« 玉川 自然仕込 生もと純米酒 コウノトリラベル | トップページ | 「soul stirring地酒 ~JIZAKE新時代の錬金術師達~ 6時間ぶっちぎりSAKEエンターテイメント」のお知らせ »

2011年6月 9日 (木)

豊香 純米生原酒無濾過 直汲み

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

スクリューキャップではない詰換え用の4合瓶が欲しくて・・・というのもあり、これを購入しました。

こういう4合瓶か、「郷乃誉」のプラスチック製スクリューキャップが主流になればいいのに・・・。

「豊香 純米生原酒無濾過 直汲み」

豊島屋

Dscn4302

Dscn4303

精米歩合:70%

アルコール度数:17度

製造年月:2011年2月

値段:4合1,155円(税込)

感想

Dscn4306

開栓初日(4/14)

冷やしていただく。

上立ち香は、フワ~ンと軽やかで華やかな甘い香り。

口に含むと、スッと心地よく爽快な口当たりでフワッとした甘みとジュ~とした酸に、ジリリ~とした旨みと苦コクがフッと広がり、その後、フ~とした甘旨みをス~とした酸とク~とした苦コクで引けていき、キッとした苦辛さでキレ。

余韻は、ふんわりした甘みと苦みの爽快感。

直汲みでもピチピチ感は大人し目。

ジューシーさと低精米の旨味に一体感があまりないので、これがエアリーになると、どう変化するのか楽しみ。

4/23

冷やしていただく。

フッと微かに爽快な口当たりでジュッとした甘みと酸にグ~とした旨みとジリ~とした苦コクが広がり、その後、ジュワ~とした甘旨酸とジリ~とした苦みのふくらみをジリ~とした苦コクで引けていき、クッとした苦みでキレ。

余韻は、微かな甘旨みに苦み。

初日よりもジューシーさは増しましたが、苦みも出た。

 

心地よい爽快さと瑞々しいジューシー感に低精米らしいコクの味わえるお酒。

スペックを見なかったら、低精米のお酒とは思えない味わい。

適度な華やかさとジューシーさがあり、1杯の満足度高いお酒ですね。

苦みの感じは、低精米&米由来って感じの苦み感がありますが、それがいい感じのキレになっています。重さはなし。

家飲みもいいですが、どちらかというと外で1杯に向いているのかな?でも値段が手頃だし、家でチビチビ飲むのにピッタリなのか?

どちらにしてもコスパ良し!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 玉川 自然仕込 生もと純米酒 コウノトリラベル | トップページ | 「soul stirring地酒 ~JIZAKE新時代の錬金術師達~ 6時間ぶっちぎりSAKEエンターテイメント」のお知らせ »

2011 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

長野県のお酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/39621668

この記事へのトラックバック一覧です: 豊香 純米生原酒無濾過 直汲み:

« 玉川 自然仕込 生もと純米酒 コウノトリラベル | トップページ | 「soul stirring地酒 ~JIZAKE新時代の錬金術師達~ 6時間ぶっちぎりSAKEエンターテイメント」のお知らせ »