« チャイ生まれ 酒器育ち | トップページ | 水尾 特別本醸造 »

2012年1月15日 (日)

東鶴 特別純米雄町 生

江古田にある酒屋さんで購入したお酒。

お目当てのひやおろしがなかったので、飲んだことのないこれを購入。

そして、家に帰って裏ラベルを読んでから気づきましたが、これ夏酒なのかもと・・・。

初めて飲む銘柄なのに、アンチな夏酒から入るって・・・。

「東鶴 特別純米雄町 生」

東鶴酒造

Dscn5346

Dscn5347

使用米:雄町

精米歩合:60%

アルコール度数:15度

杜氏:野中保斉

製造年月:2011年7月

値段:1升2,730円(税込)

感想

Dscn5348

開栓初日(11/17)

冷やしていただく。

上立ち香は、フゥ~とカラメルっぽい甘い香り。

口に含むと、やわらかい口当たりでジュウッとした瑞々しいが濃い目の甘みとギュッとした旨みに、スッとした酸とクッと軽快なコクが広がり、その後、ジュウ~とした甘旨みのふくらみをフッとした酸とクッとした苦コクで引けていき、クッとした辛さでキレ。

余韻は、フワ~としたココアの様な甘旨みとサッパリ感に多少苦み。

12/2

冷やしていただく。

やわらか~い口当たりに溶け込むやわらかでやや密度の濃いココアの様な甘みとギュッと多少ボリュームのある旨みに、スッとした酸とク~と軽快なコクが広がり、その後、瑞々しくもやや濃いめの甘旨みをフ~とした酸とク~と軽快な苦コクで引けていき、キッとした辛さでキレ。

余韻は、フ~とした甘旨みと軽いコク辛さの爽快感。

初日よりも、密度の濃い甘旨みがふんわりでいい感じ。

 

 

やや密度の濃い甘旨みがありながら、しつこくなく後口サッパリのお酒。

多少オリも出ていて、味的にも熟した感があります。

でも生ヒネっていう嫌な感じはなく、良い意味で生塾フレーバーと味わい。

そんな感じなので、上品なココアの様な甘旨みが楽しめ、でもしつこくなく、後口もサッパリ。

夏酒?らしく、重さや雑味はなし。

タイプ的には佐賀らしく甘めですが、サッパリしていて、でも旨味はちゃんとあるので、物足りなさやしつこさは全くなし。

夏酒なのかもしれませんが、この時期に飲んでも悪くないです。

ただ個人的には飲み頃を逸している感じなので、新酒の張りがある状態のお酒を飲んでみたいですね。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« チャイ生まれ 酒器育ち | トップページ | 水尾 特別本醸造 »

2011 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

佐賀県のお酒」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

関戸にもありますが、東鳩と読み間違えてました・・・

嗚呼、カラメルコルヌ(^_^;)

投稿: トール | 2012年1月15日 (日) 10時06分

トールさん

それじゃあ完全にお菓子じゃない(苦笑)

造り手は若い方らしいですが現時点でも悪くないので、雄町好きなら是非一度お試しあれって感じです。

投稿: 半可通 | 2012年1月16日 (月) 09時50分

関戸に行ったら、特別純米雄町とその直汲み、荒走りに、特純の山田錦と活性濁りがありました。
特純しかないのかしらん?(^_^;)

雄マチスモとして荒走ってみましたが、オススメは山田さんだそうです。

投稿: トール | 2012年1月18日 (水) 18時04分

トールさん

特純でも色々あるんですね。
私が見たのは、これと純米火入れ(1,2年熟成物)だけでした。

バシッたのが美味しかったら、山田さんもいくしかないですね(微笑)

投稿: 半可通 | 2012年1月18日 (水) 20時31分

山田さんを、お持ち帰りして参りましたですの。

山田さんの荒走りと、純吟も入荷していましたですのよ。

投稿: トール | 2012年1月21日 (土) 18時14分

トールさん

結構な発売ラッシュで…。
早飲みの方がいいのか、もうちょい待った方がいいのか、感想をお願いします(ペコリ)

投稿: 半可通 | 2012年1月22日 (日) 09時19分

荒走りは、全く差し支えありませんの。

今宵頂いてるのは、東京唯一取り扱いの関戸で購入した「謙信」ですの。
今日のうえもブログを読んで、思わず驚天動地ですの。

投稿: ですトール | 2012年1月22日 (日) 22時32分

トールさん

アンテナ張っているなぁと思いました(苦笑)
このお酒をよく知らないのですが(名前をどこかで見たくらい)、ジューシー系?

新潟酒は数年前に某セレッソ(銘柄は伏せる)を扱うかもという話から流れた経緯もあり、どこかを狙っていたのでしょうね(常連裏話)

投稿: 半可通 | 2012年1月23日 (月) 10時25分

>アンテナ
昨年初頭から、プレ系のアンテナは全て畳んでます。

謙信は、義侠を買おうとしたら、食中酒ならこれが!! と猛プッシュに会い、購入したものです。

柑橘系フルーティーの、地味な佳酒ですね~。

投稿: トール | 2012年1月23日 (月) 13時53分

トールさん

柑橘系フルーティーですか。
それなら一度飲んでみようかしら。と言いつつ、試飲できたらそれで終わりかも(苦笑)

>アンテナ
一応数軒の酒屋さんのHPは見ていますが、飲んでみたい!という熱量が年々減少。

それと、これじゃなきゃ!というオンリーワン的なお酒が減ったのと、大体これとこれは同じ味わいだからこれでいいや的な、ザックリとした私の鈍舌のおかげで、個の差が分からないのも原因でしょうね(反省)

投稿: 半可通 | 2012年1月24日 (火) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/43054568

この記事へのトラックバック一覧です: 東鶴 特別純米雄町 生:

« チャイ生まれ 酒器育ち | トップページ | 水尾 特別本醸造 »