« 酒屋八兵衛 山廃純米酒 伊勢錦 | トップページ | 立ち飲みバンザイ! 新酒祭だ!「折原商店」 »

2012年3月 7日 (水)

2012.4月号「dancyu」日本酒特集を買ってみた

2012.4月号「dancyu」日本酒特集を買いました。

Dscn5635

家から一番近いコンビニがファミマなんですが、そこでこれを買ったら、おまけで若狭塗りの箸付きでしたよ。

Dscn5636

「dancyu」にまで、こんなおまけが付く時代なんですね・・・。

正直こんなクソ高い雑誌をコンビニで購入するような人が箸に釣られて・・・なんて凡人の半可通には理解できませんが、そういうマーケティングをした結果なんでしょうね。

そんなんで、箸を持っていない人は是非ファミマで「dancyu」を購入することをオススメします。

さぁ今年も身銭を切っているので、好き勝手書いちゃうぞ♪

今年のはボリュームがあるので、当然このブログも長くなりますから覚悟しちゃいなよ!

 

表紙にあるように「トライ!日本酒」というように今年の日本酒特集の目玉は日本酒ビギナー向けに・・・という内容。

目次的には、

無人島に持っていきたいお酒は何?という、著名人や日本酒関係の方に無人島に持っていきたい1本を紹介しています。

人気蔵元の自分の酒に刺激を与えてくれる1本。

酒販店店主の私の人生を変えた酒。

もっと知りたい日本酒Q&A

・初めての日本酒居酒屋。何から頼めばいい?

・なぜ日本酒好きの人は1升瓶を買っているの?

・ワイン好きにお薦めする日本酒。

・酒と料理の相性を知りたい。

・お燗の適温がわかりません。コツってありますか?

・杜氏さんってどんな仕事?

農といえる日本酒。

東北に香る復活の酒。

とまぁさらに細かい特集もありますが、広告記事を抜かすと、ざっと日本酒絡みはこんな感じ。

 

では、最初の無人島~という記事から内容の紹介と感想をチョロッと・・・。

著名な方々のそのお酒の思い入れや好み、無人島という設定ならこのお酒など連々と書かれていますが、この人がススメているからこれ飲んでみようという訴求力は正直ないです。

唯一「十四代」の高木顕統さんの記事を読むと、「十四代」プレで有名なだけはあるわ!飲んでみたい!とビギナーにも思わせます。

読んでいて、今までの努力と自信が嫌味なく自然と受け入れられ、さすがだなという感じ。

そして著名人の中に吉田類が載っていますが、あの人は良い意味で「dancyu」じゃないでしょ(苦笑)

 

人気蔵元の刺激を与えてくれる~ですが、自分の造るお酒に方向性を与えたり、ライバル的な関係だったりと多少物語性ある記事になっていたりします。

その中の「而今」の大西杜氏が自分のお酒の紹介文を読むと、確かにそんな感じって思えました。

 

酒販店さんの私の人生を変えた~という記事ですが、人生変えた的なお酒の紹介は大きく、人生を変えていないし、お前それ売りたいだけだろ!というお酒の紹介は小さくて分かりやすいです(笑)

でかい酒販店さんでも見当違いなお酒の紹介が、小さく載せられているのは「dansyu」の良心でしょうか?

ただ、その中でも秋田の酒屋さんの話はグッきます。

 

初めての日本酒居酒屋、何から~という記事ですが、学芸大学の「件」の店内で松崎さんと山同さんがお互いに序盤、中盤、終盤に頼んだお酒を紹介。

それを選んだ理由を添えてそれぞれの流儀で飲んでいますが、正直銘柄がわからないビギナー向けではない置いてけぼり感が半端ないです。

文の最後に日本酒居酒屋なんだからお店の人に聞きましょう的なアドバイスもなく、産地の北から南の順でお酒を頼めばいい的な終いになっているのは斬新ですね。

こりゃ東北のお酒が増々売れちゃうぞ♪

 

日本酒メニューの読み方はこれさえ知っていれば大丈夫!という記事ですが、日本酒って説明するのめんどくせーな!というのが改めて分かる記事になっています。

説明は正しいけども、あくまでも「基本的に・・・」という枕詞がはいるような説明(雑誌にはこの枕詞は入っていないですよ)

