« 立ち飲みバンザイ! 「折原商店」で調子に乗る | トップページ | 「2011 大分の地酒と本格焼酎を楽しむ会」のお知らせ »

2011年7月16日 (土)

「2011.8月号 男の隠れ家 初夏、東北の酒を飲む」を読んだ

時間潰しで寄った本屋さんでこの雑誌を見つける・・・。

Dscn4724

「男の隠れ家」

手にとってパラパラと立ち読みしてみると、ただ日本酒の銘柄を紹介している内容ではないので、購入してみました。

内容的は東北の蔵の取材と東北のお酒の紹介に、それらのお酒が飲める東京・大阪の居酒屋さんの紹介で雑誌のページのほとんどを割かれています。

東北6県を巡っていて、お金がかかっている雑誌だなぁと感じますね。

その東北の各県の取材に同行(案内人)するのが、県内の酒屋さんだったり、県の工業技術センターの方だったり、酒造組合参事の方だったりで、紹介されている蔵も有名蔵からあまり有名でない蔵までと様々で、なかなか面白い内容です。

これがよいしょー!よいしょー!なライターさんが絡むと、香ばしい感じになるところですが、ちゃんと取材記事って感じで嫌味なく読めます。

日本酒マニアではない半可通なので、知らない銘柄がいくつも紹介されていますが、素直な気持ちで機会があれば飲んでみたいなぁ~と思わせる感じ。

「うわっ!飲んでみたい!!」という感じではなく、あくまでも「機会があれば飲んでみたいなぁ」と思わせるところが非常に良いですね。

どこぞの年1回発刊される値段が高いだけの日本酒カタログ雑誌とは違い、変に煽らないところは好感がもてます。

毎年毎年都合よくスターなんて生まれねぇーぞ。

 

これだけの内容で680円なら買って損はないですが、これを読んで東北の日本酒飲みたい!というよりは、東北の蔵へ見学行きたい!と思ってしまうかもしれません(苦笑)

余裕のある方(きっとこの雑誌の読者層)は、この夏、東北の地へ赴いてこの雑誌で紹介されている美味そうな地元の料飲店さんで、地の日本酒をじゃぶじゃぶと飲んじゃうのかしら?

そんな素敵な旅行を半可通もしてみたいですよ。

よいしょー!よいしょー!なブロガーになりますから、どなたか顎足付きでお願いします(笑)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 立ち飲みバンザイ! 「折原商店」で調子に乗る | トップページ | 「2011 大分の地酒と本格焼酎を楽しむ会」のお知らせ »

日本酒」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

隠れ家から出てみたら、なでしこが花の盛りですね(^^v

そうだ、澤の花を飲もう!

投稿: トール | 2011年7月18日 (月) 17時45分

トールさん

いやぁ~、早起きして見たかいがありました♪

澤の花に郷乃誉、譽國光などの組み合わせも素敵です。

投稿: 半可通 | 2011年7月19日 (火) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/40825517

この記事へのトラックバック一覧です: 「2011.8月号 男の隠れ家 初夏、東北の酒を飲む」を読んだ:

« 立ち飲みバンザイ! 「折原商店」で調子に乗る | トップページ | 「2011 大分の地酒と本格焼酎を楽しむ会」のお知らせ »