2011 飲んだ日本酒(リキュール含む)

2012年3月25日 (日)

水尾 特別純米酒 金紋錦

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

この時期にもう23BYとは・・・。

売れてんのかな?

「水尾 特別純米酒 金紋錦」

田中屋酒造店

Dscn5459_2

Dscn5460

使用米:木島平産金紋錦

精米歩合:59%

アルコール度数:15度以上16度未満

製造年月:23年12月

値段:1升2,800円(税込)

感想

Dscn5471

開栓初日(12/31)

常温でいただく。

上立ち香は、フワ~ンとバナナ&軽いセメダインの香り。

口に含むと、やわらか~い口当たりでやわらかでフワ~ンとした甘みときれいに縦方向に広がるスッ!とした酸に、フワ~ンと上品なのに物足りなさ皆無の旨みとクッとしたコクがふくらみ、その後、瑞々しくジュフ~とした軽やかな弾力感のある甘旨みとスゥ~とした酸のふくらみをスィ~とした柑橘系の酸とフィ~としたコクでフェードアウトしていき、クッとした爽快感でキレ。

余韻は、フワ~ンと上品な甘旨酸と心地良い爽快感。

美味い!

1/30

常温でいただく。

やわらか~い口当たりでフッとやわらかでスッキリした甘みとスッとスッキリした透明感ある酸に、フォ~ンとアタリはやわらかなのに程よい旨みとクゥ~と上品で奥深いコクがふくらみ、その後、ジュスゥ~とした甘酸とフゥ~とした旨みのふくらみをスィ~と瑞々しい酸とクィ~とした軽やかなコクで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、ふんわりした透明感ある甘旨みと心地良い爽快感。

初日よりも、ふんわり感と旨みが出た。

 

透明感ある甘酸に軽やかな弾力のある旨みとスッキリしたキレが楽しめるお酒。

新酒の火入れなのに、この時期から充分美味しく飲める。

しかも火入れなのに火入れ感のなさで、それが「水尾」の透明感ある味わいをさらに引き立てている♪

ここ5、6年「水尾」特純を飲んできましたが、この味わいとふくらみの上品さを筆頭に過去サイコーレベルだし、過不足ない旨味があるのに、エアリー感のあるきれいさと透明感は、質的にもなにか突き抜けた感じ。

晩酌酒にもいけますが、瑞々しい甘みがあって、素っ気無さはないので、お酒単独でもいける。

セメ香が苦手な人が、「セメ臭がありますが・・・」的な枕詞をイチイチグチグチグチグチ・・・言う(書く)バカはうるせーから飲むな!って感じですが、気にならない人は絶対飲むべきお酒です!

「水尾」好きという贔屓目抜きでこれは素晴らしいお酒(試飲ですが、これの生も素晴らしかった)

 

こういう素晴らしいバランスのお酒を飲むと、「水尾」はこの度数が一番良さを発揮できるのかもしれませんね。

ということは、通年商品がサイコーなんや!(笑)

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

酒屋八兵衛 山廃純米酒 伊勢錦

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

「酒屋八兵衛 山廃純米酒 伊勢錦」

元坂酒造

Dscn5439

Dscn5441

使用米:伊勢錦(短稈系)

精米歩合:60%

日本酒度:+6

酸度:1.5

アミノ酸度:1.3

アルコール度数:15.7度

製造年月:23年12月

値段:1升2,800円(税込)

感想

Dscn5442

開栓初日(12/24)

常温でいただく。

上立ち香は、フワ~と軽やかでほんのり甘い香り。

口に含むと、フゥ~としたやわらかい口当たりでフゥオ~とした張りと艶のある甘みと当たりはやわらかだがフォッとした弾力のある旨みに、スッとした酸とクッとした上品なコクがふくらみ、その後、ジュウ~とした甘旨酸をスッとした酸とクッとしたコクで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フワ~とした弾力感を残した甘旨みとコク辛さの爽快感。

美味い!