これで知識武装した「dancyu」読者層のお客さんを相手にする、料飲店&酒販店さんのご苦労を勝手に感じちゃいます・・・。

 

コワモテ店主におまかせすれば、好みのお酒が~という記事ですが、これは良いですね。

というか、初めての日本酒居酒屋の部分はここの記事だけで成立するでしょ。

 

なぜ日本酒好きな人は1升瓶を買うの?&1升瓶でオススメのお酒という記事ですが、正直大胆な記事だなぁと。

色々書くと、うるさいバカが発生しそうだし、争いを好まないピースな愛のバイブスで包まれている非武装ブロガー半可通ですので控えますが、これって色々ハードル高くない?

その人の酒の強さ、住んでいる環境、毎晩家で晩酌できる環境なのかとかふっ飛ばしてこれは、タイトロープじゃないですかね?

ハマるかハマらないか、かなり諸刃な印象で、あそこらしいって言えばらしいけど、ビギナーが1升瓶という括りだったら、マチダヤさんの方が共感できます。

個人の感想なので、反論とかはテメェのツイッターにでも書いてろ!ってな感じなので、反論コメはしないでね(はーと)

 

ワイン好きにお薦めの日本酒~という記事ですが、日本酒ビギナーでもワイン好きを対象にした特集ですね。

ですので、ソムリエの方がワイン好きでも移行しやすいタイプの日本酒が紹介されていて、またそれに合うお料理も紹介されています。

眼がシバシバする照明がしっかり当たった写真と丁寧なコメントで、ワイン好きも飲んでみたくなるような気がします。

ミネラリー!

 

お酒と料理の相性を~という記事ですが、料飲店さんが作ったいくつかの料理にこれだったらこういうタイプが合うとか、デパ地下の惣菜でこれにはこれなどとお酒と料理を紹介しています。

色々面白い組み合わせで紹介していて、さすが研究家だな!と感じる前に、結果的にハードル上げているような気がしてならないのですが・・・。

それとマッキー牧元を久しぶりに見た。

 

お燗の適温~という記事ですが、おそらくお燗で有名な料飲店さんが、お燗のつけ方の基本から様々なテクを披露&お燗向けのお酒を紹介しています。

ただ気になったのは、ライターと旅グルメの作家さんがそのお店でお燗つける練習的な写真が載っているのですが、絵面が・・・。

もうちょい他に写真なかったのかよとか、何で写真撮るのにこの人達?とは微塵も感じさせませんが、清潔感って大事だなと気付かされました。

 

杜氏さんってどんな仕事?という記事ですが、「天隠」の前杜氏さんと現杜氏さんが紹介されています。

なんでまた「天隠」?だし、記事の感じが今まで違って引き込まれるので、もしかして?と思ったらやはり藤田千恵子さんでしたね。

ここは良い記事だし、現杜氏がかなりの男前というのが分かるので、女子は必見。

 

農と言える日本酒は、酒米作りに尽力してきた蔵が紹介されています。

 

東北に香る復活の~という記事は、震災の被害に合い、蔵を移転せざるおえなかった2蔵が紹介されています。

 

とまぁこんな感じです。

一通り読んでみて、感想を一言で言うならば、ホント疲れる!(笑)

記事の文章プラスお酒や料理の解説付きなので、文章量がかなりあります。

ある意味読み込める雑誌になっているのかもしれませんが、じゃあ印象に残ったところは?と聞かれると、う~ん・・・という内容。

それは半可通がマニアではないけど、ビギナーでもない中性的な魅力を持った宝塚男役ブロガーだからそう感じるのかもしれませんが、これビギナー向けなの?

思い切ってもっとビギナー向けに寄っていれば、今年はそうなのねと諦めもつきますが、日本酒好きな人にもご満足いただけるように・・・的な中途半端さ。

いいか悪いかはともかく、どこかの酒販店さんの意向が働いたような大きいテーマがあって、それに沿って色々紹介ならまだ統一感があって読めますが、今回のは記事ごとに取り上げられた酒屋さんやら料飲店さんやらの主張があって、船頭多くして・・・という印象。

ボリュームあるのにメイン何だったの?という盛り上がりのなさと、まずどれを指針にすれば?というオロオロ感。

それに料理とお酒の相性どうこうの記事が沢山ありましたが、アレってどう食べてお酒を飲んでいるのですかね?

