« 開龍 朝比奈山田錦純米原酒 | トップページ | 新政 特別純米酒 六號 »

2011年6月25日 (土)

酒屋八兵衛 特別純米無濾過生原酒 上槽中直詰め

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

店長が日帰りで蔵見学に行った成果というべきお酒。

「酒屋八兵衛 特別純米無濾過生原酒 上槽中直詰め」

元坂酒造

Dscn4268

Dscn4269

Dscn4271

使用米:(麹)山田錦(掛)五百万石

精米歩合:60%

日本酒度:+5

酸度:1.7

アミノ酸度:1.6

アルコール度数:17度以上18度未満

製造年月:23年2月

値段:1升2,800円(税込)

感想

Dscn4272

開栓初日(4/4)

冷やしていただく。

上立ち香は、フワ~と軽やか&上品で爽快感ある香り。

口に含むと、フッワッとやわらかな甘みと上品且つ程よい厚みのある旨味に、スッとスッキリした酸とスッとしたコク&微かな渋みがフワッとふくらみ、その後、そのふくらみを微かにフ~とした甘みを残しつつス~とした酸とス~とした微かな渋みでフェードアウトしていき、スッとキレ。

余韻は、ふんわりした上品な旨みと心地よい爽快感。

美味い。

5/2

冷やしていただく。

フッとした口当たりでスッとした酸とジュッとした上品な甘みに、きれいながらもグ~とした旨みとクィ~としたややドライなコクがふくらみ、その後、フッとした甘みとグ~とした旨みとコクのふくらみを、ス~とした酸とクィ~としたコクでフェードアウトしていき、キッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フ~としたコクと軽く辛さの爽快感。

初日よりも、エアリーで旨みありつつ、上品さが増した。

 

軽やかな甘みと酸に上品ながらも八兵衛らしい旨味とキレのあるお酒。

開けて2週間くらい経つとピチピチ感が抜けてきて、さらにふんわりワンランク上の味わいになりました。

やや冷えくらいで飲むと、ブドウのような甘酸っぱさにキッチリした旨味とスッキリしたキレが楽しめ、ウマウマ♪

ふくらみからシュ~とキレていく流れと、旨味キッチリだしつつ、このきれいな味わいはさすがって感じです。 

ちなみにこの特純生は通常のお酒とはちょいと違うらしく、試験醸造なのか、新商品なのか知りませんが、八兵衛向きって感じの味と香り。これの加水火入れも飲んでみたいですね。

 

ちなみにとある筋からの情報だと、こちらの蔵の生酒は冷やして飲むのではなく、お燗推奨みたいです。

その話をうかがった時にお燗のつけ方も習ったので、また一歩自分の日本力が上がっちゃいました(笑)

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 開龍 朝比奈山田錦純米原酒 | トップページ | 新政 特別純米酒 六號 »

2011 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

三重県のお酒」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

>とある筋からの情報
常識だとばかり思ってました(^^;
販売店さんも、シャイなのかしらん?

投稿: トール | 2011年6月25日 (土) 22時38分

トールさん

とある筋の方は、そこのお酒を一番飲んでいるであろうお方です(苦笑)

投稿: 半可通 | 2011年6月26日 (日) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/39510034

この記事へのトラックバック一覧です: 酒屋八兵衛 特別純米無濾過生原酒 上槽中直詰め:

« 開龍 朝比奈山田錦純米原酒 | トップページ | 新政 特別純米酒 六號 »