« 「美酒王国秋田 秋田の酒を楽しむ会 2011」のお知らせ | トップページ | 「地酒祭り 初夏の陣2011」のお知らせ »

2011年1月18日 (火)

臥龍梅 純米吟醸五百万石 生貯原酒

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

「臥龍梅 純米吟醸五百万石 生貯原酒」

三和酒造

Dscn3819

Dscn3820

使用米:富山県産五百万石

精米歩合:55%

日本酒度:+3

酸度:1.5

アルコール度数:16度以上17度未満

製造年月:22年11月

杜氏:菅原富男(南部杜氏)

値段:1升2,730円(税込)

感想

Dscn3821

開栓初日(11/16)

常温でいただく。

上立ち香は、フワ~としっとりした甘い香り。口に含むと、やわらかい口当たりに溶け込むやわらかでジュワ~とした甘みとフッとした酸に、やわらかで程よい旨みがクッとしたコクと共にフォ~ンとふくらみ、その後、フワ~ンと軽快な旨みとジュ~とした甘みのふくらみをフ~とした酸&ス~としたコクと微かな苦みの爽快感でフッと引けていき、キッとした辛さでキレ。余韻は、フッとした甘旨みと軽い苦辛さの爽快感。

ジュワッとしたふくらみとキレていく流れの一体感は正直ない感じ。

生で引っ張りすぎたような印象を素人ながら感じますが、どうなんでしょ?

キレはいいが薄ら火入れ感を感じるし、今後の変化に期待。

12/12

常温でいただく。

やわらかい&薄らトロリと感じるような口当たりに溶け込む薄らトロリとした程よい甘みと旨みにジュッとした酸と軽い苦コクが広がり、その後、ジュ~とした甘旨酸のふくらみを残しつつフ~とした酸とス~とした軽い苦コクでフェードアウトしていき、キッとした苦コクでキレ。余韻は、ふんわりした甘旨みとク~とした苦みの爽快感。

初日によりもふっくらし、一体感もあって火入れ感も消失。美味い。

 

程よくジュッとした甘旨酸に心地よいふくらみとキレのあるお酒。

水に米の旨味と甘みのエキスが溶け込んだ感じです。甘みと旨みのバランスがいいので、飽きずに飲める。

お燗にしてもふっくら&キリッとした旨味とキレも楽しめて意外でしたね。吟醸系のお燗でも、こういう甘み優位にならないこういうお酒ならお燗もいい感じ。

開けたてよりも日が経ってのエアリー飲みにすると、「臥龍梅」!という美味しさが現れますね。

昨年の試飲会では個人的にはイマイチな評価でしたが、そのきき酒会の日に敢えて買って帰ったのだから何かに引っかかったんだろうけど、帰りはホロ酔いだったし、何に惹かれて買って帰ったかは覚えてないです(苦笑)

 

今年も試飲会があったら、スカウト能力と言いますか、開栓後の千里眼評価もできるようになりたいですなぁ。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 「美酒王国秋田 秋田の酒を楽しむ会 2011」のお知らせ | トップページ | 「地酒祭り 初夏の陣2011」のお知らせ »

2010 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

静岡県のお酒」カテゴリの記事

コメント

昨日は、しぞーか2トップが大活躍でしたね。
天皇杯で脅威だった岡崎もですが、私はやはり前田イチオシです。
今後、高いレベルの相手の時、国民に見せ付けてもらいたい(^^v

五百万石袋雫は、四月くらいに開けようと考えてます。
開運の新シリーズも楽しみ(^^v

投稿: トール | 2011年1月18日 (火) 10時10分

トールさん

前田はやっぱり巧いですね。
それと岡崎のトラップからのターンは正直驚いた。あんなことが出来る選手だったとは(苦笑)

>開運の新シリーズ
色々でるのですか?特純クラスの雄町が出るのは某酒屋さんのブログで見ましたが…。

投稿: 半可通 | 2011年1月18日 (火) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/37854703

この記事へのトラックバック一覧です: 臥龍梅 純米吟醸五百万石 生貯原酒:

« 「美酒王国秋田 秋田の酒を楽しむ会 2011」のお知らせ | トップページ | 「地酒祭り 初夏の陣2011」のお知らせ »