« 雑賀 にごり梅酒 日本酒仕込み | トップページ | What's UEMO? »

2011年10月 4日 (火)

三芳菊 特別純米生中取り 阿波山田錦60

光が丘にあった酒屋さんで購入したお酒。

「三芳菊 特別純米生中取り 阿波山田錦60」

三芳菊酒造

Dscn4818

Dscn4819

使用米:阿波山田錦

精米歩合:60%

日本酒度:+2

アルコール度数:17度

製造年月:23年8月

値段:4合1,575円(税込)

感想

Dscn4820

開栓初日(8/21)

冷やしていただく。

上立ち香は、スワ~ンと軽快な南国果実の香り。

口に含むと、やわらか~い口当たりでそこに溶け込むフワ~ンとやわらか&上品な甘みとスッとした酸に、軽やかなのにグ~ンとした程よい弾力のある旨みとクッとしたコクがふくらみ、その後、フワ~ンと軽やかな甘酸と上品な旨みのふくらみをス~とした酸とク~と軽快なコク辛さでクッと引けていき、フッとした辛さでキレ。

余韻は、フワ~ンと上品で軽快な甘旨酸と心地よい辛さの爽快感。

8/28

冷やしていただく。

やわらか~い口当たりでフッジュ~と上品でジューシーな甘みとフッとした酸に、軽やかなのにグ~とした旨みとクッとしたコク辛さが広がり、その後、フッジュ~とした甘酸と軽やかでグ~とした旨みのふくらみをジュ~とした甘旨みを残しつつ、フ~とした酸とク~としたコク辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フ~とした甘旨みと心地よい爽快感。

初日よりも、ふんわりでより日本酒らしくない、というか、日本酒とは思えない味わい。

 

フワリとした香りと、大吟醸酒とはまた違うタイプの上品な甘旨みのあるお酒。

さすが中取りって感じで、日本酒とは思えない香りと味わい。

60%精米歩合のお酒とは思えない上品さで、旨みはありつつ、とても軽やかな。

でも日本酒なんだなぁ~という米の旨味はちゃんとある。

まぁ半可通的には、もうちょい旨味感というか、阿波山田錦の楕円的な旨味を欲するので、このスペックでも中取りよりは直汲みやオリガラを求めちゃいますが、日本酒を飲みなれてない人などに一度飲んでもらいたいお酒ですね。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 雑賀 にごり梅酒 日本酒仕込み | トップページ | What's UEMO? »

2011 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

徳島県のお酒」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/41327685

この記事へのトラックバック一覧です: 三芳菊 特別純米生中取り 阿波山田錦60:

« 雑賀 にごり梅酒 日本酒仕込み | トップページ | What's UEMO? »