« 九頭龍 大吟醸燗酒 | トップページ | 「相模灘」に溺れるin「酒菜家」 »

2012年6月12日 (火)

立ち飲みバンザイ! 岐阜推し飲みで「折原商店」

月一ではなくなったけど、仕事絡みの用事で門前仲町へ・・・。

んじゃあ軽く1杯ということで、「折原商店」へ向かう。

Dscn4609

いつものように最初はサッポロラガーの瓶ビールで前戯。

それを飲み干したら、日本酒へ移行。

毎度のごとくお酒メニューはあるのに、それは見ずに冷蔵庫を舐め回すように視姦。

すると、「おっ!これも扱うようになったのねぇ」と、ファーストチョイスは「房島屋 純米吟醸おりがらみ生 兎心」をいただく。

サッパリしつつ程よく華やかな甘みと香りでスルッと飲める。

数年前に飲んだ時より、香りと甘みがちょい落ち着いた印象。酸は「房島屋」にしては控えめ、オリはサラッと仕様なので、万人に受ける味わいでお猪口ではなく、グラスで飲みたい感じ。

お次は「房島屋 純米無濾過生原酒」をいただく。

うわっ!美味い!!

そして「どんどん焼き」ともいける!(苦笑)

ホワッとしたボリュームのある旨味と酸がやや主張するジューシー甘酸がいい感じのピチピチ感と共に広がり、シュッとキレる。

これこれ♪

「房島屋」といったら、このしっかりしつつ張り&下品さのない酸具合でしょ!って感じ。

冬だと硬めでオッサン半可通には疲れるし、秋口だと味ノリしてオッサン半可通には重いけど、この時期は適度なピチ感とジューシー旨味で度数あるのにグイグイ飲んでしまいます♪

そして味わい的にもしっかりなのに綺麗さもあり、質が向上していますね。

最近元気のあるジューシー酸系はオッサンにはきつくなってきた・・・なんて感じていて、買って飲んではいませんでしたが、この時期なら適度なフレッシュ感とちょうど良いウマウマ感が楽しめそうで、久しぶりにこの手のお酒を家飲みしようかしら?

お次は前回飲んで美味しかったのでおかわりということで、「三千櫻 純米R」をいただく。

うん、酸が主張するタイプですが、きれいな酸だし上品な甘旨みでスルリと飲める。

値段もお手頃だし、常備したいお酒ですね。

最後は初飲みの「三千盛 純米大吟醸辛口」をいただく。

硬質な旨味がふわりと上品にふくらみ、シュパッときるお酒ですね。

これも酸あるタイプですが、シャープな酸で後口はサッパリ。

もっとヒリヒリ辛いお酒かと思っていましたが、後口サッパリという辛口感はいいですね。

冷やで飲みたい感じ。

 

そんなこんなで気づいたら岐阜攻めでしたね。

しかも酸推し(苦笑)

ただ酸推しでも、酸のタイプがどれも違うのでこれがまた面白い。

 

こちらのお店はさらに美味しいお酒が増えて、増々チョイスに困る立ち飲み屋さんになってきました。 

お店の方、ご馳走様でした!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 九頭龍 大吟醸燗酒 | トップページ | 「相模灘」に溺れるin「酒菜家」 »

外飲み」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

>三千盛
初めてとは意外ですね(´。`)

岐阜には飲んでみたい銘柄が幾つかありますが、最近はなかなか手が出せません。
房島屋も、けっこう疎遠になってます(^_^;)

岐阜尽くしに対抗する訳ではありませんが、発奮して栃木酒de雄町祭りに雪崩込んでみました。
仙禽、若駒、旭興、雄東正宗、愛乃澤(^_^)v

夏ヤゴ雄町と旭興生酒の煮酒~焼き酒が美味い(^。^) 

投稿: トール | 2012年6月16日 (土) 22時29分

トールさん

>三千盛
辛口というイメージがあって今までスルーしていました。
今回は岐阜繋がりだし、リーズナブルだし…ということで飲んだら、美味しかったですよ。

>旭興
いいなぁ~。特に雄町はウマウマの印象しかないので、羨ましい…。

しかしまぁ、そこまで栃木雄町でかためるか?というカテナチオ具合で(苦笑)

投稿: 半可通 | 2012年6月18日 (月) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/45609905

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち飲みバンザイ! 岐阜推し飲みで「折原商店」:

« 九頭龍 大吟醸燗酒 | トップページ | 「相模灘」に溺れるin「酒菜家」 »