« 七田 純米七割五分磨き 愛山 ひやおろし | トップページ | つぶやき »

2012年1月28日 (土)

昼酒バンザイ! 日替わり地酒で感動「稲毛屋」

休日に美術館へ向かう・・・。

 

目的は、「プラド美術館所蔵 ゴヤ展」です。

Dscn5530

 

さほど期待してはなかったのですが、これが良かった♪

テク的な意味でも、題材を含めても、よくこんなの書けるなぁ~という画家なのに、82歳まで生きていたというのも驚き。

こんな絵を書いていたら、長生きできなそうなイメージは半可通だけ?(苦笑)

そして目玉でもある「着衣のマハ」ですが、左端、真ん中、右端から見ても「マハこっち見んな!」という目が合う感じでした。

いやぁ~良いもんみたなぁとホクホクして会場からでると、12時ちょい前。

このままお昼ご飯食べに行ってもいいけど、昼時の忙しいときに行くのもなぁ~と思い、久しぶりに常設展も軽く見てまわる。

ゴヤ展見終わった時点で、足がハーフマラソン後みたいな疲労感がありましたが(したことないけど)、それでもフラっと目に付いたのだけ観賞。

常設展を出た頃には、12時半。

さぁ12時半になったし、レッツ昼酒!(まいんちゃん風に)

んで、向かった先は「稲毛屋」さん。

Dscn5531

時間的に13時前なのでかなり混んでいましたが、カウンター席が1席だけ空いていて、そこにご案内。

とりあえず、最初のお酒は自分じゃ選ばないお酒が多くて、何が出てくるか楽しみでもある日替わり地酒と大好物の「菜の花のからし和え」が札で張られていたので、それを注文。

んで、日替わり地酒が注がれる。

これでした。

Dscn5532

わ~い、「青やまユ 22BY」でした。

これ、飲んでみたかったんですよね~。ハッピハッピハッピー♪

んでは、いただきます!

フッと上品なふんわりした旨みとスッキリした柑橘系ジューシーがフワ~とふくらみ、フッとキレ。

こりゃ、美味いわ。

ほんの微かに硬さを感じるあたり、出荷時よりも今くらいが飲み頃じゃないかと感じる張り具合。

柑橘系ジューシーでもやわらかで、トーンが軽やか。こういう柑橘系ジューシーは記憶にないなぁ・・・。柑橘というか、しつこくない洋梨って感じかな?

エレガントさがあるのに、しつこくなく、ふくらみ&旨味的には大吟クラス。

1杯目からエライのを飲んでしまったな・・・(苦笑)

Dscn5533お通し

今日はケツはないので、エレガントなお酒を珍しくゆっくり味わっていると、「菜の花のからし和え」も運ばれる。

Dscn5534_2

美味っ!

絶妙な茹で加減と辛子の効かせ具合♪

好きなので嫁にも作ってもらうのですが、この絶妙の湯で加減と味のメリハリはさすがって感じ。

今度自分で作ってみよう。レッツ、クッキング!(まいんちゃん風)

んで、お次のお酒は当然このお店での半可通的定番酒「而今」ですな!

「而今ください」と注文すると「○○とおりがみの○○がありますが・・・」というので、若干食い気味な感じで「おりがらみで!」とおりがらオーダー。

店頭に札が書いてあったので、もう飲むのが楽しみでワクワクしすぎてね、手足の震えが「而今」飲むまで止まりませんでしたよ(アル中)

Dscn5536

「而今 純米吟醸八反錦おりがらみ」をいただく。

ジュッギュッとやや濃いめながらシャープな旨みとスッと軽やかな甘酸が、微かな渋みと共にふくらみ、フワ~としたふくらみをスッとキレ。

瑞々しさと艶っぽさが楽しめ、キレと余韻が素敵ですね。

派手さは控えめですが、香りと五味に完成されたバランス感を印象づけます。

オリ自体もシルキーで、スルリと飲め、且つオリガラらしい旨味はしっかり。

しかもその旨味は上っ面ではなく、しっかり奥に響く旨味なのは、さすが「而今」。

昼間からあまり飲むのもなぁ~と常日頃感じているので、今日は3杯で終わりよ!と決めていたので、次が最後のお酒。

1杯くらいは新規開拓をと、目の前の札に「濃醇で当店の女性スタッフに人気」みたいに書かれていた「浜娘」を注文。

お酒と一緒に初の「焼き鳥丼」も注文。

当初は鳥カツ丼を食べる気満々でしたが、これ以上太ると、このお店のカウンター席に座れなくなりそうなので(現在でも若干OB)、少しカロリーを気にして焼き鳥丼にしました。

