« 白隠正宗 誉富士 純米酒 | トップページ | 正月に実家で飲んだ酒 »

2012年1月 9日 (月)

小夜衣 地酒工房特別純米酒 誉富士

静岡の酒屋さんから購入したお酒。

「白隠正宗」とこれで、誉富士飲み比べ。

「小夜衣 地酒工房特純米酒 誉富士」

森本酒造

Dscn5296

Dscn5297

Dscn5298

使用米:誉富士

精米歩合:60%

日本酒度:+3.5

酸度:1.4

アルコール度数:15度以上16度未満

製造年月:23年6月

値段:1升2,500円(税込)

感想

Dscn5300 

開栓初日(11/3)

冷やしていただく。

上立ち香は、フゥ~とスッキリした甘い香り。

口に含むと、やわらかい口当たりでしっとりジュッとした甘みと酸に、瑞々しくギュ~とした旨みとフ~としたコクがふんわりふくらみ、その後、ジュウ~としたしっとりした甘旨酸をフ~とした瑞々しい酸とコクでフッと引けていき、そのままフッとした辛さでキレ。

余韻は、瑞々しい甘旨みと微かな爽快感。

美味い。

11/29

常温でいただく。

やわらかい口当たりに溶け込むジュッとやわらかな甘みと酸に、地味にギュ~とした程よい旨みとク~と微かにドライなコクが広がり、その後、ジュ~と瑞々しい甘旨酸をフ~とした酸とク~とした軽快な苦コクで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フ~とした甘旨みと微かにコク。

初日よりも、キレ感は増した感じだが大きい変化はなし。

 

角の取れた瑞々しい甘みにギュッと締まった旨味とスッキリしたキレのあるお酒。

微かに練れた風味はありますが、瑞々しい味わいなので気にならず。

締まった旨味はあるのに主張強すぎず、上品でキレもフッとしっかりキレるのに優しい当り。

キレ感と余韻が良い感じです。

程よい飲みごたえ感とサッパリした後口で、冷や(常温)だとダラダラ飲んでしまう危険なお酒ですね。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 白隠正宗 誉富士 純米酒 | トップページ | 正月に実家で飲んだ酒 »

2011 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

静岡県のお酒」カテゴリの記事

コメント

おお、さよごろも。
いつかいつかと思いつつ、今に至ります(^_^;)

次は、鳳雛と杉錦の誉富士ですね!?

投稿: トール | 2012年1月 9日 (月) 21時57分

トールさん

これで打ち止めです(笑)

投稿: 半可通 | 2012年1月10日 (火) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/42940107

この記事へのトラックバック一覧です: 小夜衣 地酒工房特別純米酒 誉富士:

« 白隠正宗 誉富士 純米酒 | トップページ | 正月に実家で飲んだ酒 »