« What's UEMO? 2 | トップページ | 立ち飲みバンザイ! 〆の一杯に…「折原商店」 »

2011年11月19日 (土)

天寶一 特別純米八反錦 21BY?

光が丘にあった酒屋さんで購入したお酒。

「天寶一 特別純米八反錦」

天寶一

Dscn5053

Dscn5055

使用米:八反錦

精米歩合:55%

アルコール度数:15度

製造年月:22年7月

値段:4合1,260円(税込)

感想

Dscn5056

開栓初日(9/27)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~と食欲を誘う軽い酸と旨みを感じるような香り。

口に含むと、やわらか~い口当たりでフッと透明感ある甘みとスッ!とシャープな酸に、やわらかな水に溶け込んでいるスワ~ンとした旨みと上品なコクがふくらみ、その後、スワ~ンとした甘旨酸をスッとした酸とフッとしたコク辛さで引けていき、スッとした辛さでキレ。

余韻は、フワ~ンと心地よいスッキリした甘旨酸と辛さの爽快感。

美味い。

10/8

冷やしていただく。

やわらか~い口当たりでフッ&ジュ~とした瑞々しい甘みとスッ!とシャープな酸に、ギュ~と細身で締まった旨みとク~と軽快なコクが広がり、その後、ジュ~と瑞々しい甘酸とギュ~と締まった旨みのふくらみをスッとスッキリした酸とク~と軽快なコク辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、ほんのりふわりとした甘旨みと心地よい辛さの爽快感。

初日よりも、甘みふんわりし、やわらかな味わいになった。

 

透明感がありつつ、シャープな酸と締まった米の旨味のある心地よいキレのあるお酒。

食を最大限に生かす名脇役と言いつつも、肴なしでも飲めるお酒ですね。

食中酒というお題目の酸っぱいだけのお酒でも、甘みナッシングなお酒でもなく、肴なしでも充分美味しくいただける。

だけれども、肴と飲むとさらに美味い♪

米の旨味はあるのに主張しすぎないし、シャープな酸があるので、様々な肴(オカズ)に合わせやすく、キレは良いですが、水がやわらかなので辛口辛口していないのも良い感じ。

きっと出荷直後はもっとシャープな味わいだったと思いますが、このくらい日が経つといい感じの味ノリで、シャープさも残しつつ、角が取れてまろやかになりスルスル飲んでしまいました。

温度帯的には、常温も良いのですが、お燗でふっくらか、冷酒でもキュッシュルシュルっていう、お燗or冷酒が半可通好みでしたね。

特にやや冷えくらいが透明感ある味わいと締まった米の旨味にキレが楽しめて、個人的には冷酒向き食中酒って感じ。

ホント、八反錦の良さを上手に引き出しているなぁというお酒でした。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« What's UEMO? 2 | トップページ | 立ち飲みバンザイ! 〆の一杯に…「折原商店」 »

2011 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

広島県のお酒」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/42232709

この記事へのトラックバック一覧です: 天寶一 特別純米八反錦 21BY?:

« What's UEMO? 2 | トップページ | 立ち飲みバンザイ! 〆の一杯に…「折原商店」 »