« 東力士 山廃仕込純米酒 関東信越国税局酒類鑑評会 純米の部優秀賞受賞酒 | トップページ | 外飲みバンザイ! 個室でまったり「蔵四季」 »

2011年11月30日 (水)

秀鳳 純米大吟醸生原酒 出羽燦々磨き三割三分

光が丘にあった酒屋さんで購入したお酒。

夏前に購入し、三の倍数の日(重陽の節句)に開けようと思っていたのに、バタバタして開けられず・・・。

まぁいいやと、この日に開ける。

「秀鳳 純米大吟醸生原酒 出羽燦々磨き三割三分」

秀鳳酒造場

Dscn5080

Dscn5082

使用米:出羽燦々

精米歩合:33%

使用酵母:山形酵母(大吟醸用)

日本酒度:+3

酸度:1.6

アミノ酸度:1.0

アルコール度数:17度

杜氏:相田勝之(41歳)

瓶詰め貯蔵年月日:2011年3月3日

値段:1升3,500円(税込)

感想

Dscn5083

開栓初日(9/29)

冷やしていただく。

上立ち香は、フワ~ンと軽やかな吟醸香。

口に含むと、フッとした爽快な口当たりでジュッフッとした上品な甘みと軽い渋みに、スッとしたシャープな柑橘系の酸とク~ンと上品で程よい旨みがク~としたコクと共にふくらみ、その後、ジュ~とした甘旨みとス~とした酸にス~とした心地よい渋みのふくらみをス~とした酸とク~とした上品なコク&軽い渋みでフェードアウトしていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フ~とした上品な甘旨みとコクに心地よい爽快感。

美味い。

10/13

冷やしていただく。

フッと心地よい口当たりでフッジュッ~と上品且つジューシーな甘みと酸に、グ~と締まった細身の旨みとクッとした上品なコクがフワッとふくらみ、その後、フワッジュ~とした上品な甘旨酸のふくらみをフ~とした酸とク~と上品なコクでフェードアウトしていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フワ~と軽やかな甘旨みと上品な含み香に心地よいコク辛さの爽快感。

初日よりも、ジューシーさが出て、より「秀鳳」らしい味わい。

 

「秀鳳」らしいジューシーな甘酸に出羽燦々らしい旨味と精米歩合らしい上品さがマッチしたお酒。

「秀鳳」らしいジューシーさと、上品なのに米の旨味感がちゃんとあるお酒で、きれいなのに程よいボリューム感があります。

いい感じに味ノリしつつ、まだ若い感じの渋みもあり、この時期に開けて大正解でした♪

米由来のややドライなコクと酸でキレていき、お酒単独でもいけるし、食事と一緒にでもいけるタイプ。

そして上立ち香よりも、含み香の方が吟醸香って感じ。

この出羽燦々のドライな穀物感ある旨味とキレは、山形吟醸にとても合う印象。

さすが吟醸王国山形。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 東力士 山廃仕込純米酒 関東信越国税局酒類鑑評会 純米の部優秀賞受賞酒 | トップページ | 外飲みバンザイ! 個室でまったり「蔵四季」 »

2011 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

山形県のお酒」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

一度、くどき等と同一スペック山形33の飲み比べをやってみたいですね。
各酒のピークの摺り合わせが少し手間かもですが。

投稿: トール | 2011年11月30日 (水) 12時43分

トールさん

飲み比べをしたいですが、くどきと秀鳳だけでもピークが違いすぎる(苦笑)

投稿: 半可通 | 2011年11月30日 (水) 16時14分

くどきをマイナス8℃、秀鳳をプラス8℃の16℃差貯蔵で、盛夏にやればイケると思うです(^_^;)

極滴と、粉雪&そこの初しぼり純米活性にごりを買って来ました。

投稿: トール | 2011年11月30日 (水) 21時24分

トールさん

>マイナス8℃
そこまでいくと、ラボですね(笑)

>粉雪
蔵からのDMで見ましたよ。
相変わらず行動がはやいですね~。
粉雪はわかりませんが、活性は買うつもりです。

粉雪の感想よろ!

投稿: 半可通 | 2011年12月 1日 (木) 10時51分

書き込んだ後で検索して、粉雪銘柄の多さに眩暈がしました。
通じて良かった(^_^;)

粉雪、開栓は上品で繊細な、吟醸クラスの新酒の香り。
上澄みは柔らかな新酒の香りと口当たり、味・香とも微弱。
澱絡み、微かな甘味が現れて完成度を押し上げる。若さを存分に享受できる。
ピークはもう少し先だけど、搾りたての感覚(その酒の未来を想像することを含めて)を、存分に楽しめます(^_^)v

投稿: トール | 2011年12月 1日 (木) 22時33分

トールさん

感想ありがとうございます!
おかげで、飲みたくなってきた!(苦笑)

投稿: 半可通 | 2011年12月 2日 (金) 09時26分

続けて純米活性にごりも開けたけど、甘すぎなのよぉ。
上澄みが丁度良くて、濁りを飲むには二次発酵を進めないとキツいわよぉ。

投稿: 巨蟹宮キャンサーのデストール | 2011年12月 2日 (金) 22時28分

トールさん

いずみ橋にしては…という甘さじゃなくて、普通に甘いという感じですか?

個人的にはいずみ橋なのにちょい甘めな活性なので、結構好きなんですけど…。

投稿: 半可通 | 2011年12月 3日 (土) 10時13分

オッホホ、今の段階じゃ而今濁りより甘いってわけ。

投稿: デストール | 2011年12月 3日 (土) 10時57分

トールさん

そりゃ、年末までは我慢だな…(苦笑)

投稿: 半可通 | 2011年12月 3日 (土) 18時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/42230740

この記事へのトラックバック一覧です: 秀鳳 純米大吟醸生原酒 出羽燦々磨き三割三分:

« 東力士 山廃仕込純米酒 関東信越国税局酒類鑑評会 純米の部優秀賞受賞酒 | トップページ | 外飲みバンザイ! 個室でまったり「蔵四季」 »