味ノリしているのに張りがしっかりあり、丸みのあるやわらかな弾力感を持った旨みがたまりません♪

そして山廃らしいキレはあるが、酸、コクもスッキリ上品でスルッと入る。

お燗でいただく。

フッジュッとしたスッキリした甘みとスッ!とした酸にギュ~とした程よい弾力のある旨みとクゥ~とした苦コクが広がり、その後、ジュギュ~とした甘酸とややドライな旨みのふくらみをスィ~とした酸とクィ~とした苦コクで引けていき、キッとしたコクの爽快感と辛さでキレ。

お燗だと酸が程よく出るし、複雑味のあるコクも出るので、より山廃らしい感じが主張。

ただ嫌味なく、そのいい感じのふくらみのある複雑味のおかげで杯がすすむ感じ。

1/21

お燗でいただく。

フッジュッとしたスッキリやわらかな甘みとスッ!とスッキリした酸に、グッホワッとした程よい弾力のある旨みとクッとしたコクがふくらみ、その後、ジュ~とした甘酸とホワグ~とした旨みのふくらみをスッとした酸とフ~とした爽快感で引けていき、キッとした爽快感と辛さでキレ。

初日よりもふんわりで、ふくらみからキレまでの流れは素敵。

美味い。

 

太すぎない酸が引っ張っていく、弾力ありつつ締まった旨味とスッキリしたキレのあるお燗向きのお酒。

この時期の常温だとちょい冷え状態なので、冷や(常温)で飲むにはもったいない温め酒ですね。

お燗にすると、旨味や甘みに酸もふんわり(当たり前ですが)で、ホワリとふくらみ、スッと心地よくキレてウマウマ♪

半可通的には、40度後半くらいが好み。基本アチチ好きですが、アチチはもったいない味わい。

それにしても洗練された旨味感で、過不足のない飲みごたえと雑味のなさ。

伊勢錦は確か山田さんの母方と聞いたような気がしますが、雄町や山田穂系のお酒にあるボリュームはなく、弾力はあるのに厚みやボリュームがそれほどないのは、伊勢錦の特徴なのかな?

こういうのは嫌いじゃないぞ♪

度数、キレ感、旨味具合などお燗でそこそこ飲む人にはパーフェクトなお酒ですね。

ウマっ!!というお酒ではなく、ウメェ~♪ととろけるメルト酒。

酸がやたら突出したお燗向けではないので、安心して飲めるお酒です。

こういう肴の間口が広いお燗向けは、大好き♪

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月29日 (水)

上喜元 特別純米活性にごり生酒

山形の酒屋さんから購入したお酒。

アルミ栓?毎ピックみたいのをブッ刺しましたが、特に上がってくることもなく、直ぐに抜いても問題ないセーフティ活性にごりでした。

「上喜元 特別純米活性にごり生酒」

酒田酒造

Dscn5463

Dscn5466

使用米:出羽燦々

精米歩合:55%

アルコール度数:16度以上17度未満

製造年月:2011年12月

値段:1升2,730円(税込)

感想

Dscn5468

開栓初日(12/31)

冷やしていただく。

上立ち香は、スワ~ンと爽快な甘い香りと薄らオリの香り。

口に含むと、フッと心地よく微かな発泡感でジュッとスッキリジューシーな甘酸と軽やかでギュ~と程よい旨みがフッとしたコク&軽いペリエ感と共にふくらみ、その後、ジュ~と瑞々しくジューシーな甘旨酸のふくらみをフ~とした酸とス~とした軽いペリエ感で引けていき、スッとした軽いペリエ感でキレ。

余韻は、フワ~と軽やかな甘旨酸と心地良いペリエ感。

美味い!