料理を食べてお酒を飲むのか、料理を口に入れたままお酒を飲むのか、お酒を飲んでから料理を食べるのかなどそういうアドバイスがあってもいいのに、ただ合う合わないってテレビみたいな映像と音があるならともかく、雑誌の写真と文で載せられてもへぇ~(棒)って感じです。

その辺のもうちょい美味しく食べて飲めるコツ的なことをまず載せて欲しいですね。

大体タンドリーチキンみたいな片手で食べられないような料理と日本酒飲みたくないわ(笑)

お猪口が油でギトギトが容易に想像がつく・・・。 

 

半可通的には、日本酒飲むハードル下げるつもりが、結果的に日本酒って予備知識が色々必要なのねという「日本酒はポップさのないドリンクなんだぜ!」(キリッ)というハードル上がってる風に伝わらないですかね?

まぁこんな知名度のないブロガーがキャンキャン言ってみたって、遠吠えにしかなりませんが。

それと、紹介されたお酒は比較的派手目なのが少なかった気がしますね。

トレンドの体は、現在もこの手のタイプなんですかね?

マニアに引っ張りだこなのはこの手のじゃない気がして、何だろこの乖離感。

まぁどちらにしても、ただの派閥争いって感じでどっちでもいいけど。 

 

とまぁ好き勝手に色々書いて何もまとまっていないですが、860円でここまで盛り沢山の雑誌もないので、是非買って読んでくださいな!

なんでまた最後におもねるかというと、いつか「dancyu」の日本酒特集で日本酒ブロガーとして声がかかるかもと、新潟のお酒よりも淡い期待をしておるからdeath!

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 酒屋八兵衛 山廃純米酒 伊勢錦 | トップページ | 立ち飲みバンザイ! 新酒祭だ!「折原商店」 »

日本酒」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

村祐より濃ゅい感想ですね(^_^;)
まだまだ語りたりたそうな気配が(^○^)

散歩の達人・京王線編を買ったら自分の方が詳しくて、しかもdancyu用の予算を使ってしまって、と迂闊自慢しちゃいますよ(^_^;)
今年は、半可通さんの記事で予習してから立ち読みして来ます。
物言いはマニア、頭脳はビギナー(^_^)v

投稿: 酩探偵トール | 2012年3月 7日 (水) 10時50分

トールさん

語るにも間口が広すぎるから、勢いで書いたらこの量になっただけですよ。
足りなくはないし、それに読み返すのも面倒(笑)

>散歩の達人
取材したとはいえ、元々ライターさんがその辺に詳しいわけでもないでしょうし、仕方ないですよ。
そういえば、知っている方が以前その雑誌のライターやっていたけど、今もやっているのかしら?

>立ち読み
以前みたいなお酒&蔵の紹介って感じじゃないので、立ち読むときっとつまらないと思います(苦笑)

投稿: 半可通 | 2012年3月 7日 (水) 21時21分

私も買いました。まだ、タイトルを読んで、写真を眺めることしかできてませんが。

目が疲れちゃう。

投稿: 常連の「ひ」 | 2012年3月 8日 (木) 08時14分

私も購入して読みました。
お箸が付かなかったのが残念(ファミマ限定というのを知りませんでした。。)

確かに、ビギナーにとってハードルを上げかねない内容になってしまっている気がしますね。
唯一「天★」の記事だけが優しい。笑

投稿: godanism | 2012年3月 9日 (金) 09時58分

「ひ」さん

眼疲れますよね(苦笑)

それにしても、たけのこ所の写真が素敵な上に、たけのこが美味そうで…。

投稿: 半可通 | 2012年3月 9日 (金) 10時03分

godanismさん

ハードル上げているし、ハードル増やしている気がします(苦笑)

大体、初めての居酒屋…なんて、天★さんのページだけで完結ですよ(笑)
よく分からなきゃ専門のお店に任せりゃいいんだよ!(キリッ)って感じです。

ホットドッグプレス読んで、そっち方面の勉強した気になっている中学生みたいなもんですよ(親父ジャーナル)

