しい酸に程よくクッとしたコクが広がり、その後、フ~とした甘旨酸の味わいをク~としたコクと軽いアルコールの辛さで引けていき、甘みを残しつつキッとした軽いアルコール感でキレ。余韻は、やわらかな甘みとアルコールのジンジン感。

初日とさほど変わらず。

お燗でいただく。

やわらかな甘みにフッとした旨みと酸に軽くクッとしたコクと爽快感が広がり、その後、フッとした甘旨みを爽快なス~とした酸とク~としたコク&爽快感で引けていき、キッとしたコク辛さでキレ。余韻は、ふんわりしたコクとアルコールの爽快感。

 

やわらかな甘旨みとアルコール感のあまりない普通酒。

普通酒らしい味わいですが、甘みだけでなく旨みも感じるし、雑味もなく、かといってペカペカ濾過感もあまりなく、アルコール感も少なめ。

普通酒にしてはなかなかの味わいかと。

開けて常温放置していてもダレないところも、デイリー酒として頼もしい。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

臥龍梅 純米吟醸五百万石 生貯原酒

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

「臥龍梅 純米吟醸五百万石 生貯原酒」

三和酒造

Dscn3819

Dscn3820

使用米:富山県産五百万石

精米歩合:55%

日本酒度:+3

酸度:1.5

アルコール度数:16度以上17度未満

製造年月:22年11月

杜氏:菅原富男(南部杜氏)

値段:1升2,730円(税込)

感想

Dscn3821

開栓初日(11/16)

常温でいただく。

上立ち香は、フワ~としっとりした甘い香り。口に含むと、やわらかい口当たりに溶け込むやわらかでジュワ~とした甘みとフッとした酸に、やわらかで程よい旨みがクッとしたコクと共にフォ~ンとふくらみ、その後、フワ~ンと軽快な旨みとジュ~とした甘みのふくらみをフ~とした酸&ス~としたコクと微かな苦みの爽快感でフッと引けていき、キッとした辛さでキレ。余韻は、フッとした甘旨みと軽い苦辛さの爽快感。

ジュワッとしたふくらみとキレていく流れの一体感は正直ない感じ。

生で引っ張りすぎたような印象を素人ながら感じますが、どうなんでしょ?

キレはいいが薄ら火入れ感を感じるし、今後の変化に期待。

12/12

常温でいただく。

やわらかい&薄らトロリと感じるような口当たりに溶け込む薄らトロリとした程よい甘みと旨みにジュッとした酸と軽い苦コクが広がり、その後、ジュ~とした甘旨酸のふくらみを残しつつフ~とした酸とス~とした軽い苦コクでフェードアウトしていき、キッとした苦コクでキレ。余韻は、ふんわりした甘旨みとク~とした苦みの爽快感。

初日によりもふっくらし、一体感もあって火入れ感も消失。美味い。

 

程よくジュッとした甘旨酸に心地よいふくらみとキレのあるお酒。

水に米の旨味と甘みのエキスが溶け込んだ感じです。甘みと旨みのバランスがいいので、飽きずに飲める。

お燗にしてもふっくら&キリッとした旨味とキレも楽しめて意外でしたね。吟醸系のお燗でも、こういう甘み優位にならないこういうお酒ならお燗もいい感じ。

開けたてよりも日が経ってのエアリー飲みにすると、「臥龍梅」!という美味しさが現れますね。

昨年の試飲会では個人的にはイマイチな評価でしたが、そのきき酒会の日に敢えて買って帰ったのだから何かに引っかかったんだろうけど、帰りはホロ酔いだったし、何に惹かれて買って帰ったかは覚えてないです(苦笑)

 

今年も試飲会があったら、スカウト能力と言いますか、開栓後の千里眼評価もできるようになりたいですなぁ。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

遊穂 純米吟醸55 無ろ過生原酒 山田錦・玉栄

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

「遊穂 純米吟醸55 無ろ過生原酒 山田錦・玉栄」

御祖酒造

20101119003

20101119004

使用米:(麹)山田錦(掛)玉栄

精米歩合:55%

日本酒度:+4

酸度:1.8

アルコール度数:18.5度

製造年月:22年6月

杜氏:横道俊昭(能登杜氏)

値段:1升2,900円(税込)