1/8

冷やしていただく。

フ~と心地よい爽快な口当たりでジュウ~&サッパリしたジューシーな甘酸とギュ~と程よいボリューム且つ上品な旨みが、ク~としたコクと軽い渋みを伴った爽快感と共にふくらみ、その後、ジュウ~とした甘旨酸をスッとした酸とクッとした心地よい渋コクで引けていき、クッとした辛さでキレ。

余韻は、ク~とサッパリでふんわりした甘旨みと心地良い爽快感。

初日よりも、ふんわりジューシーでウマウマ♪

美味い!

 

ジューシーな味わいとにごりの旨味がサッパリ上品に楽しめる吟醸にごり酒。

これはコスパ良いお酒ですね!

シュワシュワ!という活性感はなかったですが、心地良いペリエ感とスッキリジューシーな甘旨みがたまりません♪

オリや旨味も上品でさすが「上喜元」という完成度だし、軽やかなのに物足りなさが全くなく、ウマウマスイスイ飲んでしまいます。

にごりがドロドロしていないシルキーな口当たり&のど越し。

でもにごりの旨味はしっかり味わえる、なのに上品。

吟醸の上品さとにごりの良いところの両方が味わえる毎年リピしたい活性にごり酒。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

山吹極 上級者向け食中酒 生もと純米無濾過原酒

山形の酒屋さんから購入したお酒。

久しぶりに飲みたくなった。

「山吹極 上級者向け食中酒 生もと純米無濾過原酒」

朝日川酒造

Dscn5387_2

Dscn5388

Dscn5390

使用米:山形県産山酒4号

精米歩合:58%

使用酵母:山形KA

日本酒度:+9

酸度:1.75

アミノ酸度:1.85

アルコール度数:18度

醸造年度:19BY

製造年月:23年11月

値段:1升2,468円(税込)

感想

Dscn5403

開栓初日(12/17)

常温でいただく。

上立ち香は、スゥ~と軽く練れた酸と旨みを感じる香り。

口に含むと、やわらかい口当たりに溶け込む丸く多少濃密なジュッとした甘みとスッ!とした酸に、ギュッジリッとした旨みと多少ドライなコクが広がり、その後、ジュウ~とやや濃いめの甘酸とジリ~とした旨みのふくらみをスッとした酸とジリ~とした苦コクで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フゥ~とした甘旨みとコク辛さの爽快感。

お燗でいただく。

ジュウッとした甘みとスッとした酸にクィ~とした旨みとややドライなコクが広がり、その後、ジュウ~とした甘酸とギュッとした旨みのふくらみをスッとした酸とクッとした苦コクで引けていき、クッとした苦辛さでキレ。

余韻は、ホワ~とした甘旨みと心地よい苦辛さの爽快感。

冷やだと練れた濃密な甘みが主張しますが、生もとらしい程よい太さの酸があるので、ハチミツの様。

しかしお燗にすると、フワッと感がでて、そのふんわりした甘酸が苦コクでキレていき、余韻も軽い苦みですが、嫌ではない苦み感。

これは冷やでもお燗でも面白く飲めるお酒。

1/5

お燗でいただく。

フッジュッとした程よく練れた甘みとスッ!とした酸に、ジュクィ~とした旨みとクィ~とした軽快なコクが広がり、その後、ジュ~とした酸がやや突出した甘酸とクィ~とした軽快な旨みをスィ~とした酸とクィ~とした苦コクで引けていき、クッとした苦コクでキレ。

余韻は、フワ~と軽い弾力のある甘旨みと辛さの爽快感。

初日よりも、ふんわりで開いた感じ。

美味い。

 

いい感じに練れた濃密な味わいに適度な穀物味と滑りのある旨味が楽しめるお酒。

開けて2週間くらい経つと、いい感じの味わいになりました。

常温だと、ロリ舌半可通には練れ感&多少凝縮された甘みがあって少々飽きますが、熱めのお燗にすると、旨味ふっくらで甘みが目立たずウマウマバランス♪

度数に旨味成分や酸もしっかり目なので苦手な人はトコトンダメでしょうが、このたっぷりした味わいをお燗でユルユル飲むのはハマる人はトコトンハマるでしょうね。

しかも、この値段だし。

半可通的には毎日飲みたいというよりは、たまに無性に飲みたくなるオンリーワンで惹きが強いお酒ですね。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

