« 杉並木 純米酒 発泡にごり生酒 | トップページ | 水尾 特別純米酒 ひやおろし »

2011年3月13日 (日)

昼酒バンザイ! 春らしく呑む

半可通のお休みが、ちょうどうちの子の幼稚園の保護者会と同じ日。

この時期になると幼稚園は午前中で終り。保護者会はその後の13時半からなのですが、保護者会中子供達は園内で遊んでOKなので、特別用事がない子供以外はほとんど来るみたいです。

近所の方は一度お家に帰ってお昼ご飯を食べてからまた登園しますが、近くない人達は園近くの公園に集まってお昼ご飯を食べて、そこで時間つぶしもするみたいで、半可通の家は園に近くないので当然公園組。

送りは半可通がしますが、お迎え&保護者会は嫁に任せるということで、半可通昼飯フリーダム!!ザッツワナワーナウ!(ジミヘンカタカナ英語)

昼酒となりゃ、当然あそこへ・・・。

千駄木にある「稲毛屋」さん。

Dscn4215

Dscn4217

ここまで来ることもないのですが、普段飲めないお酒を色々飲みたい、美味い肴、値段を考えるとここになっちゃいますね。

しかもここがメインでお出かけしたので、入店も開店直後という気合の入り様(苦笑)

ガラガラ~と戸を開け、カウンター席の端っこにドスンと座る(端っこ大好き)

壁に張られていた「本日のにごり1杯200円(お一人様1杯限り)」が目についたので、店員さんに「お昼からでもあれ(にごり)頼めますか?」と聞くと「大丈夫ですよ」とのこと。

んじゃあ、まずはそのにごりに、肴はこれまた目の前に張られていた「菜の花の辛子和え」も注文。

本日のにごりは「羽根屋」でした。

「羽根屋 にごり酒」をいただく。

Dscn4218

ドロドロではなくトロリとしたにごりで、にごり酒好き向きっぽい甘旨みにカッとしたアルコールっぽい辛さでキレ。

多少にごりの味わいが田舎風味って感じで、好きな人は好きそうなにごり酒。

「昆布を炊いた感じのお通し」

Dscn4219

「菜の花の辛子和え」

Dscn4220

チョビッという量ではないので、これだけで2杯は余裕でいける。

菜の花好きの半可通には、ちょうどよい茹で加減と辛子具合。美味いです♪

スルッとにごりを飲んだら、お次は半可通的ここでの定番酒の「而今」を注文。それと焼き鳥のレバーとつくねも注文。

すると「而今は八反錦と五百万石純吟がありますが、どちらにしますか?」と2瓶持ってきてくれました。

それなら八反錦でしょ!と、「而今 純米吟醸八反錦無濾過生」をいただく。

Dscn4221

適度に締まりつつ、艶っぽいジューシーな甘旨酸がふんわりふくらみ、そのフワ~をフッとキレ。

やっぱり美味い!

甘旨酸のバランス感にふくらみと余韻はさすが。ふくらみから微かに艶っぽさを残しつつキレていく流れは、ホント凄い。

こんなお酒を常飲してたら、舌のハードル上がりすぎておかしくなりそう(苦笑)

生でも充分美味いですが、これの火入れはさらに良さげな予感。

「レバーとつくねのタレ」

Dscn4222

両方共やわらか。丁寧に焼かれている感じ♪

お次はあれを飲んでみようと「貴」を注文。

「貴 純米吟醸雄町50 中取りおりがらみ」をいただく。

Dscn4223

ここへ来る前に池袋東武でこのお酒を売っていたのを見ていたので、もしかしたら・・・と多少期待して「貴」を頼んでみたら大当たり。とってもラッキーマン♪

シュ~と心地よい爽快感ある口当たりで、爽快な甘みと酸に上品でやわらかな旨味感でフッとふくらみ、スッとキレ。

適度な爽快感とオリの旨味具合が良いバランス。キレの心地良さもいいですね。

心地よい若さと上品感に、キレも相まってスイスイ飲んでしまうお酒。これの味ノリ版も飲んでみたい。

さぁそろそろ最後のお酒にしましょうかねと、スルッと飲めそうな「寶剣」を注文。それと〆に親子丼。この日、表に張ってある定食以外にも、通常のランチメニューがあることに初めて気づきました。

いつもお酒メニューばかり見て、食べ物のメニューをあまり見ていなかったので(苦笑)

「寶剣 純米吟醸 廣島魂心の一滴生酒」をいただく。

Dscn4224

フワッと軽やかだが物足りなさのない透明感ある上品な甘酸に、上品でキュ~と締まった旨みがフワワ~ンとふくらみ、シュ~とキレ。

うわっ、美味い!

半可通が勝手に思い込んでいるだけかもしれませんが、広島吟醸系によくある、やわらかな薄ら甘さとキレだけしかないみたいなタイプではないですね。

ああいう甘みとキレ優位で、中間を感じないような味わいの山が低いタイプは好きではないのですが、このお酒はやわらかでキュッと締まった旨味とキレがあって半可通好み。

フッと穏やかな吟醸香とやわらかな甘みは広島吟醸っぽいですが、そこに締まった米の旨味感とスッとしたキレ感は「寶剣」の特徴なのかな?

透明感は感じますが、酸度はあまり高くない印象。若いのに渋いお酒を造る杜氏さんですね。

透明感ある味わいで、スルスル飲めてこれは好きだわ。

「而今」と「寶剣」は、ここでの定番酒になりそう。

そして〆の「親子丼」

Dscn4225

甘く味付けされた椎茸や筍が入っている親子丼でした。筍はいいのですが、食べ盛り期間延長中のオッサン半可通には椎茸よりも「モアー肉っ!」て感じなので、次は鳥カツ丼か鰻だな!って感じです。

 

んで、1時間滞在し、これだけ飲み食いして3,110円。

電車賃や時間かかっても、そりゃ「稲毛屋」さんへ行っちゃいますね。

ご馳走様でした!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 杉並木 純米酒 発泡にごり生酒 | トップページ | 水尾 特別純米酒 ひやおろし »

外飲み」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

>中間を感じないような味わいの山が低い
春盃は違うけど、貴は味わいのフリーフォールですね。
最近、ようやく貴の使用法が分かりました。
勘がにぶいな(^^;

投稿: トール | 2011年3月13日 (日) 11時59分

誘ってくださいよ~(。>0<。)

by自宅警備員

投稿: ma | 2011年3月13日 (日) 18時01分

トールさん

味わいのフリーフォールですか?
よくわからないっす(苦笑)

投稿: 半可通 | 2011年3月13日 (日) 18時23分

自宅警備員さん

是非一緒に!って感じですが、自宅警備員さんと昼酒となると、マニアックな日本酒を揃えた蕎麦屋さんへ連れて行かれそうで、それは心配(笑)

投稿: 半可通 | 2011年3月13日 (日) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/39186000

この記事へのトラックバック一覧です: 昼酒バンザイ! 春らしく呑む:

« 杉並木 純米酒 発泡にごり生酒 | トップページ | 水尾 特別純米酒 ひやおろし »