« お蔵拝見! ご贔屓したくなる「田邊酒造」 | トップページ | 福井旅行のおまけ »

2012年4月 5日 (木)

お蔵拝見! 煙突が目印「鳥浜酒造」

つづきから。

「田邊酒造」を後にし、永平寺に向かう。

用事を済ませ、その後、寺の中を軽くウロウロし、近くの蕎麦屋さんで越前そばを食し、一乗谷朝倉氏遺跡へ移動し、軽く観光。

もっと色々復元されているのかと思ったら、建物はまだまだこれからって感じですね。

ただ朝倉館跡とその辺のロケーションは一度行く価値はあります。

その後は、嫁の伯母の家がある若狭方面に向かう。

北陸道で敦賀まで戻り、敦賀からは下道をブイーン。

とまぁ伯母の家へ行く前に、もう1軒の蔵に寄る。

向かった先は、「鳥浜酒造」

Dscn5899

ナビの案内通りに進みましたが、その手前くらいで煙突が見えたのであそこに間違いない!という目印になる立派な煙突がありました。

Dscn5896

戸が開いていたのでそのまま入ると、時期もそうでしょうけど、時間的にも15時頃だったからか、蔵の中はとても静か。

蔵の中を見回しても誰もいないので、「すいませーん」と声をかけると、奥から女性の方が出てこられました。

並んでいるお酒を見回しても、どれがどんなんだか分からないし、特に説明もないので、コレとコレを買えばどんなタイプのお酒を造っている蔵か分かるでしょと2本購入。

奥から商品を持って来られた時に、その内の1本が「2月に詰めた商品なんですが、それでもよろしいですか?」と聞かれる。

もう全然問題ないです(苦笑)

そっか、普段酒屋さんで買っている感覚だと1月前の製造年月日なんて先日詰めたばかりという感覚ですけど、製造直売ということを考えたら少し古い商品と感じる人もいるのだろうなぁ。

また一つ勉強になりましたよ。

すると、おまけでこれをいただきました。

Dscn6009入浴剤

売り物だったけど、いいのかしら?(苦笑)

でも、遠慮無くいただきます。どうもでーす♪

そんなこんなで、伯母の家へ。

 

そんな感じで、今回の福井蔵巡りはこれで終了!

まぁよくここまで寝ないで、これだけウロウロ出来たなと。旅行テンションじゃなきゃ、絶対無理でしょうね。

それにしても今回巡った3蔵は、互いにタイプの違う蔵って印象で、それぞれの特徴があって楽しかったです。

ただタイプは違っても、広い敷地で木に覆われて・・・という仰々しさはなく、地元に根ざした製造業って感じで、町に溶け込んでいましたね。

 

そんなこんなで伯母の家へ寄ってから、この日は三方五湖の宿を取っていてくれたので、そこへ移動して宿泊しました。

2泊目は伯母の家に泊り、翌朝帰路につくって感じのスケジュールでした。

 

おまけ

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« お蔵拝見! ご贔屓したくなる「田邊酒造」 | トップページ | 福井旅行のおまけ »

2012 蔵見学&蔵拝見」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

いい煙突ですねえ。
しばらく旅して無いので、地方の町や田畑を巡ってみたくなります。
お酒の感想も楽しみです。

投稿: トール | 2012年4月 7日 (土) 09時18分

トールさん

敷地内にドーンという感じではなく、道の横にドーンとあるのでより目立ちました。

まだ一番下のクラスのお酒しか飲んでいませんが、かなり良いです。
アル添感はありますが、丸みのある甘旨みがあり、しかも良い感じの味ノリでかなり驚きでした。

おそらく四段仕込みだと思いますが、ただ甘みだけあるわけではなく、ちゃんと米って感じの旨みがあって、これはアタリ♪

きっとこの辺は鰻が有名なので、鰻に絶対合うぞ!というお酒ですね。

投稿: 半可通 | 2012年4月 7日 (土) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/44724031

この記事へのトラックバック一覧です: お蔵拝見! 煙突が目印「鳥浜酒造」:

« お蔵拝見! ご贔屓したくなる「田邊酒造」 | トップページ | 福井旅行のおまけ »