若駒 純米無濾過生原酒 無加圧採り

関町にある酒屋さんで購入したお酒。

「若駒 純米無濾過生原酒 無加圧採り」

若駒酒造

Dscn5430

Dscn5431

Dscn5432

使用米:栃木県産あさひの夢

精米歩合:65%

使用酵母:Newデルタ/T-S

アルコール度数:17度以上18度未満

杜氏:柏瀬幸裕

醸造年度:23BY

製造年月:23年12月

値段:1升2,500円(税込)

感想

Dscn5435

開栓初日(12/22)

冷やしていただく。

上立ち香は、フワ~ンと軽やかなクリームソーダのような甘い香り。

口に含むと、フッと心地よい口当たりで瑞々しくジュウ~とした甘みとスッ!と爽快な酸に、程よくギュウ~とした旨みがクッと軽快な渋コクと共にフッと広がり、その後、ジュウ~とした甘旨酸とク~とした渋コクのふくらみをフ~とした酸とク~とした渋苦みでスッと引けていき、キッとした爽快な渋辛さでキレ。

余韻は、フ~とした軽快な甘旨みと渋みの爽快感。

美味い。

12/30

冷やしていただく。

瑞々しい口当たりでジュウ~と爽快な甘みと柑橘系のシャープな酸に、ギュウ~と適度なボリュームある旨みとク~とややドライなコクが広がり、その後、ジュウ~とした瑞々しい甘旨酸をスッとした酸とクッとしたコクで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フゥ~とした爽快な甘酸と心地良い旨味感。

初日よりも、ピチピチ感が収まり、旨味ふんわりでスッキリしたキレ。

 

適度なボリューム&シルキーな旨味と柑橘系の酸にスキッとしたキレのあるフレッシュなお酒。

無加圧採りって感じのオリはシルキーな口当たり&旨味感で、爽快で若さのある味わいときれいでジューシーな味わいが両方楽しめ、重さはないのに飲みごたえはしっかり。

含み香は心地よく爽快な甘い香りがあり、味的には瑞々しい甘みと柑橘系の酸があるのでスルッと入り、シルキーなオリの旨味具合ともマッチ。

この時期しか飲めないピチピチ感とフレッシュな味わいですが、硬すぎないのもこの時期飲むのにありがたい。

冷や(常温)で飲んでもバランスが崩れることなくフッスッと飲める。

それにしても、この酸具合は大好物♪ 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

東力士 極一滴雫酒 純米吟醸無濾過生原酒 あらばしり

春日町の酒屋さんで購入したお酒。

「東力士 極一滴雫酒 純米吟醸無濾過生原酒 あらばしり」

島崎酒造

Dscn5398

Dscn5400

Dscn5399

使用米:五百万石

精米歩合:55%

日本酒度:+1前後

酸度:1.9前後

アルコール度数:16度以上17度未満

製造年月:23年11月

値段:1升3,150円(税込)

感想

Dscn5401

開栓初日(12/15)

冷やしていただく。

上立ち香は、ス~とした爽快な香りとフワ~ンとしたジューシーさを感じさせる甘い香り。

口に含むと、フッと心地よく爽快な口当たりでジュッとしたジューシーな甘みと酸に、ジュギュ~としたきれいで程よいボリュームのある旨みがシュッと軽い渋コクと共にふくらみ、その後、瑞々しくもジューシーな甘旨酸のふくらみをスッとした酸とフッとした渋コクで引けていき、そのままスッとした爽快感でキレ。

余韻は、フワ~とした爽快な甘旨みと心地よい爽快感&辛さ。

美味い。

12/25

冷やしていただく。

フッと心地よい爽快な口当たりでフッジュッとした程よくジューシーな甘みとスッとスッキリした酸に、ギュ~とした締まった旨みとクッとしたコク&微かな渋みがふくらみ、その後、ジュ~と瑞々しい甘酸とギュ~とした旨みのふくらみをスッとした酸とクッとした渋コクでスッと引けていき、キッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フワ~としたスッキリした甘旨みに心地よい酸と爽快感。

初日よりも、渋みがなくなり、ジューシーさとふくらみが出た。

美味い!

