« 「一般公開呑み切り 2011」のお知らせ | トップページ | 亀齢 辛口純米八拾生 »

2011年5月21日 (土)

お蔵拝見! 「南陽醸造」ついでに観光案内

梅雨入りする前にバイクでちょいとおでかけ。

半可通が所有するバイクは、吹けば飛ぶようなお手軽バイクな上に、搭乗者は重めという分母と分子のバランスが悪いので、高速に乗るのは非常に怖い。

ですので、いつでも下道が基本のおでかけです。

しかもバイクで多少の遠出するのは久しぶり。

というのも、昨年バイクで200キロ近く走った日のこと(この時)

体重オーバーも原因の一つでしょうが、なんせ吹けば飛ぶようなバイクなのでトルクが細くギアチェンジが多いせいもあって、帰り道から左の大腿裏と左のお尻が痛いなぁ・・・という状態でなんとか帰宅したのですが、次の日からお尻激痛。

まぁ筋肉痛だろなんて思っていたら、2週間経っても激痛治らず。

結局、数ヶ月激痛を我慢して生活していました。

この時はまともに歩けず、長時間座るのもしんどいし、寝ていても痛みで何度も起きるという最悪の状態でした。

腰は伸ばせないし、脚を引きずっているような歩き方で、まわりにも心配される日々(苦笑)

そんなのもあってバイクで多少の遠出は控えていました。

1年経って、たまに違和感はありますが左のお尻&大腿裏もそれなりになったので、久しぶりに多少の遠出をしてみようかなと。

行って帰って100キロちょいくらいで、どこかいいところないかなぁ~と探していると、片道60キロほどで、その途中にいい感じの温泉や一度行ってみたかった「さきたま古墳」のある蔵を見つける。

しかもそこのお酒が美味しいのは知っていますが、近くで扱っている酒屋さんを知らないから家飲みしたことないし、いい機会なのでそこに決定!

一人でおでかけするときの基本は、目的地orその途中で酒造があるか探すというあたり、日本酒ブロガーの鑑ですな!(自画自賛)

 

んで、当日。

笹目通りから17号、そして77号線をブーンと走り、まずは「さきたま古墳公園」に到着。

芝生が植えられていて気持ちの良い公園って感じですが、いたるところに古墳がドーン!

Dscn4476_2

二子山古墳

Dscn4477_2

稲荷山古墳

Dscn4478_2

将軍山古墳

Dscn4479_2

丸墓山古墳

他にも色々あります。

Dscn4480_2

そして「さきたま古墳群」には、こんな運動も・・・。

Dscn4481_2

現在登録されている日本の文化遺産に比べたら、どうなのよ?とは感じますが、まぁ頑張ってください。

そんなこんなで休憩がてらテクテク散策した後は、酒造へ向かって出発!

蔵の近くまで行くと、バーンと田園が見渡せます。

Dscn4492

Dscn4493

Dscn4494埼玉なんだぜ、ここ。

そんな道をブーンとすすみ、20分もかからず到着したのは、「花陽浴」で有名な「南陽醸造」

Dscn4484_2

通り沿いにある蔵なので、蔵の手前から煙突が見えました。

Dscn4483

Dscn4487

結構敷地は広そうですね。

そんな蔵の戸をガラガラ~と開けて、売店へ・・・。

売店内に入るだけで外よりもひんやりしていますが、そこに置いてあるお酒は全て冷蔵庫で冷やされているしっかりとした管理ぶり。

火入れのお酒まで冷蔵庫に入れている蔵って初めて見ましたよ。

そんな売店の隅には何故か甲冑も置いてありました。

せっかく来たので、季節物の「花陽浴」と「花陽浴」以外のお酒も購入。

まぁ「花陽浴」自体、近所で売っているところを知らないのですけどね(苦笑)

購入ついでに都内で扱っているところを聞いておく。

すると、意外と近くの酒屋さんで売っていることを知る。

わざわざ羽生まで「花陽浴」買いにくることなかった(苦笑)

一度その酒屋さんへ行きましたが、あったような、なかったような・・・って印象しかありません。

また今度行ってみよう。

 

それと、家について買った袋を開けたら、新聞紙にくるまれたお酒達と共に何も言わなくても保冷剤を入れてくれている親切ぶり!

こういうさりげなさに、造り&管理の丁寧さなどがうかがえますね。こんなことをしてくれる蔵のお酒が、不味い訳ないでしょ!って感じです。

 

保冷バッグに買ったお酒を入れて、その後向かった先は、群馬の県境にある「道の駅 はにゅう」で休憩。

Dscn4488

ひっきりなしに車がくるのでこんな写真しか撮れなかった・・・。

地元の野菜や養殖が盛んなのか金魚やメダカなど売っていました。

そこでお昼ご飯代わりに、なんとかケンミンショー?ケンミンショウ?という番組で取り上げられたという「いがまんじゅう」の3個入りパックを買ってみました。

何かで見たことあるまんじゅうですが、食べるのは初めて。

まんじゅうに、こんな感じで赤飯がのっている。

Dscn4489

横からみると、こう。

Dscn4490

1個売りの大きい「いがまんじゅう」は赤飯でくるまれていましたが、小ぶりの3個入り「いがまんじゅう」は赤飯が上に乗っているバージョン。

んでは、いただきます。

ガブッ。

断面図はこんな感じ。

Dscn4491

味は塩気のある赤飯だ、甘さ控えめのまんじゅうだと個々に主張はしますが、不思議とマッチして美味しい♪

食感も悪くないし、これ好きだわ。

エネルギーを補給したところで、来た道をブーンと戻り、さきたま古墳の近くにある温泉へ向かう・・・。

向かった先は、「行田湯本天然温泉 茂美の湯」

Dscn4497

宿泊施設(温泉療養)もあり、源泉かけ流しの重曹湯という素晴らしい温泉施設ですが、地方の大通り沿いらしい目立ってなんぼの派手な外観なので、入るのに「ここの温泉ホントにいいの?」という多少の躊躇はありました(苦笑)

