« 正月に実家で飲んだ酒 | トップページ | 東鶴 特別純米雄町 生 »

2012年1月14日 (土)

チャイ生まれ 酒器育ち

先日、六本木ミッドタウンというナウでアーバンなスポットに行って来ました。

目的はミッドタウン内のサントリー美術館でして、東海道五十三次の浮世絵を観賞ってな感じで行って来ました。

そんなんで鑑賞後は、せっかくなのでオノボリさんらしくミッドタウン内を徘徊しますかと、シャレオツスポットに公園に住んでいるおじさんみたいな格好でウロウロしていました。

そんなシャレオツスポットの雑貨屋というか、食器などを扱うお店で酒器などを物色・・・。

すると良い物を見つける。

それが、これ。

Dscn5521

本来はチャイ用のグラスでして、当然耐熱。

家にあるグラスのお猪口よりも縁の厚みがないし、これで冷酒からお燗まで飲めるならこれ幸いと購入。

元々酒器にこだわりはあまりなく、普段家で飲むときは磁器でできた縁の薄いお猪口か、しっかりした味のお酒を飲むときには数年前に栃木県のイベント時にもらった縁が厚めの益子焼のお猪口で充分なくらい。

それにリーデルグラスみたいなのを使うほど香りや味がわかるわけでもないし、うすはりグラスの酒器はビールみたいのをガブガブ飲むときにはサイコー!って思いますが、日本酒飲むときには唇と持ち手に意識がいき過ぎて疲れるんですよね。

ですので、外でかしこまった席で使う分にはいいのですが、普段使いするにはちょっと・・・てな感じ。

その点これは丈夫そうだし、壊れても悲しまない値段だしでデイリー使用酒器にピッタンコ♪

んで、早速使用。

にごり酒を冷酒で・・・。

Dscn5523

お燗酒で・・・。

Dscn5524

う~ん、いい感じ♪

そんな感じで上機嫌で嫁に「これ本来はチャイ用のグラスらしいけど、お酒飲むのにいいかなぁと思って買ってきたら、大正解だったよ」的に話すと「んっ?」みたいな顔をされる。

すると

「えっ?それ買ってきたの?それと同じのうちに2つあるよ。てっきりそれを出してきて使っているのかと思ってた」

とのこと。

なんでもハーブティー飲むように以前から家にあったみたい。

そんなの使っているとこ見たことないぞ・・・。

おかげで半可通家には、同じグラスが4つに増えましたが、あくまでもチャイ用2客、酒器用2客。

見た目全く同じだけど・・・。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 正月に実家で飲んだ酒 | トップページ | 東鶴 特別純米雄町 生 »

日本酒」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/43730247

この記事へのトラックバック一覧です: チャイ生まれ 酒器育ち:

« 正月に実家で飲んだ酒 | トップページ | 東鶴 特別純米雄町 生 »