感想

20101119006

開栓初日(11/18)

冷やしていただく。

上立ち香は、スワ~ンと爽快な甘みと酸を感じる香り。口に含むと、フッと心地よい爽快な口当たりでジュッ!とした甘みと酸に、グ~ンと程よく丸いボリューム感ある旨みがシュッとした心地よい渋コクと共にふくらみ、その後、ジュ~とした甘旨酸とシュ~とした爽快感あるふくらみをス~とした酸とシュ~とした心地よい渋みとミネラル感で引けていき、シュッとした渋苦辛さでキレ。余韻は、ふんわりした甘旨酸と心地よい爽快感。

美味い!

この時期でもピチピチで、ロリ半可通でも今が飲み頃と感じるジューシー&ピチピチ感。

いい感じの米の旨味感&にスッキリした酸&甘みのバランス♪

12/6

冷やしていただく。

瑞々しい口当たりに溶け込むジュッとした爽快な甘みと酸に、程よい弾力感のある丸い旨みとクッとしたドライなコクが広がり、その後、ジュ~とした甘旨酸のふくらみをスィ~とした酸とキ~としたややドライなコクでフェードアウトしていき、キッとした軽いドライ感と辛さでキレ。余韻は、ふんわりした甘旨みとスッキリした酸に爽快感。

初日よりも、エアリーでふんわり&より爽やかな甘酸っぱさになった。美味い!

 

爽やかな甘酸っぱさに程よい弾力感のある丸い旨味が味わえるお酒。

開けたてでもピチピチジューシーで美味いですが、日が経ってエアリーになったお酒はホント絶品の美味さ!

これはじっくり飲むべきお酒ですね。

透明感を感じるような爽やかな甘酸っぱさと丸い旨味に、キレまでの流れ&一体感が素晴らしい。

ジャンルで言えば食中酒なんだろうけど、甘みもあってジューシーだし飲みごたえもしっかりあるので、お酒単独でも充分いける。

お燗も試しましたが、ふんわりした甘旨酸がスッと苦みでキレる感じで、フッときてスキッ(キレ)みたいなアップダウンが半可通的にはちょっときつく、温度帯は冷酒かやや冷えが好みでした。

これの火入れ版も飲んでみたいぜよ。

 

「遊穂」の生原酒は、出荷時だとボリュームある旨味と元気一杯のピチピチ感が半可通には少々重たく感じるけど、この位の時期だと程よいピチピチ感とまろやかボリューミーで疲れずに飲める♪

段々とロリ体質解消してきているな、こりゃ。 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2010 参加したイベント | 2010 蔵見学&蔵拝見 | 2010 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2011 参加したイベント | 2011 蔵見学&蔵拝見 | 2011 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2012 参加したイベント | 2012 蔵見学&蔵拝見 | 2012 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2013 参加したイベント | 2013 蔵見学&蔵拝見 | 2013 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2014 参加したイベント | 2014 蔵見学&蔵拝見 | 2014 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2015 参加したイベント | 2015 飲んだ日本酒(リキュール含む) | グルメ・クッキング | 三重県のお酒 | 京都府のお酒 | 佐賀県のお酒 | 兵庫県のお酒 | 和歌山県のお酒 | 埼玉県のお酒 | 外飲み | 大阪府のお酒 | 奈良県のお酒 | 宮城県のお酒 | 富山県のお酒 | 山口県のお酒 | 山形県のお酒 | 岐阜県のお酒 | 岡山県のお酒 | 岩手県のお酒 | 島根県のお酒 | 広島県のお酒 | 徳島県のお酒 | 愛媛県のお酒 | 愛知県のお酒 | 新潟県のお酒 | 日本酒 | 日本酒イベント情報 | 日記・コラム・つぶやき | 東京都のお酒 | 栃木県のお酒 | 滋賀県のお酒 | 石川県のお酒 | 神奈川県のお酒 | 福井県のお酒 | 福岡県のお酒 | 福島県のお酒 | 秋田県のお酒 | 群馬県のお酒 | 茨城県のお酒 | 読書 | 酒造組合 | 長野県のお酒 | 青森県のお酒 | 静岡県のお酒 | 香川県のお酒 | 高知県のお酒 | 鳥取県のお酒