結果的に700円払って日帰り入浴をしましたが、ここはかなり泉質が良いです♪

湯量豊富だし、湯の花も浮いているし、ホントお肌がツルツルになって地味にいつまでも体暖か。

久しぶりですね、ここまでいいお湯なのは。

施設的にはコジャレた今時の施設ではないのですが、お湯はホント素晴らしいので、また来たいと思わせる温泉施設です。

 

そんなツルツルボディで女子力アップ(はーと)した後は、熊谷バイパスから17号を通って帰路につく。

別に飛ばしたわけでもなく、バイクらしいペースで走ったら1時間ほどで家に着きました。

群馬の手前だから結構遠いイメージがありましたが、練馬区から往復で120キロちょいだし、下道でもこんな時間で帰って来れるのだから、また行く気満々です。

次回なお酒メインではなく、「いがまんじゅう」の名店&温泉を目的でもいいかもって位、「いがまんじゅう」と「茂美の湯」は気に入りました♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 「一般公開呑み切り 2011」のお知らせ | トップページ | 亀齢 辛口純米八拾生 »

2011 蔵見学&蔵拝見」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

おお。パパンがよく行く花陽浴ですね。

>結局、数ヶ月
って、そんな酷い状態だったとは(^^;
次は、中古で883を手に入れるしか・・・?
パパサンの言霊に期待(^^v

>さきたま古墳公園
前橋市の伊勢崎寄りにある大室公園に似てますね。
こちらは赤城山に近く丘陵が多いですが、のどかで心落ち着きます。

>いがまんじゅう
初めて見ました(^^;
パパンにも聞いてみます。

さて、仕事を放り出して、GWの代休&帰省っス(^^v

投稿: トール | 2011年5月21日 (土) 10時12分

トールさん

パパン好きそうなお酒ですもんね。
ご実家からあまり近くなさそうなのに、蔵直する行動範囲の広さは、さすが親子って感じです(笑)

>言霊
そんな振りはいらないです(苦笑)
いたずらや盗難の恐れのある人気バイクもいいですが、不人気バイクを所有している方が今の私向き♪

>いがまんじゅう
羽生や鴻巣あたりの食べ物らしいですよ。
ゼリーフライというのもこの辺で食べられるらしいので、その内食べに行くつもりです。

>代休&帰省
お~、酒浸りの日々ですな!
ごゆっくり♪

投稿: 半可通 | 2011年5月21日 (土) 18時38分

>行動範囲
帰省前に、新宿西口でがんばろう福島・会津フェアに寄って来ました。
会津の8蔵も参加してて、普段手に入らない花春大吟と名倉山純吟、
また会津産の野菜や物産をしこたま買い付けてみました。
すでに宮城酒9キロと秋田物産3キロほどを背負ってましたが、
そこに福引きで大和川酒造純吟4合を当ててやりましたよ(^^v
やはり、私には日本酒の神の加護があるでゲソね。
はっはっは!!

>ゼリーフライ
フライ&やきそばの親戚かしら?
よからぬ予感がひっしり(^^;

>酒浸りの日々
東北酒をしこたま送り付けた私を待ち構えていたのは、
酒屋八兵衛純大と志太泉純米ムナゲだった!!

投稿: トール | 2011年5月21日 (土) 22時33分

トールさん

>背負って
何かの使命感or業を背負っているとしか思えません…。

>福引き
松尾様のお導きでしょうな!

>ゼリーフライ
名前からイメージできる食べ物じゃないですよ(笑)
ホントのB級グルメって感じのものです。

>酒屋八兵衛純大
いいなぁ~。
今年、志太泉の開龍がウマウマです♪

東北酒はトールさんが帰宅後、あとで美味しくいただきました!っていうオチじゃ?(苦笑)

投稿: 半可通 | 2011年5月22日 (日) 09時33分

>使命感or業
最後にtgbの重量が加わるとは予期しませんでした(^^v
「佳き酔 歌磐梯」と言う北塩原産の五百万石と水で造られた、北塩原村PBです。

>ゼリーフライ
ググったら、如何なものか思い出しました。
ご一緒に、北埼玉名物「フライ」もどうぞ(^^v

>開龍
関戸で探してみます。

投稿: トール | 2011年5月22日 (日) 10時08分

トールさん

>佳き酔 歌磐梯
ググッても全然情報がないお酒ですね。現地でしか買えないような貴重なお酒で、羨ましい…。

>北塩原村
福島県なんだ。栃木県かと思ってた…。

>フライ
これはあまり惹かれません(苦笑)

投稿: 半可通 | 2011年5月22日 (日) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/40057722

この記事へのトラックバック一覧です: お蔵拝見! 「南陽醸造」ついでに観光案内:

« 「一般公開呑み切り 2011」のお知らせ | トップページ | 亀齢 辛口純米八拾生 »