 

透明感あるジューシーな味わいとギュッと締まったコメの旨味感が、オリガラなのにサラッと味わえるお酒。

ナイスなオリガラ率♪というオリ量だし、袋吊りらしいシルキー&滑らかなオリガラが、新酒らしい透明感あるジューシーさととてもマッチ。

キレはスッキリで、余韻も心地よく次々飲んでしまう危険なお酒。

上立ち香は程よいジューシーな香りですが、含み香の方がより甘みを感じるジューシーな香り。

ただ香りも味も甘みを感じさせますが、スッキリ飲め、しつこさは全くなし。

この時期にしか飲めないし、この時期に飲むべき、素晴らしいオリガラアラバシ酒。

いいぞ、「東力士」!

カチカチ過ぎて、開けたてから飲めたもんじゃないお酒をこの時期に平気で出荷する蔵があるけど、少しは見習いなさい!(笑)

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

いずみ橋 黒蜻蛉 生もと純米酒

蔵直(蔵で直接購入)したお酒。

「いずみ橋 黒蜻蛉 生もと純米酒」

泉橋酒造

Dscn5318

Dscn5322

使用米:海老名産山田錦

精米歩合:(麹)55%(掛)65%扁平精米

日本酒度:+13

酸度:1.9

タイプ:無濾過・1回火入れ

アルコール度数:16度以上17度未満

醸造年度:平成22年度(2010BY)

製造年月:2011年11月

値段:1升3,334円(税抜き)

感想

Dscn5327欠けてた(泣)

開栓初日(11/14)

常温でいただく。

上立ち香は、フゥ~と軽い酸味と綿あめのような香り。

口に含むと、口に入れた瞬間にフッと口に中全体に張り付くようなシルキーな甘旨みとスッ!とシャープな酸に、ク~と軽快なコクがふくらみ、その後、ジュッとした甘酸に当たりはやわらかだがグ~と伸びのある旨みのふくらみをス~とした酸とク~としたコク辛さでスッと引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フ~とした甘旨みと辛さの爽快感。

美味い。

生もとでも酸があまり太くなく柑橘系の酸で、生もとらしい滑らかな旨み感。冷やでも美味い。

硬さもなく、開けたてから飲み頃。

そして硬さとは違う張りというか、弾力的な感じがたまらん♪

お燗でいただく。

フッとした軽快な甘みとフックッとした軽快&締まった旨みに、スッとシャープな酸とクッとしたコクがふくらみ、その後、フ~とした甘酸とクィ~とした旨みのふくらみをスィ~とした酸とクィ~としたコクの爽快感で引けていき、キッとした爽快感&辛さでキレ。

余韻は、フ~とした微かな弾力のある旨みと辛さの爽快感。

熱めだとフッとふくらみスッとキレるが、旨味も味わえる。

温めでも旨味ふんわりのキレ酒で、どの温度帯でも滑らかな旨味とキレを楽しめる。

12/20

常温でいただく。

瑞々しい口当たりでスッス~と程よい太さの酸とジュッとした甘みに、ツ~と滑らかで程よい厚みのある旨みとク~としたコクがふんわりふくらみ、その後、ジュ~とした甘酸とツ~とした旨みのふくらみをスッとした酸とクッとした苦コクで引けていき、そのままクッとした辛さでキレ。

