« 三芳菊 壱60 おりがらみ | トップページ | 「2011 東京秋の吟醸酒を味わう会」に参加してきた 後半 »

2011年10月29日 (土)

「2011 東京秋の吟醸酒を味わう会」に参加してきた 前半

「2011 東京秋の吟醸酒を味わう会」1部の方に参加してきました。

ちょうど半可通のお休みと重なり、ウヒョー♪って感じの浮かれ気分で参加。今年はこの手のイベントに参加していないかったので、楽しんじゃうぞ!と。

そうだ!

せっかくなので、お酒に詳しい現在無職中の人を誘っての参加。

 

んで、会場のホテルメトロポリタンエドモントに到着。

Dscn5193初っ端からブレブレ

エスカレーターで2階?に上がり、受付をし、クロークに荷物&上着を預ける。

Dscn5194

会場の扉の前には15分前なのに、行列・・・。

1部にはプロの人も多いですが、マニアもいるわけでして、平日の15時にここにいる様なマニアは当然濃いです(苦笑)

しかもオッサン率が9割超えていると思う・・・(半可通含)

会場の案内図はこんな感じ。

Dscn5225

お燗コーナーや焼酎&リキュールのコーナーもありました。

そんなこんなで、しばらくすると開場。

ここからは無職の人(主に挨拶回り)と半可通(主にというか、ただ飲むだけ)は別れて行動。

Dscn5195開場直後

んでは、行った順ではなく、日本の上の方から飲んだお酒&気に入ったお酒をご紹介。

西田酒造

「田酒 純米大吟醸斗壜取り」

「田酒 純米大吟醸山廃」

「田酒 純米大吟醸四割五分(山田錦)」

「大吟醸 善知鳥」

お燗コーナーで「田酒 百四拾」

Dscn5201

南部美人

「南部美人 純米吟醸愛山」

「芳梅 純米吟醸原酒」

「芳梅 純米吟醸」

「芳梅」が超美味い!

ブースにお燗器持参で冷やとお燗を飲ませてもらいましたが、冷やもいいけどお燗が素晴らしい。

有名な専務さんの弟さんが、米作りから携わって造るお酒で、扱っている酒屋さんも岩手で1軒のみ。

ホームページがない酒屋さんなので、弟さんから電話番号だけお聞きしました。

弟さんから「南部美人」という吟醸酒があるから、こういう食中酒も映える的なことをおっしゃっていましたが、もっとこの手のを枝ではなく幹にしてもいいのに・・・とこれを飲むと思いますね。

かなり気に入ったので、無職の人にも飲んでもらいました(苦笑)

まぁ扱いが1軒しかないし、なかなか難しいですよね・・・。

Dscn5203ホントおすすめ

日の丸醸造

「別格大吟醸 まんさくの花」

「山廃大吟醸 まんさくの花」

「純米大吟醸雄町 まんさくの花」

「純米吟醸美郷錦 まんさくの花 ひやおろし」

「まんさくの花 YOGURSH」

美郷錦は丸い甘みと旨味が厚み程よく、良い感じに角が取れているのがひやおろしっぽくて、かなり好み♪

YOGURSHはレアチーズケーキのような味わいで、レアチーズケーキ好きにはたまらないお味。

飲むレアチーズケーキ酒って感じで美味しかった。

Dscn5199

秋田清酒

「出羽鶴晴田 山田錦50」

「出羽鶴晴田 雄町55」

天寿酒造

「純米吟醸 鳥海山」

「米から育てた純米」

亀の井酒造

「くどき上手 斗瓶囲い 命」

「くどき上手 純米大吟醸短稈渡船」

「くどき上手 純米大吟醸雄町44」

「くどき上手 純米大吟醸亀ノ尾33」

「くどき上手 純米大吟醸Jr」

「くどき上手 純米大吟醸播州たかね錦44」

「くどき上手 純米大吟醸出羽の里」

今年初のたかね錦が美味しかった。

奥様にうかがうと、とても美味しいという人と、くどきらしくないと結構意見が分かれるお酒みたいですね。

確かにくどきにしては、旨味が濃く、厚みというか穀物感みたいのがありました。

でもくどい訳でもないし、秋に飲むにはいい感じの旨味具合で半可通は好きな系統。もしかしたら、家飲みすると飽きるのかな?

この日ブースに立たれていたのは奥様とJrさんでして、ちょっと空いた時にJrさんにJrのことをちょっと聞いてみたりする・・・。

内ヶ崎酒造店

「大吟醸 鳳陽 山田錦」

「純米大吟醸 鳳陽」

開当男山酒造

「純米大吟醸 久宝居」

「開当男山大吟醸 十年古酒」

「開当男山 純米吟醸」

「出品酒生」

ここのお酒もしかしたら飲むのは初かもって感じですが、美味しいですね。

やわらかで味があるのにスルッと入る。

末廣酒造

「山廃純米吟醸 末廣」

「純米吟醸 末廣」

夢心酒造

「純米大吟醸 奈良萬 斗瓶囲い」

「純米大吟醸 奈良萬」

「純米吟醸 奈良萬」

下のクラスから飲み、純大も美味いなぁ~と飲んで、最後に出品酒という斗瓶囲いを飲んだんですよ。

まぁ金賞狙いの香りと味だろうなぁと思って、口にしたら「奈良萬」系統の高スペックな味わいで思わず笑いました。

「出品酒も同じ系統なんですね」と聞くと、「だから金賞は取れないですよ」と苦笑いされてました。

いやぁ~、カッコイイです!

