« どぶろっく 純米活性にごり酒 | トップページ | livedoor HOMME »

2011年4月30日 (土)

昼酒バンザイ! 酒の探求/メンチの誘惑「稲毛屋」

フィギュアを持っていそうとか、秋葉原にいそうという容姿の半可通ですが、「えっ!そんな趣味もあったの!?」という見た目とのギャップでモテ男(はーと)になる為に美術館なんぞに行ってみました。

向かった先は、レンブラントの企画展を開催中の「国立西洋美術館」。

Dscn4314

絵画はあまりなく、版画メインの展示でした。同じ版でも和紙やヴェラムなどの用紙違いで風合いの差があり、結構楽しめましたね。

そんな企画展のチケットで常設展もみれるのですが、ハシゴすると腰が痛くなるのを何度も経験しているので、今回はパス。

モテ男修行を終えたら、上野から西日暮里へ移動です。

向かった先は、「稲毛屋」

Dscn4315

Dscn4316たまには逆側からパチリ

ガラガラ~と入店し、案内されたのはカウンターの一番端っこ。

わ~い、端っこ大好き!

前回もそうでしたが、開店直後に入店すると端っこに座れますね。まぁ、当たり前か(苦笑)

最初の一杯目は、「而今」と決めていましたのでお酒はそれでいいとして、肴は・・・目の前に張られた秋田から直送と書かれている「かんぞうのおひたし」だなと、その2つを注文。

今日の「而今」はなんだろうなぁ~とワクワクしていると、これでした。

Dscn4318

わーい、「而今 純米吟醸雄町無濾過生」だ!

いただきます。

艶と華やかなのあるジューシーな甘酸に、厚みありつつギュッとした旨みが上品にふくらみ、ス~とキレ。

美味い!

雄町らしい旨味があるのですが、旨味の割に穀物感なども上品で、ボリュームありつつ、とてもバランスのとれた味わい。このキレと余韻も素晴らしい。

硬さもないし、飲めて幸せ♪

これだけで大瓶1本は飲めそうなお通し。

Dscn4320

店主のお母さん?っぽい人から「むらさきはかかってますので」と運ばれてきた「かんぞうのおひたし」。

Dscn4319

あの位の世代の人からむらさきって言われると、粋って感じです♪

んでは、いただきます。

キュッキュッとした歯ごたえで、噛むと旨味がジワッ。

これ、好きだわ~。

副菜として、いつも並べて欲しい肴。

「而今」を飲み干し、次はどうするかな・・・。

そういえば、前回日替わり日本酒1杯250円というのを昼でも飲めることを思い出す。

店員さんを呼び、日替わり日本酒を注文。

「今日はふくむすめですが、よろしいですか?」と聞かれる。

ふくむすめ?

広島あたりのお酒だっけ?と思いながらも、この店で不味いお酒が出てくるわけでもないだろうしと、即「大丈夫で~す」と返答。

ついでに「牡蠣の佃煮」も注文。

しばらくすると、「今日の日替わりの長陽福娘です」とお酒がきた。

Dscn4321

ふくむすめは「長陽福娘」だったのですね。

ふくむすめという音だけで聞くと「富久娘」「福娘」的なのをイメージしてましたよ。

「長陽福娘 山廃仕込純米無ろ過生原酒 限定直汲み」をいただく。

フワッとした甘い香りで、程よい弾力感ある旨味にジューシーさがあります。山廃って感じの酸とキレはありますが、肴なしでもいける山廃のお酒ですね。旨味たっぷりで、外で1杯にちょうど良い♪

「牡蠣の佃煮」

Dscn4322

美味っ!

牡蠣の旨味とタレの具合がいい感じ♪

牡蠣は好きですが、生牡蠣とか焼き牡蠣だと量は食べられないんですよね。でもカキフライとか、こういうのは止まらないです。

これはお燗酒だろっ!という肴。

んでは、次の日本酒を・・・。

Dscn4323

「寶剣 純米酒 魂心しぼりたて」をいただく(冷酒かよ!)

やわらかな口当たりに溶け込むやわらかな甘みとスッキリした酸に、グ~と伸びのある旨みとややクセのあるコクがふんわりふくらみ、スッとキレ。

山廃っぽいコク(オリの旨味?)とキレの良さがありますね。

前回飲んだ「純吟 魂心の一滴」に比べたら、当然透明感と上品さはありませんが、旨みしっかりでも控えめな濃さだし、このコクと酸ははまる感じ。

さてと、あまりお昼から飲みすぎるのも良くないなぁと、大好きな「鳥カツ丼」とオススメから「天遊琳」を注文。

Dscn4324

「天遊琳 手造り純米酒 春純」をいただく。

開けたてだからか、心地よい発泡感でスッキリした甘みとバナナ香に上品なオリの旨味がフッとふくらみ、スキッとキレる。

上品な味わいと心地よい発泡感のあるにごりですね。美味しいですが、最後に飲むべきおさけではないですね。頼む順番を間違えた(苦笑)

そして〆の「鳥カツ丼」。

Dscn4325

やっぱりデブは鰻のDHAよりも肉の脂と揚げ物の油を求めてしまうぜ!

完食しても、もう1杯食べられるなという美味しさ。でももうすぐ薄着の季節だし、ガマンガマン・・・。

さぁお会計。

これだけ飲んで食べて3千円ちょい。この値段でこの満足度は中々ないよなぁ~。

ご馳走様でした!

 

んで、テクテク駅の方へ歩いていましたが、途中いつも気になっていたサンドイッチ屋さんでついメンチカツサンドを購入。

Dscn4326

西日暮里の駅で半分いただく。

美味い。

しかも、男の子向きのボリューム♪

こりゃ「稲毛屋」で飲んで食べて、帰りにサンドイッチ屋でお土産購入は定番ルートになりそう♪

来月辺りに今度は写楽展へ行くので、また帰りに寄っちゃうぞ!

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« どぶろっく 純米活性にごり酒 | トップページ | livedoor HOMME »

外飲み」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

私も普段飲まないお酒のチョイスですね。
春霞の書き文字に反応しましたけど(^^;

これだけ日替わりで色々楽しめて、近くにあったら昼酒に嵌ること確実(^^;

投稿: トール | 2011年4月30日 (土) 11時19分

トールさん

春霞の桜花は光が丘で買うつもりなので、外飲みはスルー。
扱っている問屋の営業さんが言うのは、中々良いお酒みたいですよ。

>近くにあったら昼酒に嵌ること確実
燗酒用のお酒もいい感じの品揃えだし、完璧です。

投稿: 半可通 | 2011年4月30日 (土) 16時44分

なんて素敵なラインナップなんだ~( ゚д゚)ポカーン

しかも昼からなんて、うらやましすぎるじゃないか~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

投稿: 自宅警備員 | 2011年5月 1日 (日) 17時43分

自宅警備員さん

昼から美味しいお酒を堪能しちゃいました。

色々忙しい時期でしょうが、息抜きがてらに昼酒もいいですよ♪

投稿: 半可通 | 2011年5月 2日 (月) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/39797469

この記事へのトラックバック一覧です: 昼酒バンザイ! 酒の探求/メンチの誘惑「稲毛屋」:

« どぶろっく 純米活性にごり酒 | トップページ | livedoor HOMME »