« 米鶴 かっぱ 超辛口特別純米うすにごり生酒 | トップページ | 小夜衣 地酒工房特別純米酒 誉富士 »

2012年1月 7日 (土)

白隠正宗 誉富士 純米酒

静岡の酒屋さんから購入したお酒。

「白隠正宗 誉富士 純米酒」

高嶋酒造

Dscn5293

Dscn5294

Dscn5295

使用米:誉富士

精米歩合:60%

使用酵母:静岡酵母NEW-5

日本酒度:+3

酸度:1.7

アルコール度数:15度以上16度未満

製造年月:23年3月

値段:1升2,548円(税込)

感想

Dscn5299

開栓初日(11/3)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~とスッキリした甘い香りと酸を感じる香り。

口に含むと、やわらかい口当たりでジュッと多少練れた甘旨みとスッとした程よい太さの酸に、ク~と軽快なコクがふくらみ、その後、ジュ~とした瑞々しくも練れた甘旨酸のふくらみをスッとした酸とク~と軽快なコクで引けていき、フッと心地よい辛さでキレ。

余韻は、フワ~とした甘旨みに心地よい辛さとコクの爽快感。

11/28

常温でいただく。

やわらかい口当たりに溶け込むジュウ~と角の取れた程よい太さの甘旨みと酸に、ク~と軽快なコクが広がり、その後、ジュウ~とした甘旨酸をフ~とした酸とク~としたコクで引けていき、キッとした辛さでキレ。

余韻は、フワ~とした甘旨みと心地よい爽快感。

初日よりも、一体感がでていい感じ♪

美味い。

 

ジューシーな甘旨みと酸がマッチした度数の割に飲みごたえ&満足感が楽しめるお酒。

開けて20日くらい経つと一体感がでてきて、太さ&厚みある甘旨みと酸がよりマッチしました♪

いい感じに練れていて、柑橘系の酸とはまた違ったタイプのもうちょい太めの酸が食を誘い、キレ&コクも締まった感じで、強すぎずにフッとキレるあたりは半可通好み。

旨みの濃いイチゴを連想させる様な甘旨酸具合で、後口のサッパリ感もイチゴ様。

お酒単独でもいけますが、どちらというと食事と一緒に飲むタイプのお酒ですかね。

詳しい感想は書きませんでしたが、お燗にすると、ふっくらでスッというキレで美味し♪

冷酒ではなく、冷や(常温)かお燗向きで、この時期にピッタリの味ノリ。

ダレることなく伸びるこの感じは、きっと造りがしっかりしているのでしょうね。

静岡的なお酒というよりは、どことなく、あのお酒に似ているなぁ~という印象。

どこかなんて言わせんな。てめぇで考えろ。恥を知れ(意味なくキレてみた)

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 米鶴 かっぱ 超辛口特別純米うすにごり生酒 | トップページ | 小夜衣 地酒工房特別純米酒 誉富士 »

2011 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

静岡県のお酒」カテゴリの記事

コメント

感想だけ読むと、むしろ最近の静岡酒らしいんじゃ?(^_^;)

投稿: トール | 2012年1月 8日 (日) 09時37分

トールさん

最近の静岡酒に明るい訳ではないですが、酸あるタイプだし、静岡という括りでは外れている気はしますよ。

それに武蔵関が扱うくらいですし(良い意味で試験紙店)

投稿: 半可通 | 2012年1月 8日 (日) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/42940062

この記事へのトラックバック一覧です: 白隠正宗 誉富士 純米酒:

« 米鶴 かっぱ 超辛口特別純米うすにごり生酒 | トップページ | 小夜衣 地酒工房特別純米酒 誉富士 »