« 「酒菜家」で現在自宅警備さん達と外飲み | トップページ | 三芳菊 壱 Revision2 »

2011年2月27日 (日)

清酒竹鶴 純米

武蔵関の酒屋さんで購入したお酒。

購入時に店主奥さんから「開けたてをお燗で飲むと若いかも」とアドバイスをいただく。最近このお酒が売れているので、以前ほど蔵での熟成期間が取れないらしい。

「清酒竹鶴 純米」

竹鶴酒造

Dscn3841

アルコール度数:15度以上16度未満

製造年月:22年11月

値段:1升2100円(税込)

感想

Dscn3846

開栓初日(11/24)

常温でいただく。

上立ち香は、フ~と食を誘うスッキリした甘い香りと酸を感じる香り。口に含むと、やわらかい口当たりに溶け込むスッと爽快な酸とスッキリした甘みに、ジュウ~とした程よく練れた旨みと軽く爽快な渋みが広がり、その後、フワ~とした甘旨みのふくらみをスキ~とした酸と渋コク辛さで引けていき、スキッとした渋辛さでキレ。

常温(冷や)でも確かに若い感じですね。

お燗でいただく。

フッと軽快な甘みとジュッとした酸に程よくク~とした旨みとコクがキュ~と収斂するような軽い渋みと共に広がり、その後、フ~とした旨酸のふくらみ&渋みの爽快感をス~とした酸とク~とした渋みで引けていき、クッとした爽快感でキレ。余韻は、薄らとした旨みと酸に渋みの爽快感。

アチチから45度くらいにすると程よく味ジュワ&軽快な渋みで、これはこれで悪くない。

まぁとは言っても、味ジュワジュワで飲みたいのが本音なので、放置決定!

1/16

常温でいただく。

フッとやわらかな口当たりに溶け込むフッとしたやわらかな甘みとフワッとした旨みに、スッと爽快な酸とクィ~とした締まったコクが広がり、その後、フワッとした甘旨酸のふくらみをスィ~とした酸とクィ~としたコクで引けていき、スッとしたコク辛さでキレ。余韻は、ふんわりした旨酸と軽いコクの爽快感。

初日よりも渋みが取れ、ふんわり旨みが出た。

お燗でいただく。

フッと爽快な酸とスッキリした甘みにク~と締まった旨みとスキ~と爽快なコクがフッと広がり、その後、スキ~とした爽快な酸とコクで引けていき、スキッとしたコク辛さと軽い渋みでキレ。余韻は、ふんわりした甘旨酸と爽快感。

美味い。

 

フッとした甘みと食中向きの酸に、締まった旨味とキレのあるお燗向きのお酒。

硬さが取れると、お値段以上の味わい♪

程よい甘みもあって、食べ物なしでは飲めない食中酒とは違いますね。

味的には以前飲んだ時ほどの味ノリノリ感みたいのは感じませんが、その分キュッと締まった味わいなので、肴は色々合わせやすいのかも。

それにしても、このキレの強すぎず、でもスパッとキレていていくキレ感は、さすが「竹鶴」って感じ♪

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 「酒菜家」で現在自宅警備さん達と外飲み | トップページ | 三芳菊 壱 Revision2 »

2010 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

広島県のお酒」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

>食中酒
金紋錦おりがらみ、日が経つと飲めるようになりましたが、
現在のコンディションが最良なんじゃ? との懸念が拭えません。

竹鶴みたいな、約束された未来は見えじ(^^;

投稿: トール | 2011年2月27日 (日) 18時23分

トールさん

>金紋錦おりがら
人柱となり、限界まで引っ張ってください(笑)

投稿: 半可通 | 2011年2月28日 (月) 09時12分

>人柱
もう飲み終わりましたよ。
ピンだと「ふーん」
メシと合わせると「ほーう」
って印象。

>限界
これから風の森が四本入るので、ぎりぎりのオペレーションdeath

投稿: トール | 2011年2月28日 (月) 10時08分

トールさん

もう飲んじゃったんですね(苦笑)

飯と合うにごりかぁ~。
にごり系は飲みたいのですが、最近の気分的には甘々にごりを欲しているので、今期はスルーですな。

>風の森が四本
何も一遍に買って飲まんでもいいのに…。

投稿: 半可通 | 2011年2月28日 (月) 19時24分

偶然ですが今うちでもこれが開栓しています。竹鶴は初めてで正直わからないのですが、22年4月製造だったので「結構経ってんなぁ、でも竹鶴ならむしろいいか」と思い買いました。お燗がおいしいです。自分はCPに優れた酒に目がないです。最近、生酒の常温放置やお燗に目覚め、何本も同時多発的に開いていて始末に負えません。

投稿: koga | 2011年2月28日 (月) 20時30分

kogaさん

竹鶴なら製造年月日なんてまぁいいかって、感じになりますよね(苦笑)

>生酒の常温放置
生酒の常温放置までいくと、かなり深い趣味の世界ってかんじですね…。
まぁ私も家で開いているお酒8本の内、山廃or生もとが5本とタイミング的に多少マニアックになっています(苦笑)

投稿: 半可通 | 2011年2月28日 (月) 22時58分

>甘々にごり
町田酒造の上澄みを飲み過ぎて、濁り方が酷くなった反省を生かし、
上澄みを飲み過ぎた七田と混ぜたら、とてもいい按配に(^^v

>何も一遍に
今宵、秋津穂が終わります。
久々の雄町対決が楽しみ(^^v

投稿: トール | 2011年3月 1日 (火) 21時25分

トールさん

未だに意図してブレンドしたことないです。
酔っ払って別のお酒を足したことはありますが(苦笑)

>雄町対決
60、80対決?

投稿: 半可通 | 2011年3月 1日 (火) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/37854762

この記事へのトラックバック一覧です: 清酒竹鶴 純米:

« 「酒菜家」で現在自宅警備さん達と外飲み | トップページ | 三芳菊 壱 Revision2 »