« 「2011 日本酒フェア」のお知らせ | トップページ | 栗林酒造 純米吟醸 第8号 美山錦火入れ »

2011年4月25日 (月)

新政 特別純米酒六號 初しぼり生原酒

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

試飲して美味しかったので、購入しました。

「新政 特別純米酒六號 初しぼり生原酒」

新政酒造 

Dscn4178

Dscn4179

使用米:秋田県産米

精米歩合:60%

アルコール度数:16度

製造年月:2010年12月

値段:1升2,625円(税込)

感想

Dscn4180

開栓初日(2/17)

冷やしていただく。

上立ち香は、フワ~ンとマスカットのような甘い香り。

口に含むと、フッとやわらかな口当たりに溶け込む瑞々しくジューシーな甘みと酸に、程よくギュッと締まった旨みとコクがフッとふくらみ、その後、瑞々しくジュ~とした甘酸っぱさをキュ~とした渋みとコクで引けていき、キッとした苦辛さでキレ。

余韻は、ほんのりした甘旨みと苦辛さの爽快感。

美味い。

3/7

冷やしていただく。

やわらか~い口当たりに溶け込むマスカットのようなスッキリしつつジューシーな甘みと酸に、程よくジュ~とした旨みとクィ~としたコクがフッとふくらみ、その後、スッキリしつつジュ~とした甘旨酸をスィ~と爽快な酸とクィ~としたコク辛さでフェードアウトしていき、キッとした辛さでキレ。

余韻は、ほんのりマスカットっぽい甘酸っぱさと心地よい辛さの爽快感。

初日よりも硬さが取れたが、あまり変わらず。

スッキリジューシーな甘酸っぱさとキレのバランスが良い万人にうけるお酒。

ブドウのような甘酸っぱさ&香りに、余韻の感じが日本酒っぽくないし、甘みもしつこくなくサラッてしているし、キレも良いのでスイスイ飲んでしまう。

6号系のお酒ってキュッキリッとした味わいや、今時風のお酒に比べたらいい意味でクラシックな感じの食中向きというお酒が多いと感じていましたが、元祖のここはそういう感じでもクラシックな味わいでもないですね。

寧ろ、新しさを感じるお酒。

まぁキレ感は6号系って感じのキレですが。

香りや甘みの感じは違いますが、(造りのことはよく知らないのでイメージだけで書きます)設計というか着地点的な部分が、ふと「三芳菊」を思い出させるニュータイプ。

アムロとララァだ。

専務さんのキャリヤも含めて、注目されるのは当然だわね!という味わい。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 「2011 日本酒フェア」のお知らせ | トップページ | 栗林酒造 純米吟醸 第8号 美山錦火入れ »

2011 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

秋田県のお酒」カテゴリの記事

コメント

六号酵母のみで、多彩なバリエーションを創出し続けているのが脱帽です。

初しぼりは、冷やでも温度帯によってアラも目立ちましたが、
純吟クラスだともう唸るしか出来ませんでした。
美郷錦も飲んでみたいっス。

投稿: トール | 2011年4月26日 (火) 10時04分

トールさん

面白いお酒を色々出すし、今後が楽しみです。
まぁ光が丘には問屋さんのしか入荷しないので、色々と飲む機会はなさそうですが。

投稿: 半可通 | 2011年4月26日 (火) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/38912494

この記事へのトラックバック一覧です: 新政 特別純米酒六號 初しぼり生原酒:

« 「2011 日本酒フェア」のお知らせ | トップページ | 栗林酒造 純米吟醸 第8号 美山錦火入れ »