余韻は、フゥ~とした甘旨みとク~とした辛さの爽快感。

初日よりも、角は取れたが大きい変化はなし。

お燗でいただく。

フッと軽快な甘みとスッ!と程よい太さ&シャープな酸に、ツ~ク~とした締まりつつ軽快な旨みとクッとした軽快な苦コクがふくらみ、その後、スッとした酸とクッとしたスッキリ&微かにドライな苦コクでフッと引けていき、キッとした辛さでキレ。

余韻は、ふんわりした甘旨酸と心地よい爽快感。

 

滑らかで軽快な旨味と酸のある、ホントきれいな生もと酒。

旨味はしっかりありながら、軽快に飲めるお酒です。

扁平精米でこの磨きですから、少なくても純吟クラス以上でしょうし、味的にも磨かれたお米の生もとですな!という奇をてらっていない、そのままを味わえます。

酸もありすぎないし、「いずみ橋」特有のドライ感もあまりなく、出来の良い生もとってこんな感じでしょ?という決めつけをしたくなる素晴らしい出来の生もと。

そして、この度数だと疲れずに飲め、半可通好みの度数&味わい。

一緒に買った粕漬けと飲んだら、さらにノンストップ♪

酸が全面に出ていたり、ドーン!としていたり、旨味がきれいなのにその余韻を掻っ攫うようなやたらキレキレ生もと・山廃(それに限らずだけど)は好きではないですが、こういうきれいな旨味とそれにあった酸&キレ感は晩酌酒にピッタリ♪

出汁と飲める生もと。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

七田 純米七割五分磨き 愛山 ひやおろし

静岡の酒屋さんから購入したお酒。

「七田 純米七割五分磨き 愛山 ひやおろし」

天山酒造

Dscn5229

Dscn5230

使用米:愛山

精米歩合:75%

アルコール度数:17度

製造年月日:23年9月

値段:1升2,625円(税込)

感想

Dscn5233

開栓初日(11/1)

常温でいただく。

上立ち香は、フワ~ンと艶やかな甘い香り。

口に含むと、やわらか~い口当たりに溶け込むフッとしたやわらかな甘みとスッ!とシャープな酸に、やわらかグ~ンとした艶やかな旨みとクッとしたコクが広がり、その後、ジュ~とした甘酸とフッグッ~とした旨みのふくらみをスィ~とした酸とクィ~としたコクと薄らとした渋みで引けていき、キッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フィ~とした甘旨酸と心地よい渋辛さの爽快感。

美味い♪

美味しいですが、ジャンル的には面白い美味しさ。

12/15

常温でいただく。

やわらか~い口当たりに溶け込むやわらかで艶を感じるジュッとした甘みとスッ!とした酸に、当りはやわらかいがジュオッとした艶やかな旨みとクッとしたコクがふくらみ、その後、ジュウ~とした甘酸とフォ~としたやわらかで弾力感ある旨みのふくらみをスッとした酸とクッとしたコクで引けていき、キッとした辛さでキレ。

余韻は、フワ~とした甘旨みと微かなコク辛さの爽快感。

初日よりも、滑らかでスルリとした旨味とふくらみが出た。

美味い!

お燗でいただく。

フワッジュッとしたやわらかな甘みと酸にグ~とやわらかで弾力のある旨みがク~としたコクと微かな渋みと共に広がり、その後、ジュウ~とした甘旨酸と微かな渋みの広がりをスッとした酸とクゥ~とした渋コクで引けていき、キッとした渋辛さでキレ。

余韻は、ふんわりした甘旨みと心地よい爽快感。

 

艶やかな旨味とやわらかな甘みのある、低精米なのにふんわりと飲めるお酒。

これは美味いです。そしてコスパ良すぎ!

地味に厚みがあり、シャープな酸もあって、まるで柑橘系果物や酸味の効いたイチゴがのったケーキやタルトの様な味わい。

タルト大好き!きぃー!!