青木酒造

「御慶事大吟醸 袋吊り斗瓶囲い 全国金賞酒」

「御慶事 純米吟醸」

石岡酒造

「純米大吟醸筑波 豊穣の峰」

「純米吟醸筑波 翔雲の峰」

島崎酒造

「東力士 大吟醸 雫」

「東力士 純米大吟醸 恵」

「東力士 純米吟醸」○お燗も○

「東力士 純米生原酒 活性にごり」

今年の新酒1発目という活性にごりが美味い!

それにしても最近の「東力士」は以前よりも美味しさが増した印象。

Dscn5200  

龍神酒造

「尾瀬の雪どけ 純米大吟醸」

「尾瀬の雪どけ 雄町ひやおろし」

「尾瀬の雪どけ 純米愛山」

「お肉に合う純米辛口+25」

お肉に合う~はいいですね♪

ホント肉に合う!という旨味と酸にキレのあるお酒。ただの甘ナシキレキレカラカラマシマシみたいなお酒ではなく、チャイルド舌半可通でもウマウマ飲める酸マシマシ辛口酒。

完全発酵系なので、蔵のどのお酒よりも日数がかかり、味ノリも遅いので儲からないお酒みたいです。

当然量も少なく、都内でも数軒しか扱っていないお酒。

厚木の方の酒屋さんが異様にこれが売れるらしく、その理由が厚木辺りのホルモン屋さんで飲まれるとのこと。

確かにホルモンにいいよなぁ~。

にごりでもドロドロしすぎていないし、これは一度家で色々なお肉にあわせてみたいお酒ですね。

こういう突き抜けた日本酒を造る姿勢、カッコイイですな。

Dscn5202

 

もうちょい続きます。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 三芳菊 壱60 おりがらみ | トップページ | 「2011 東京秋の吟醸酒を味わう会」に参加してきた 後半 »

2011 参加したイベント」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

行けませんでした…(涙)。こういうイベント、結構あるんですね。この前、京プラの日本酒天国で、こういうイベントのおちょこを初めてゲットしてうれしかったです。


自宅冷蔵庫はずいぶん余裕ができてきました。今、十九をいろいろ攻めとります。楽しいっす。

投稿: 常連の「ひ」 | 2011年10月29日 (土) 23時33分

「ひ」さん

都心勤めの人でしたら、仕事帰りに色々な会に参加できますよ。
ぜひ色々な会に行ってみてくださいな。

>自宅冷蔵庫
あと一ヶ月半程は耐えないといけない感じ。
さすがにうちのお酒も耐え切れず、ネットで6本購入しました…。

投稿: 半可通 | 2011年10月30日 (日) 09時25分

うふふ、岩手と青森のお酒を買わなきゃね~(*^_^*)
南部美人もいいな~(^_^)v

>高嶺錦
ほほう、アレがお気に召しましたか。
何となく、来年は無さそうな気がしますが・・・

東力士と尾瀬雪愛山は、ぜひ飲みたいですね。

昨晩は、ナビスコ製品を大量に購入しました。
ハロウィンに寄付しようか(^_^;)

投稿: トール | 2011年10月30日 (日) 10時56分

トールさん

昨晩はリッツパーティーですか?
とりあえず、オメ!

>高嶺錦
アレはアレでありだと思いますよ。
というか、このコメ書き中に出品リストに載ってなかった短稈渡船があったのを思い出した!
足しておかなければ…。

個人的には短稈渡船なくして、高嶺錦でもいいと思いまふ…。

投稿: 半可通 | 2011年10月30日 (日) 18時23分

>リッツパーティー
ふふふ、先日購入したCDにリッツパーティーって曲が入ってました。
これ以上ない吉祥ですね~。
群馬のホープ゙back number゙を応援してます(^_^)v

>短燗渡舟
雄町44もあるし、確かに中途半端かも。
八反復活を待ち続けてますが・・・

投稿: トール | 2011年10月30日 (日) 23時26分

トールさん

>back number
売れそうなバンドですね。
未だに群馬=ボウイです(オッサン)

>短燗渡舟
飲み比べるとタイプは違うのですが、短稈は旨味が濃いうえに吟醸の甘みと香りがプラスされて飽きる感じ。

投稿: 半可通 | 2011年10月31日 (月) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/42723691

この記事へのトラックバック一覧です: 「2011 東京秋の吟醸酒を味わう会」に参加してきた 前半:

« 三芳菊 壱60 おりがらみ | トップページ | 「2011 東京秋の吟醸酒を味わう会」に参加してきた 後半 »