投稿: 半可通 | 2012年3月 9日 (金) 10時13分

同じですね~。あの筍にヤラレタ…。

しかし、筍にヤラれるとは、おいらも歳を取ったもんです。昔は、全然テンション上がらなかったのになぁ。

投稿: 常連の「ひ」 | 2012年3月 9日 (金) 23時23分

「ひ」さん

年というか、日本酒使用の体になったからじゃないですかね?
日本酒に合いそうな物を好むようにモデルチェンジ完了!的な。

投稿: 半可通 | 2012年3月10日 (土) 09時14分

こっそり読ませていただいています。
今回の書かれている内容で

料理を食べてお酒を飲むのか、料理を口に入れたままお酒を飲むのか、お酒を飲んでから料理を食べるのかなどそういうアドバイスがあってもいいのに。。

この部分が一番気になるところでした。
いつもお酒を呑んでいて疑問に思うところです。

料理を食べてお酒を呑むことがほとんどですが。

投稿: ren | 2012年3月10日 (土) 21時33分

今年のは実につまらんかったね~( ´,_ゝ`)

突っ込み所満載、という意味では面白かったけど。


ちゃんと知りたいQ&A、ってちゃんと答えになってんの全然無いじゃん。

【Q:何から飲めばいいですか? A:好きなの飲め、気になったの飲め、すすめられたの飲め、テキトーに飲め】って【Q:どうやったら勝てますか? A:練習しろ】みたいな、それって答えになってますかねぇ(ノ∀`)

一方的”妄想”記事も多くて、こんなんビギナーには( ゚д゚)ポカーンでしょうね。

ま、自分も( ゚д゚)ポカーン多かったですけど。


てか、だんちゅーの日本酒特集を手に取る時点ですでにビギナーではないとは思うのですけどね。

この内容で初心者を引き込もうと思ってるなら相当現実知らないなーって思っちゃいましたっ┐(´д`)┌ヤレヤレ


あ、そうそう。

白鵬お前どこの酒選んどんねん、コラヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;(←三好菊ファンの小さな仕返し

投稿: 元自宅警備員 | 2012年3月12日 (月) 01時08分

renさん

飲み方なんですが、随分前にワイン・チーズ好き&日本酒も好きって方と飲み会で出会ったのですが、その方が自分が持参したチーズで「そのチーズが口に入った状態で日本酒を飲んでみて。美味しさが広がるから」と言われて試したのですよね。

今までそういう飲み方をしたことがなかったので、これがマリアージュなのかな?と思った次第ですが、どうも自分にはそういう口に物を入れたまま日本酒を飲むという行為がどうも苦手というか、上手にできない感じ。

自分自身が食べ物を飲み込んだ後に日本酒を飲むという感じが自然なのですが、それが正しいのかどうかもよくわかっていません。

きっとマナーというのはあっても、正解というのはないのかな?とも思いますが、こう飲んでこう食べたらもっと世界が広がるよ的な知識も知りたいと思って書きました。

ホント疑問ですよね(苦笑)

投稿: 半可通 | 2012年3月12日 (月) 09時32分

元自宅警備員さん

元自宅警備員の立場でそんな色々言ってちゃっていいのですか?(苦笑)

書いている内容に同感だし、特にdancyu手に取る時点でビギナーじゃないですよね(笑)

>白鵬
忘れてました。確かにそうだわ(笑)
ちゃんこの濃い味にでもいけるはずだし。

投稿: 半可通 | 2012年3月12日 (月) 09時37分

あ、自分、通りすがりの元自宅警備員なんで。

最近はすこーし仕事してますが(≧∇≦)


ま、だんちゅーにはご縁も無いしいいんじゃないっすか??

自分のブログで書かないで、人のブログのコメント欄に書いちゃうあたりが小さくていいでしょ(T∀T)b

投稿: 元自宅警備員 | 2012年3月15日 (木) 01時17分

元自宅警備員さん

とか言いながら、来年のdancyuに酒瓶持ってニッコリ写ってたら、上のコメントをコピーして元自宅警備員さんのブログに貼り付けますからね(笑)

投稿: 半可通 | 2012年3月16日 (金) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/44385828

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.4月号「dancyu」日本酒特集を買ってみた:

« 酒屋八兵衛 山廃純米酒 伊勢錦 | トップページ | 立ち飲みバンザイ! 新酒祭だ!「折原商店」 »