ひやおろしらしい味ノリで、やや濃密な甘旨みなのにしつこくなく、いい感じの余韻を残しつつ後口はスッキリとキレ。

このバランス具合は素晴らしい♪

渋みは微かにありますが、旨味と同居した様な目立たなさ。

旨味のふくらみがフッやブワッと広がるのではなく、旨味はしっかりあるのにツルツルツル~という滑らかさ。

おしとやかだけど、しっかり者という女性的な感じ。

まぁ幻想は承知で書いてます・・・。

雄町と愛山を飲み比べたわけですが、個人的には愛山の方が好みでしたね。

愛山は毎年リピしたいほどのコスパと味。

この艶やかさなツルツルッとした旨味感は愛山そして、低精米じゃないと味わえないのかも。

これはエロいわ(褒め言葉) 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

七田 純米七割五分磨き 雄町 ひやおろし

静岡の酒屋さんから購入したお酒。

「七田 純米七割五分磨き 雄町 ひやおろし」

天山酒造

Dscn5231

Dscn5232

使用米:雄町

精米歩合:75%

アルコール度数:17度

製造年月日:23年9月

値段:1升2,520円(税込)

感想

Dscn5234

開栓初日(11/1)

常温でいただく。

上立ち香は、フ~と軽くイチゴの様なスッキリ甘い香り。

口に含むと、やわらか~い口当たりに溶け込むフッとやわらかでジュッとした甘みと酸に、ボギュ~ンとしたややボリュームのある旨みとクィ~としたコクが微かな渋みと共に広がり、その後、ジュ~とした甘旨酸をスィ~とした酸とクィ~としたコク&微かな渋みで引けていき、キッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フワ~とした甘旨みと軽い酸に渋みの爽快感。

美味い。

ジュッとしたやわらかな甘みとシャープな酸に、ややボリュームのある旨味と微かな渋みがあり、まだまとまりはないけど、充分美味い。

イチゴのような甘酸とややボリュームのある旨味があって、まるでイチゴに生クリームをつけた様な味わいを連想させる。

12/14

常温でいただく。

やわらか~い口当たりに溶け込むジュッ とした甘みと酸に、雄町らしいボリュームのある旨みとクゥッとした軽い穀物感ある苦コクが広がり、その後、ジュウ~とした甘酸とギュ~とした旨みの広がりをスィ~とした酸とクィ~とした苦コクで引けていき、キッとした苦辛さでキレ。

余韻は、フワ~とした甘旨みと軽い苦辛さの爽快感。

初日よりも、渋みがなくなりふくらみと苦みが多少でた。

お燗でいただく。

フッとした甘みとジュッとした酸にギュッとした旨みとクッとした苦コクがフッと広がり、ジュウ~とした甘旨酸をスッとした酸とクッとした苦コクでスッと引けていき、そのままクッとした苦辛さでキレ。

余韻は、ホワ~とした甘旨みと軽い苦みの爽快感。

 

程よいジューシーな甘酸と雄町らしいボリューム&穀物感が重たくなく飲めるひやおろしらしいお酒。

雄町好きならド真ん中というらしさを味わえるお酒ですね。

しかもお手頃感があるというのも、ありがたい。

お燗にすると、フッとふくらみスッと穀物的苦みでキレる感じで、冷や(常温)の方がジューシーさとボリュームが楽しめ、半可通的には冷やの方が好み。

どちらにしても、ひやおろしというモデルケースにピッタンコな味ノリ、角の取れ具合にユーティリティを持ち合わせています。 

ベースは一緒で米違い、しかも特徴のある雄町と愛山の飲み比べができるというのはサイコーですな!

