« 誠鏡 番外品 純米雄町生原酒 | トップページ | 羽根屋 純米吟醸生原酒 富の香 »

2011年11月12日 (土)

お蔵拝見! 収穫後の風景「泉橋酒造」

本格的に寒くなる前にバイクでちょいとお出かけしたいなぁ~と選んだ先は、海老名の「泉橋酒造」

バイクで行けば下道オンリーでも半可通家から40キロ程だし、道に迷うような場所に蔵はないし、所要時間も1時間ちょいなので、ちょうど良い場所なんです。

それに246は道も広いので、道が混んでいても横をすり抜けできるし、信号にもあまりつかまらないイメージだし、そこそこアクセルが開けられるので快適ドライビングができますしね。

 

そんなこんなで、道中気になったことを書くと・・・。

この日はこの秋一番の冷え込みなんていう日だったので、そこそこ着ていったのですが、川崎市に入ったあたりから明らかに都内よりも気温が下がった気がする。

いや、気が・・・ではなく確実に寒かった(苦笑)

今年だけで車&バイクを含めて5回ほど246を瀬田・大和間を走っているのですが、都内ではあまり見かけなくなった4ストの400㏄のバイクをよく見かける。

しかも速いし、すり抜け上手が多い印象。

きっと土地柄だな(勝手に断定)

 

そんな感じでブイーンと一時間15分ほどで蔵に到着。

Dscn5304

昼頃だからか、静かな敷地内の売店へテクテク・・・。

Dscn5303

無人の売店内で物色し、呼び鈴(ファミレスに置いてある様なやつ)を押して、蔵の人を呼ぶ・・・。

蔵元のお母様だと思いますが、買ったお酒(きっと武蔵関でも買えるのに蔵で購入)について聞かなくても特徴などを教えてくれる。

そりゃ、飲むのが楽しみだ♪

それと粕漬けのきゅうりとメロン(甘くないメロンらしい)を1個ずつ購入。

以前食べた激美味梅干しは売り切れ。う~ん、残念・・・。

んで、売店を後にする。

 

もう造りに入ったのかな?という感じですね。

Dscn5301

美しい半切。

これでもと摺りしたのかしら?

Dscn5302

 

お買い物をした後は、当然裏の田圃にも寄る。

Dscn5305

Dscn5311

曇り空と相まって、寂しさが漂います・・・。

Dscn5306

そんな田圃の一部に、これって何?という藁のまとまり。

そして刈られた稲のところからは、こんな感じで草が生えていました。

Dscn5309

これって稲なんですかね?

気にはなりましたが、さすがに人の田圃で引っこ抜くことはできないので、写真だけで我慢する。

んで、田圃から蔵の写真をパチリ。

Dscn5310

右手のカラフルな建物は赤ちゃん本舗。

とまぁこんなところで帰路につく。

ホント目的はこれだけだったので、どこも寄らずに帰宅。

だって長い時間乗ると過積載からか、おしり痛いし、それに寒いんだもん・・・(デブの寒がり)

そんな寒さパワーで、帰り道は1時間で家に着きましたよ。

 

今年も稲刈りのお誘いハガキがきて、それを見た上の子が稲刈りをやりたがっていたのですが、今年は10月に色々用事あって参加できませんでした。

来年こそは、稲刈り&黄金色の頭を垂れる稲をみたいなぁと。

ただ子連れの電車移動で、練馬から海老名はホントきついのdeath! 

 

おまけ

Dscn5323

Dscn5326不揃いな上にザ・男盛り付け

左がきゅうり、右がメロン。

甘くない瓜みたいなメロンという話ですが、きゅうりに比べるとやはり甘みがありますね。

まぁ日本酒飲むのに、全然問題ない甘さ。

この粕漬け、粕のアルコールっぽい風味は全くなく、粕だけでも飲めそうな粕漬け。

「いずみ橋」の日本酒と同じく、甘みがないタイプなので、日本酒にピッタリ♪

ポリポリ食べ、グビグビ飲むと、どちらも止まらない危険な組み合わせ。ドントストップマイラブって感じです。

ちなみに商品名は「有山さんの粕漬け」。

有山さん、美味しいですよ!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 誠鏡 番外品 純米雄町生原酒 | トップページ | 羽根屋 純米吟醸生原酒 富の香 »

2011 蔵見学&蔵拝見」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

>これってなに?
ふっ・・・本気で言ってるのですか。
ちょこしカルチャーショック(^_^;)

>これって稲なんですかね?
刈り取りの時に落とした種が芽吹くこともありますが、規則的に植えてあれば麦だと思いますよ。

投稿: トール | 2011年11月13日 (日) 10時09分

トールさん

いや~、ホントに分からないです(苦笑)
杭掛けとかならわかりますが、この藁のまとめ具合は知りません…。

>麦
稲収穫後の根っこ&藁5センチほど残った部分から生えているのですね。
ですので、掘り起こさずに麦を植えるとは思えないので違うかなと。

投稿: 半可通 | 2011年11月13日 (日) 19時11分

>杭掛け
これは、脱穀済みの稲ワラでゲソよ。
説明はめどいので、業者さんのサイトをば(^_^;)
http://www.jeinou.com/benri/rice/2008/02/211601.html

セシウム牛で知れ渡ったと思うストローですが、飼料以外も色々と使い道があります。

投稿: トール | 2011年11月14日 (月) 23時56分

トールさん

いや~、脱穀済みの稲わらも干すというのは知らなかったです。
そして、リンク先のコンバインの性能にも驚き(苦笑)

そして、生もと美味し♪

投稿: 半可通 | 2011年11月15日 (火) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/42968897

この記事へのトラックバック一覧です: お蔵拝見! 収穫後の風景「泉橋酒造」:

« 誠鏡 番外品 純米雄町生原酒 | トップページ | 羽根屋 純米吟醸生原酒 富の香 »