« 水尾 特別純米酒 金紋錦 | トップページ | お蔵拝見! ご贔屓したくなる「田邊酒造」 »

2012年4月 3日 (火)

お蔵拝見! さすがの存在感「黒龍酒造」

3月末に家族で福井県に行って来ました。

旅行と言うよりは、嫁の祖母がご存命なのですが、少し前に倒れて半身不随になり、その前から痴呆も出てきて・・・という状態。

今後いつどうなるかはわかりませんし、上の子は祖母に会ったことがありますが、昨年生まれた下の子はまだ会わせたことが無いので、ちょうど上の子は春休みだし、ひ孫の顔を見せに行くかと家族で行って来ました。

それに永平寺にも寄るような用事もあったし。

せっかく福井に行くのだから、その辺のお蔵にも行ってみたいワン!ということで、前回みたいなタイトなスケジュールはもう若くはないので今回はやめておいて、いい大人なので無理せず福井に・・・という感じで行って来ましたよ。車で。

 

んで、当日。

休みを3日しかとっていないので、なるべく時間は有効に使いたいと休み前の深夜に出発。

しかも前日から寝不足、んで仕事して、仕事の後、門前仲町にバイクで行って勉強会に参加、その後0時前に家に帰ってきて、シャワー浴びて、0時30分に出発という長時間ドライブに向けて最高のコンディショニングで長時間ドライブに出発death。

深夜の快適な環八を走り、東名高速に乗ってブーン。

途中、牧の原で休憩。

Dscn5801

仮眠を取る人が多く、駐車場は混んでいましたね。

それに東名も2時頃までは一般車もいましたが、3時くらいになると走っているのはトラックやバスに営業車しかいませんでした。

ですのでペースは遅いですが、ヘタクソな車が走っていないので、想像していたほどのストレスはなかったです。

しかもそのおかげで燃費が異様に良かった(嬉)

その後、名神に入り、尾張一宮で再び休憩。

Dscn5802

コーヒーと水しか摂っていないので、トイレが近い(苦笑)

んで、北陸道に入るくらいになると、空がだいぶ明るくなりました。

Dscn5804

しかし、山岳ゾーンに入ると、もやor霧。

Dscn5807

突入前にはこんな感じ。

Dscn5808

ここまで渋滞もなくスムースに進み、永平寺の最寄りのインターになる福井北インターには7時半頃に到着。

トイレ目的の休憩3回で、仮眠も取らずにいけました。

とまぁそんな感じで永平寺に行く前に、向かった先は「黒龍酒造」

Dscn5811

Dscn5810

上の写真は街道沿いの交差点から撮った写真。

この辺りに来ると、どこからか蒸したおまんじゅうみたいな甘い香りが立ち込めていて、この辺に和菓子屋でもあるのかな?と蔵の入口の方へ歩いて行くと、そのいい匂いの正体が分かりました。

それが、これ。

Dscn5821

Dscn5812

きっと蒸米の香りでしょうね。

朝早くに行って正解だった♪

それにしても、この時期甑倒ししている蔵も多いですが、「黒龍」はまだ仕込みが続いているのですね。

そんな蔵は街道沿いにありますが、蔵の売店は裏側の通り沿いにあります。

Dscn5813

Dscn5814

Dscn5815

カラカラ~と戸を開けると、囲炉裏があったりする素敵な空間。

こんなのも飾られていました。

Dscn5816

米の種類別に吊るされているのは見たことがありますが、オール山田錦の産地毎は初めて見た(苦笑)

そんな売店で手土産用に「黒龍」のHPに載っていなかった「黒龍 純米大吟醸愛山」と自宅用のお酒を購入。

愛山のお酒は札に「花山」と書かれていたので、問屋さんの商品なんでしょうね。

これなら土地柄的にも「黒龍」をよく目にする機会が多い嫁のおじさんも、あまり見たことないんじゃないかしら?と多少配慮。

しっかり且つシャレオツな「黒龍」の袋に入れてもらい、蔵を後にする・・・。

 

 

「黒龍酒造」は、町役場前にドーンと構える存在感のある蔵でした。

売店で相手していただいたのが上品なマダムでしたが、観光客&贈答用に慣れた印象で感じの良い対応をしていただきました。

そして蔵の規模の割にアイテム数の少なさは、既存のアイテムを限界まで高めることに追求しているのかな?と感じましたね。

ホント、さすが名高い「黒龍」だけあるわって印象。 

 

つづく。 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 水尾 特別純米酒 金紋錦 | トップページ | お蔵拝見! ご贔屓したくなる「田邊酒造」 »

2012 蔵見学&蔵拝見」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

私の方も、祖父が亡くなって直に祖母が発症しました。
語弊がありますが、ボケの中にも祖母の心の清らかさ、チャーミングさが見て取れ、
今まで知らなかった祖母の一面を垣間見ることが出来、慰められもするのですが、
私個人はまったく祖母に認知されず、ただ己の不徳を悔やむのみです・・・

>永平寺
而今しか思い浮かばない(^_^;)

>黒龍酒造
かつて創作居酒屋の仕入れ担当だった弟が、接待で招待されたとかしないとか。
週末は二年ぶりに一族勢揃いで楽しむ予定です(^_^)v

投稿: トール | 2012年4月 4日 (水) 22時33分

トールさん

実の子供でも分からなくなる訳ですから、寂しくはなりますよね。

黒龍酒造の接待なら、あの高いお酒もいただけちゃうわけですよね。
いいなぁ~、弟。

投稿: 半可通 | 2012年4月 6日 (金) 12時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/44713841

この記事へのトラックバック一覧です: お蔵拝見! さすがの存在感「黒龍酒造」:

« 水尾 特別純米酒 金紋錦 | トップページ | お蔵拝見! ご贔屓したくなる「田邊酒造」 »