« 初節句で直汲み「久礼」「町田酒造」 | トップページ | 「新世代栃木の酒 下野杜氏 新酒発表2011」に参加してきた »

2011年5月10日 (火)

立ち飲みバンザイ! 「折原商店」で角打ち

とある用事で門前仲町へ・・・。

昼間にこの辺をプラッと歩いていたら、店の入口で駄菓子が売っていながら、その横で立ち飲み客がいる酒屋さんを見つける。

店の中には入らなかったのですが、入り口には「真澄」の菰樽が置いてあるし、店内の冷蔵庫には日本酒らしい瓶がズラ~と並んでいるしで、こりゃ、用事が終わる夕方にでも寄ってみるか♪と思案。

んで、用事が終わったら即そこへ直行。

向かった先は「酒処 折原商店」

Dscn4408 昼間撮影

昼間よりもビールケーステーブルが店頭に並べられていて、何組かのカップル(年配から若人まで)が店頭&きれいな店内で立ち飲み中。

会話や服装などから予想すると、地元の人もいれば、深川不動尊か富岡八幡宮目当てで来たっぽい人などが飲んでいました。

そんなカップルだらけの立ち飲みスペースに、いつでもボッチの半可通が入店。

店の奥のレジで注文&お会計(キャッシュオンデリバリー)というシステム。

レジに置いてあるパウチされたお酒メニューを見てみたら、日本酒ばかり!

これは素晴らしい立ち飲み屋さんですな!

数枚のパウチの中から、限定っぽい扱いの「楯野川」3種の中から、「楯野川 出羽燦々純米大吟醸中取り」を注文。

会計し、注がれたお酒を持って空いているスペースに陣取る。

もう一度レジの方へいって、セルフのおでんコーナーから、がんも、大根、牛すじを取りお会計。

さぁ、お酒も肴も揃ったところでいただきまーす!

Dscn4409

「楯野川 出羽燦々純米大吟醸中取り」(110ml500円)を冷酒でいただく。

スッキリした甘みと出羽燦々らしいクッとした旨みが、フッスッとふんわりしつつスッキリふくらむ。

純大クラスでも厚みはそこそこあり、スッキリした香りでふくらみも程よい感じ。出羽燦々の山形吟醸って味わいですね。

関西寄りのおでん(どれでも1つ100円)に合います♪

当然おかわりです。

お燗酒もいくつかあり、その中から飲んでみたかった「春霞」をチョイス。

Dscn4410店名入りお猪口&徳利

これも110mlなのかな?

「春霞 山廃本醸造」(350円)をお燗でいただく。

フッとした甘みとスッキリした酸に、ク~とスッキリした旨みと軽いアルコール感とコクでキレ。

程よいコクとキレ感で、地元向けのお酒って感じですね。アル添感も本醸造にしては控えめなので、疲れずにダラダラ飲めそう。

んでは、おかわりですね。

お次は秋田&山廃つながりで「雪の茅舎」と、ついでに30歳位から好きになったポテトサラダ(250円)もいただく。

Dscn4411

「雪の茅舎 山廃純米酒」(400円)を冷酒でいただく。

ジュッとした甘酸に程よくギュ~とした旨みとコクにスキッとしたキレ。

冷えていると、酸が多少立ちますね。これは冷や(常温)で飲みたい感じ。

そろそろお開きでもいいのですが、ポテサラさんがまだ残っているのでもう1杯だけいただきますか。

せっかくだから、普段買えないお酒でも飲もうかな?と選んだのがこれ。

Dscn4412

「山猿 特別純米山廃仕込み」(450円)を冷酒でいただく。

山廃らしい酸とコクにジュッとした甘旨みが広がり、ジュッとした酸を残しつつフッとキレ。

ボリューム感のある旨味ですね。冷えていると多少火入れ感があるし、これも冷や(常温)で飲みたい感じ。

さぁてと、さすがに立ち飲みで飲み過ぎるのもよくないので、この辺でご馳走様でしたと退店。

 

店内はきれいだし、なかなか良いお店でした。

レジで会計している赤ら顔の立ち飲み客の後ろに、駄菓子を買うのに並ぶ子供という不思議な光景も見れますし(苦笑)

ツマミもお手頃価格で普通に美味しいし(褒め言葉)、お酒の方は酒屋価格のお酒もあるし、んっ!?と感じるお酒もありました。

お酒の大体の値段を知っていると、「田酒 特純」750円とか「豊盃 特純」650円は仕入れ値で出せる酒屋さんにしては高いだろっ!と感じるし、かといって「獺祭 三割九分」が750円は随分安いなぁ・・・といった具合。

定番のお酒に季節限定のお酒もあるみたいだし、昼間から飲めるし、また門前仲町に行ったら寄ること確実の立ち飲み屋さん。

ご馳走様でした!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 初節句で直汲み「久礼」「町田酒造」 | トップページ | 「新世代栃木の酒 下野杜氏 新酒発表2011」に参加してきた »

外飲み」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

門前仲町は不案内ですが、庶民的なお値段で佳いお酒が飲めるのですね。
酒屋か駄菓子屋かスタンドか、訳の分からない混沌っぷりも素敵(^^;

>純大クラスでも
楯野川は、すべて純大になりましたね。
雄町は継続するのかな?

投稿: トール | 2011年5月10日 (火) 14時24分

折原商店!
ここ行ってみたいです。
というか行きますw

投稿: godanism | 2011年5月10日 (火) 17時36分

トールさん

>混沌っぷり
案外行ってみると、カオス感はないです(苦笑)
子連れでもフラッと入れるきれいな店内&駄菓子は、いい所ついてるなって感じです。

投稿: 半可通 | 2011年5月10日 (火) 20時46分

godanismさん

良いお店でしたよ。
ぜひ行ってみてください!

それと、この店の並びにある(深川不動尊寄り)和菓子屋のきんつばもオススメです(笑)

投稿: 半可通 | 2011年5月10日 (火) 20時50分

自分は外飲みだと大体ビールになってしまいますね。日本酒揃ってるお店を知らないので…。
今度実家に帰る際は稲毛屋に寄りたいと思います。

それにしても田酒ちょっと高いですね。

投稿: ボリショイ荒川 | 2011年5月11日 (水) 03時38分

ボリショイ荒川さん

稲毛屋さんはいいですよ。
カウンター席があるので、一人飲みも余裕ですし。

>田酒
定価からしたら、値付けが高いですよね。
まぁ値段自体が高いわけではないので、頼む人もいるのでしょうが。

投稿: 半可通 | 2011年5月13日 (金) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/39924668

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち飲みバンザイ! 「折原商店」で角打ち:

« 初節句で直汲み「久礼」「町田酒造」 | トップページ | 「新世代栃木の酒 下野杜氏 新酒発表2011」に参加してきた »