« わーい!当選♪ | トップページ | お蔵拝見! 「鶴齢」青木酒造 »

2011年9月11日 (日)

旅先で「苗場山 本醸造」

家族で1泊の旅行に行ってきました。

宿泊先は、昨年泊まったホテルです。

半可通的には違うところが良かったのですが、娘の強いリクエストもあってそこに決定。

その代わりに、半可通希望の野沢温泉に立ち寄ることを約束。

そんなんで、ルート的には昨年の「水尾」の田中屋酒造店さんへ行った時と同じようなルートで向かいました。

ちなみに今回は蔵見学はしておりませんし、完全に旅行ブログですから、あしからず・・・。

んで、当日。

高速代をケチる為に早めに出発。

ブーンと走り、豊田飯山インターを降りて、「田中屋酒造店」の側を通り、まずは昨年飯山の新鮮な野菜を買えた「道の駅 千曲川」へ立ち寄る。

Dscn4873

ここはホントにオススメ。

朝から農家の人が続々と自分のところで採れた野菜を置いていくので新鮮だし、何より安い!

ここの他にも、いくつか道の駅や直売所みたいなところにも寄りましたが、ここが一番魅力的でしたね。

そんなんで、1泊旅行のスタートなのに野菜を色々購入(苦笑)

お次は半可通が希望した野沢温泉へ向かう。

ブーンと走らせ、夏季は無料の駐車場に車を停め、散策。

まずは麻釜へ。

Dscn4879

Dscn4880

その後は外湯をいくつか巡る。

Dscn4896

時期的に夏休み明けというのもあって、どこも空いていましたね。

最初に滝の湯というのに行ったのですが、ここは先客の方が一人いたせいなのか分かりませんが、熱めでも入れましたが、大湯や真湯は熱すぎて水で薄めても全く入れませんでした。

特に大湯。

熱めとぬるめと書かれたお湯が2つあるので、ぬるめと書かれた方に足の裏を浸けた瞬間、「熱っ!!」と声がでるほど熱くて脚を浸けるなんてホント無理!

誰もいなかったので、しばらく水をマックスで出していましたが、出てくるお湯のほうが優っているのか全然温くならず。

しかもかき混ぜようとする度に、溢れた熱湯が足にかかり足の裏が軽い火傷状態・・・。

真湯では水マックス+板で混ぜ混ぜしても脚を3秒くらいしか浸かられず、さらに足の裏の火傷状態が悪化。

野沢温泉、初心者にはハードル高ぇ・・・。

たまたま真湯前であったおばちゃんに「子供でも熊の手湯なら入れる温度だよ」という情報をもらい、半可通は下の子のお守りで入らなかったのですが、娘と嫁はそこで外湯を堪能した様子。

子連れはそこがオススメみたいです。

外湯の他にも、卵を持参して温泉卵を作ったりしました。

Dscn4888温泉卵作る用のこんなのがいくつかある。

さて、そろそろお腹も減ったのでお昼ご飯に・・・。

向かった先は「新屋」

Dscn4919

有名なお店みたいですね。

うなぎのお店ですが、焼き鳥丼が美味しいとインターネッツで調べていたので、それを注文することにしました。

せっかく3人いるので、それぞれ違うのを注文し、食べ比べをしちゃいますかと焼き鳥丼と親子丼と鳥カツ重を注文。

Dscn4914焼き鳥丼(子供用茶碗付き)750円

Dscn4915鳥カツ重900円

Dscn4916親子丼700円

んでは、いただきます。

感想を言うと、どれも美味い!

まずご飯が美味しい上に、焼き鳥丼は鳥がやわらかなのに旨味はあるし、炭火の香ばしさがたまりません。

タレも甘くなく、サッパリしたタレでバクバクいける。

鳥カツ重はサクッと揚げてあって、油もサラリ。鶏肉は言わずもがな、ソースも業務用ではない自家製っぽいソース。

親子丼は先の2つに比べると多少落ちますが、充分美味しい。

漬物のキュウリも美味しく、口の中をサッパリさせてくれるので、ホント箸休め的なお漬物。

観光地でこの値段でこの味は、ホント感激!

サービスも申し分ないし、野沢温泉来たらリピート確実。

車でなかったら、焼き鳥をつまみにビール飲んで、鳥カツ重で〆っていうのをやりたいですね。

ご馳走様でした!

 

お腹が満たされたら、温泉街をブラブラ&買い物。

当然酒屋さんも含まれているので、ここでしか買えないお酒や、おっ!このお酒がまだ買えるんだっていうお酒を購入。

そして野沢温泉を後にしたら、途中湧き水汲んだり、チョコチョコ寄ってホテルに到着。

まぁ大きいホテルでビュッフェスタイルの夕飯なので、食事はそれなりに・・・。

そこで飲んだのが地元の「苗場山 本醸造冷酒」

Dscn4936グラスで出てきた

では、いただきます。

うん、想像通りの味だな。

 

そんなこんなで、2日目につづきます。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« わーい!当選♪ | トップページ | お蔵拝見! 「鶴齢」青木酒造 »

2011 蔵見学&蔵拝見」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

新潟県のお酒」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

田中さんとこ寄らないんだ(^^;

うなぎ屋さんの鳥丼うまそうですね。
私も、信州に家族旅行したいっス。

投稿: トール | 2011年9月11日 (日) 11時25分

トールさん

飯山通ったのが朝の7時台ですから…。

信州は温泉が充実しているし、酒造も多いので、蔵直(蔵で直接購入)好きのパパン向けでしょうね。

投稿: 半可通 | 2011年9月12日 (月) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/41591134

この記事へのトラックバック一覧です: 旅先で「苗場山 本醸造」:

« わーい!当選♪ | トップページ | お蔵拝見! 「鶴齢」青木酒造 »