« 福田 純米吟醸 | トップページ | 七田 山田錦 七割五分磨き 純米酒 21BY »

2011年12月24日 (土)

粋遙倶楽部 呑み切り一番特別純米酒

静岡の酒屋さんから購入したお酒。

「粋遙倶楽部 呑み切り一番特別純米酒」

土井酒造場

Dscn5112

Dscn5114

使用米:山田錦

精米歩合:55%

使用酵母:NO-2

日本酒度:+5

酸度:1.4

タンクナンバー:270

アルコール度数:16%~17%

製造年月日:23年9月

値段:1升2,415円(税込)

感想

Dscn5115

開栓初日(10/15)

冷やしていただく。

上立ち香は、フゥ~ンと巨峰のような甘い香り。

口に含むと、フッと心地よい爽快な口当たりでジュウッと瑞々しいが密度はやや濃いめの甘みとフッとした酸に、ギュッとした旨みがやや収斂味のある渋コクと共に広がり、その後、ジュウ~ギュ~とした甘旨酸をス~としたスッキリした酸とク~とした軽快な渋コクで引けていき、キッとした苦辛さでキレ。

余韻は、ふんわりした甘旨みと心地よい渋苦みの爽快感。

美味い。

10/31

冷やしていただく。

フッと心地よい口当たりで瑞々しくジュッとした甘みとスッと心地よい酸にグッギュ~とした程よく締まった旨みとクッと軽快なコクがふくらみ、その後、ジュ~とした甘酸とグィ~とした旨みのふくらみをフィ~としたスッキリした酸とクゥ~と軽快なコクでフェードアウトしていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、グゥ~とした甘旨みと心地よい爽快感。

初日よりも、薄らココア風味が出て、旨味とキレが心地よい。 

瑞々しいジューシーさに上品な米の旨味感とキレのある、コスパに優れたザ・ひやおろし酒。

上品さと飲みごたえ&味ノリのどれも楽しめるお酒ですね。

旨味はキュッと締まった感じで、キレは苦みと辛さでキレますが、この苦みはお米由来な感じでキレていき、キレも余韻も良い感じ♪

キレから余韻までの流れも素敵だし、飲みごたえと上品さにしっとりとした角の取れ具合等、半可通的ひやおろしイメージモデルにピッタリのお酒です。

適度な味ノリと秋が旬の食べ物に合うキレ感に、ユルユル飲めるのに物足りなさはなしという半可通の理想的ひやおろしモデルですな!

ひやおろしとしての度数も完璧だし、ホントお買い得♪ 

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 福田 純米吟醸 | トップページ | 七田 山田錦 七割五分磨き 純米酒 21BY »

2011 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

静岡県のお酒」カテゴリの記事

コメント

おお、これ注文したかったんですよね。
農口杜氏ラストってことで、今は常きげん三昧な生活です。

投稿: トール | 2011年12月24日 (土) 10時16分

トールさん

農口杜氏ラストなんですか?
そうすると、今年も常きげん売れちゃいますね…。

投稿: 半可通 | 2011年12月24日 (土) 18時46分

後進の育成に当たられるとのことで、酒造り引退ではありませんが、
杜氏としての役割はお弟子さんに任せられたとのことです。

E37も色々入荷したようですね(^_^)v

投稿: トール | 2011年12月25日 (日) 14時05分

トールさん

なるほど、一歩引く立場ということですか。

>37
メールでしか知りませんが、色々入荷したみたいですね。
とにかく今は、色々と飲みたい物があって困ります…。

投稿: 半可通 | 2011年12月25日 (日) 18時57分

今日は、常きげん旨口本仕込(佳撰)を開けました。
前回と違い、今回はのっけからウマウマ&フルーティ全開です(^_^)v
これは大吟醸だよと、騙せる自信満々(^_^;)
今月出荷だから、おそらく最高のコンディションだったのでしょう。

能登杜氏万歳!!

投稿: トール | 2011年12月25日 (日) 22時18分

トールさん

すげぇ、大吟並ですか!(笑)

山廃の本醸造も美味しかったし、下のクラスから美味しいっていうのは、下々にはありがたいお話です。

投稿: 半可通 | 2011年12月26日 (月) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/42632146

この記事へのトラックバック一覧です: 粋遙倶楽部 呑み切り一番特別純米酒:

« 福田 純米吟醸 | トップページ | 七田 山田錦 七割五分磨き 純米酒 21BY »