「15分ほどかかりますがよろしいですか?」と聞かれましたが、今日はケツはないのでね、問題無いです。

Dscn5537

これを注いでくれた店員さんが「日本酒はあまり飲まないのですが、これは美味しく飲めました」的なことを言っていましたね。

んでは、「浜娘 純米搾りたて生」をいただく。

バナナフレーバーのような香りと瑞々しくジューシーな甘みに、スッと爽快な酸とギュッとした旨味&青草をイメージする風味が心地よい渋みと共にふくらみ、そのふくらみをフッと心地よい渋みでフッとキレ。

瑞々しく、しっかりとした味わい。

「復活」&搾りたてという勢いのある味わいですが、重たさや雑味感は感じない。

復興の為に飲みましょう!みたいなセリフは言う気もないですが、このお酒は復興どうこう関係なく、美味しいです。

んで、しばらくすると焼き鳥丼がドーン!

Dscn5538

つくねともも?が乗ってます。

鰻だけでなく、鶏肉も美味いわぁ♪

食べ途中で大盛りにするのを忘れた・・・と後悔しながら美味しいご飯もパクパクいただき、昼酒終了!

美味しいお酒と料理、ごちそうさまでした!

 

んで、いい気分でフンフン♪(正確にはデブの鼻息)と駅まで向かう途中におにぎり屋さん(道沿いにショーケースで販売)の前を通る・・・。

そのお店で買っている人がいて、店頭にはどれも100円のポップ。

へぇ~、どれも100円かぁ~と歩きながら見ていると、天むすを発見!

天むす100円なら食べたいなと店の前を通ったのに引き返し、1個購入。

必殺デブ踵返!

Dscn5539

揚げ物を投入し、落ち着きました。

 

次回は天むすを買わずにすむように、しっかり大盛りを食べよう・・・。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 七田 純米七割五分磨き 愛山 ひやおろし | トップページ | つぶやき »

外飲み」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

ゴヤも北京故宮展も行きたいのですが、三月末まで休みが取れなくて・・・
マハもいいけど、サトゥルヌスを生で見たいよぉ(>_<)

浜娘、良さそうですね。
毎度知らないお酒と巡り会えるのは凄いなあ。

投稿: トール | 2012年1月28日 (土) 10時33分

トールさん

>常きげん
熟成感あるのにキンキンでもサラッ&スルリと飲めるとは、さすがは常きげんって感じですね。

>サトゥルヌス
ゴヤと言えば私もサトゥルヌスという感じなので、生でみたいですよね。
ただこの展にも結構闇系の絵があるので、ゴヤすげぇって感じられます。
大体、自画像から闇が漏れてますもん(苦笑)

>浜娘
よかったですよ。
粗もあるのでしょうが、勢いがそれを凌駕するので、全く気にならず。

私に言えることは、3月末までは仕事に支障がでない程度にお酒を楽しんでくださいな、くらいdeath…。
ご自愛くだされ。

投稿: 半可通 | 2012年1月29日 (日) 09時20分

ごぶさたしとります^^
いや〜、まいんちゃん、大きくなっちゃいましたね〜。
青やまユ、お家でおねんねしてます。そろそろですね。ハッピハッピハッピ〜^^

ゴヤは見た事ある程度なのでスルーにて失礼を^^

投稿: | 2012年1月29日 (日) 10時46分

陶さん

>青やまユ
いいなぁ~。
数日かけて家でチビチビ飲みたいですよ…。

>まいんちゃん
この前久しぶりに見たら大きくなっていたし、作っているお菓子も本格的で、もうまいんちゃんではなく、まいんさん(苦笑)

投稿: 半可通 | 2012年1月29日 (日) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/43889856

この記事へのトラックバック一覧です: 昼酒バンザイ! 日替わり地酒で感動「稲毛屋」:

« 七田 純米七割五分磨き 愛山 ひやおろし | トップページ | つぶやき »