« 若駒 純米無濾過生原酒 無加圧採り | トップページ | 山吹極 上級者向け食中酒 生もと純米無濾過原酒 »

2012年2月19日 (日)

プレ、試飲、燗祭り、蕎麦にチャンポン、いったい何の会だよ!の会

春日町にある酒屋さんから、お客さんにお燗器いただいたからそれで店内でお燗したり、本場のチャンポン食べたり、都内では見かけないお酒の試飲もやるから来ない?的な誘いをいただき、試飲とチャンポン目当てで参加する・・・。

 

お酒の方は、「鯨波」を造っている恵那醸造という蔵元の御親戚が都内でお酒の営業をしていて、その方が扱っている「鯨波」、山口県の「長門峡」、静岡の「中屋」の3種をメインにいただく。

お料理の方は、近いうちに飲み屋さんをやりたいという方がお料理の意見を聞きたい的な感じで、その方が作った料理数品、近所に住む参加者の方が家から持ってきてくれたおツマミに、酒屋さんが作ったもつ煮や日本橋の蕎麦屋さんの蕎麦に、会の参加者がご実家の側にある製麺所?から取り寄せた本場のチャンポンをその参加者の方が作ってくれるという、座っていればドンドン料理が出てくるといういたせり尽くせりな感じでした。

そんな会の様子などは、こっちのブログも参考に・・・。

そしてお燗の方はというと、燗ツケさんか燗スケさんとかいうサンシン辺りから発売されたっぽいオッサン型お燗付けマスィーン(マシーン)がヤケクソ気味に色々お燗してくれたので、それを色々いただく。

そんないただいたお酒を覚えている範囲で書きますと、

「鯨波 純米酒生」

「鯨波 純米吟醸生」

「長門峡 純米(大)吟醸」とにかく山田の50

「長門峡 特別本醸造あらばしり生」

「長門峡 あらばしり」純米だったはず

「中屋 辛口純米」

「中屋 純米吟醸50生」

「能古見 純米吟醸」あらばしり?ピンクラベル

「智則」

それとサンプルで届いたという「亀の海 特別純米酒」

「亀の海 純米吟醸」

こんな感じでした。

基本生酒のお燗は家では滅多に飲まないし、普段こんなのお燗にしないなぁというのもお燗でいただいたりできて、結構いい経験ができました。

やはりザ・吟醸酒というお酒を温めにお燗したとしても、プワ~んとした甘い香り&生の香りや吟醸酒由来の苦みがでるので、やはり半可通はこの手のお燗は苦手だわと改めて感じたし、かといって生酒でも「能古見」なんかはお米の旨味がふんわりでこれはこれでアリだなと感じたり、同じ「亀の海」でも香りのタイプが違くて、こっちのお酒はお燗イマイチだろうなぁというのをあえてお燗してもらい飲むと、やはりイマイチだわ(苦笑)など、ホントいい経験でしたよ。

お料理の方は、筑前煮にレバーペースト(レバペラブ♪)やヒラメの昆布締めなどが美味しく、モアーレバー、モアー昆布締めーって感じでした。

5596

5598

5599

〆のチャンポンも美味しく、育ち盛りなのでね「もっと食べたいぞぉー!!」と味皇的なリアクションをしたいところでしたが、さすがにいい大人なのでね、我慢しました。

さすが本場と感じたのは、チャンポンの麺の原材料表示が「小麦、カンスイ」のみ。

本場のチャンポンスゲェ!って感じで感動し、帰宅したときに嫁にそれを伝えちゃいましたよ。

嫁も「さすが本場だねぇ」って感心していました。嫁に話した会の内容はそれくらい。会の内容というか、チャンポンの麺の話だけですね(苦笑)

 

そんなこんなで、参加者の方の話も面白く、半可通的には楽しめたので、また楽しい会を企画してください。

よろしくお願いします!

営業の方、お料理を作っていただいた方々、裏方の方々、ご馳走様&ありがとうございました!

それにしても「背番号24は今でも清!」は名言だわ(笑)

心に響いた。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 若駒 純米無濾過生原酒 無加圧採り | トップページ | 山吹極 上級者向け食中酒 生もと純米無濾過原酒 »

2012 参加したイベント」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

なかなか充実の会だったようで。

鯨波は地元の酒屋で帰省のときに買ってたので、近所で買えるようになって何よりです。純吟しか飲んだことなかったけど、純米◎でした。

中屋の辛口はぬる燗でおいしかったです。

以上、昼のレポでした。

投稿: 常連の「ひ」 | 2012年2月19日 (日) 22時43分

「ひ」さん

私は逆に純米火入れは飲んだことありましたので、純吟はお初でした。

癒し系甘口って感じで、ピチッとした生感いらないかも…ってな印象を受けましたので、生ならもうちょい寝かし、それか火入れかなって感じです。
きっと純米火入れなんて永遠に飲めそうなタイプで、そういうのを無性に飲みたくなるときがあるんですよね~。

まぁお店の性格上、生しか入荷しなそうですけど(苦笑)

投稿: 半可通 | 2012年2月20日 (月) 09時47分

一升瓶で鯨波の純米をリピートしてしまいました。たしかに、これの火入れは、惹かれますね。うんうん。寝かしてみようかな~。

生好きな私も、久しぶりに火入れを飲むと、「落ち着くぅ~」って、とってもホッとすることがあります。

今度、帰省したら、地元のお店のおばちゃんにいろいろ相談して探してみます。火入れも楽しみだなぁ。

投稿: 常連の「ひ」 | 2012年2月28日 (火) 23時47分

「ひ」さん

生酒1升瓶5本プラス4合瓶1本という冷蔵ストックほぼ限界中で減らしたいのですが、ここ最近生酒の量が飲めなくなってきてまして、なかなか減りません。
火入れ系は順調に減っているのですが。

次春日町で買う予定のも火入れだし、という確実に中身もオッサン化してきています(悲)

早く鯨波の火入れも入荷しないかな…。

投稿: 半可通 | 2012年2月29日 (水) 09時24分

お邪魔します。
「24番は清!」と豪語していた、ともぽんと申す者です(苦笑)
酒屋さんからお伺いしてご挨拶に参りました(*^^*)
あの会でお会いしたどの方なのか…それは教えて頂けなかったのですが、またお店や集まりなどで私をみかけた時は構ってやってくださいm(_ _)m

投稿: ともぽん | 2012年4月 5日 (木) 02時11分

ともぽんさん

あの時は楽しませていただきました!
そんな清もまさか横浜で監督とは驚きですよ。

それよりも、このブログを酒屋さんから聞いたんですかね?
また余計なことを…。

次回会う機会があっても、私から「コメントありがとうございました」とかベロベロに酔っ払っていても言いませんので、悪しからず(笑)

そして誰があの駄ブログを書いているんだ?的な犯人探しもしないでくださいね(ここ大事)
ここままひっそりとブログを続けていきたいので…。

投稿: 半可通 | 2012年4月 6日 (金) 12時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/44177216

この記事へのトラックバック一覧です: プレ、試飲、燗祭り、蕎麦にチャンポン、いったい何の会だよ!の会:

« 若駒 純米無濾過生原酒 無加圧採り | トップページ | 山吹極 上級者向け食中酒 生もと純米無濾過原酒 »