« 藍の郷 純米酒 彩のかがやき 羽生産米使用 | トップページ | 相模灘 特別純米酒 無濾過瓶囲い生 豊潤辛口 »

2011年7月22日 (金)

太田道灌 特別純米

「太田道灌 特別純米」

太田酒造 

Dscn4340

Dscn4341

Dscn4342

使用米:福井県産五百万石

精米歩合:57%

日本酒度:+4.6

酸度:1.5

アミノ酸度:1.2

アルコール度数:15度以上16度未満

製造年月:22年6月

値段:1升円(税込)

感想

Dscn4443

開栓初日(5/12)

常温でいただく。

上立ち香は、スゥ~と瑞々しい甘みと軽く爽快な酸を感じさせる香り。

口に含むと、やわらかい口当たりでフッとスッキリしつつやわらかな甘みとスッとした酸に、モノトーンな感じながらもグ~とした旨みとクッとしたコクが広がり、その後、ジュッとした甘酸とグ~とした旨みのふくらみをスゥ~とした酸とクィ~としたコクで引けていき、キッとした辛さでキレ。

余韻は、軽くスッキリした甘みと酸に、コク辛さの爽快感。

6/13

常温でいただく。

フ~とした口当たりでジュッとした酸とフワッとした甘みに、地味にグ~ンとした旨みとク~とした多少穀物感のあるコクが広がり、その後、ジュ~とした甘旨酸をス~とした酸とジリ~としたコクで引けていき、キッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、軽い甘旨酸と軽い辛さの爽快感。

初日とさほど変わらず。

お燗でいただく。

フッとやわらかな甘みとジュッとした酸にク~と程よい厚みで軽快な旨みとスキ~とした爽快なコクが広がり、その後、ジュッス~とした爽快な甘旨酸のふくらみをス~とした酸とス~と爽快なコクで引けていき、キッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、軽い爽快感。

 

程よい甘みに締まった旨味と食を誘う酸のあるキレの良いお酒。

旨味しっかりありつつ、出しすぎないバランスはいい感じ。

お酒単独だと旨みありつつバランスのよい普通に良いお酒って感じだが、アテと飲むと、アテを引き立てつつお酒も美味い!

キレよく、アテがあると永遠に飲んでいられそうな、杯がすすむ君系ですね。

いい感じの味ノリですが、ダレてないし、古酒感は全くなく、いい具合の角の取れた味わいに、いい具合のキレで疲れずに飲める晩酌酒。

冷や(常温)でもお燗でも美味いし、派手さはないですが良いお酒♪

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 藍の郷 純米酒 彩のかがやき 羽生産米使用 | トップページ | 相模灘 特別純米酒 無濾過瓶囲い生 豊潤辛口 »

2011 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

滋賀県のお酒」カテゴリの記事

コメント

気にはしつつも、未飲のお酒です。
祖先が太田氏なので(つながりは無いでしょうが)、道灌さんには親しみを感じます。

うーん、こっちに森民のことを書けばよかった(^^;

投稿: トール | 2011年7月22日 (金) 11時15分

トールさん

>道灌
石神井城を落とした人と小学生時代に習いましたよ。

投稿: 半可通 | 2011年7月22日 (金) 16時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/40038453

この記事へのトラックバック一覧です: 太田道灌 特別純米:

« 藍の郷 純米酒 彩のかがやき 羽生産米使用 | トップページ | 相模灘 特別純米酒 無濾過瓶囲い生 豊潤辛口 »