こういうチャレンジ大好き♪

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

若駒 純米大吟醸無濾過生原酒

関町にある酒屋さんで購入したお酒。

「若駒 純米大吟醸無濾過生原酒」

若駒酒造

Dscn5377

Dscn5379

使用米:岡山県産雄町

精米歩合:50%

使用酵母:T-F/T-S

アルコール度数:16度以上17度未満

杜氏:柏瀬幸裕

製造年月:2011年11月

値段:1升3,500円(税込)

感想

Dscn5383

開栓初日(12/8)

冷やしていただく。

上立ち香は、フワ~としっかりとした甘みを感じる様な吟醸香。

口に含むと、フッとやわらかい口当たりに溶け込むジュッとしっとりやわらかな甘みとスッと爽快な酸に、ジュッグッとした弾力感とボリュームのあるきれいな旨みとクッとしたコクが微かな渋みと共にふくらみ、その後、ジュウ~とやや濃いめなのにしつこくない甘旨酸と微かな渋みのふくらみをス~とした酸とフ~とした軽い渋苦コクでフッと引けていき、そのままスッとキレ。

余韻は、微かな渋苦コクとふんわりした甘旨み。

美味い。

12/14

冷やしていただく。

フッとした口当たりでジュウッとしたジューシーな甘みといい感じの弾力感&厚みある旨みに、スッ!とした果実系の酸とクッとしたコクがふくらみ、その後、ジュウ~としたジューシーな甘旨酸をスッとした酸とクッとしたコクでフッと引けていき、そのままスッとキレ。

余韻は、ふんわりした甘旨みと心地よい苦コク。

初日よりも、ふんわり感と旨みがでた。

 

やや濃いめのジューシーな味わいと厚みがあるのに、しつこくなくサッパリ&きれいなふくらみが楽しめるお酒。

雄町!という感じの弾力&ボリュームに、50%精米らしい上品なふくらみときれいさ♪

甘みはしっかりあるし、雄町らしいボリュームもあるのに、しつこくなく、きれいで後口もスッキリ。

甘めの白ワインのような甘酸と、軽いえぐみの様なコクがありますね。

ジューシー&ジュウ~としたいい感じの味ノリ具合なのに、まだ渋みある若さもありで、過熟感はなし。

ただ、いい感じのボリューム感がありつつ、もうちょい張りのある方が、好みの問題だと思うけど、より良さを感じられる気がする。

まぁとにかく、23BYも色々飲んでみたい期待の銘柄。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2010 参加したイベント | 2010 蔵見学&蔵拝見 | 2010 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2011 参加したイベント | 2011 蔵見学&蔵拝見 | 2011 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2012 参加したイベント | 2012 蔵見学&蔵拝見 | 2012 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2013 参加したイベント | 2013 蔵見学&蔵拝見 | 2013 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2014 参加したイベント | 2014 蔵見学&蔵拝見 | 2014 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2015 参加したイベント | 2015 飲んだ日本酒(リキュール含む) | グルメ・クッキング | 三重県のお酒 | 京都府のお酒 | 佐賀県のお酒 | 兵庫県のお酒 | 和歌山県のお酒 | 埼玉県のお酒 | 外飲み | 大阪府のお酒 | 奈良県のお酒 | 宮城県のお酒 | 富山県のお酒 | 山口県のお酒 | 山形県のお酒 | 岐阜県のお酒 | 岡山県のお酒 | 岩手県のお酒 | 島根県のお酒 | 広島県のお酒 | 徳島県のお酒 | 愛媛県のお酒 | 愛知県のお酒 | 新潟県のお酒 | 日本酒 | 日本酒イベント情報 | 日記・コラム・つぶやき | 東京都のお酒 | 栃木県のお酒 | 滋賀県のお酒 | 石川県のお酒 | 神奈川県のお酒 | 福井県のお酒 | 福岡県のお酒 | 福島県のお酒 | 秋田県のお酒 | 群馬県のお酒 | 茨城県のお酒 | 読書 | 酒造組合 | 長野県のお酒 | 青森県のお酒 | 静岡県のお酒 | 香川県のお酒 | 高知県のお酒 | 鳥取県のお酒