« 小夜衣 長期育成酒母仕込 | トップページ | 早瀬浦 純米滓酒 浦底 »

2012年6月27日 (水)

越前岬 本醸造

蔵へ行った時に購入したお酒。

「越前岬 本醸造」

田邊酒造

Dscn6016

使用米:福井県産米

精米歩合:65%

アルコール度数:15度以上16度未満

製造年月日:24年3月

値段:4合1,000円弱だったはず

感想

Dscn6018

開栓初日(4/1)

常温でいただく。

上立ち香は、フゥ~とスッキリした甘みと旨みを感じる香り。

口に含むと、やわらか~い口当たりに溶け込むフワッとしたやわらかな甘みとホワッとした米の旨味感のある旨みに、スッと心地よい酸とクィ~としたコク辛さが広がり、その後、ジュオ~した甘旨酸をスィ~とした酸とクィ~としたコク辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、ホワ~とした甘旨みと軽くアルコールの辛さ。

お燗でいただく。

ホワッとしたやわらかな甘旨みとスッとした酸にク~としたコク辛さが広がり、その後、ジュウ~とした甘旨酸をスィ~とした酸とクィ~としたコク辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

お燗にすると、ふんわりした甘旨みが出ますがキュ~としたキレ感も増す。

4/16

常温でいただく。

やわらか~い口当たりに溶け込むフッとしたやわらかな甘みとホッとした心地よい弾力と滑らかな旨みに、スッとした心地よい酸とクィ~としたコク苦みと軽いアルコール感が広がり、その後、ジュゥ~とした甘旨酸をフッとした酸とクィ~とした軽いコク苦み&アルコールの辛さで引けていき、クッとした辛さでキレ。

余韻は、微かにホワ~とした甘旨みと軽くアルコールの辛さ。

初日よりも、多少苦みが出たが大きくは変わらず。

お燗でいただく。

ホッとしたやわらかな甘みとホワッとした程よい弾力のある旨みにスッ!とした酸とクッとしたコク辛さが広がり、その後、ホワ~とした甘旨みをスッとした酸とクッとしたコク辛さの爽快感で引けていき、クッとしたアルコールの辛さでキレ。

 

やわらかな甘みとなめらかな旨みのある、晩酌酒にピッタリな味わいの本醸造酒。

いい感じの味ノリと程よいボリュームのある本醸造で、ユルユルウマウマ飲める。

やわらかさのあるホワッとした旨みだし、ペカペカでも雑多な旨みでもなく、アル添感控えめのレベルの高い本醸造酒。

田舎臭くないし、ホント和的なオカズにピッタリ合う甘旨酸具合。

この価格でこれだけ質の良い旨味を感じるのは、きっと地元で愛されているお酒だと思う。

お酒単独で飲む人には良さは分からないかもしれませんが、オカズと飲む人には「ねっ!分かるでしょ!」という言語化しづらいニヤニヤして飲んでしまうザ・晩酌本醸造で、1升瓶で買うべきお酒ですな!

福井で買った若狭産の干物系に超合うし、こういう地の物(多少離れているけど)と地の酒で飲んでみると、現代の地酒という定義は本醸造(普通酒)が一番体現していると感じます(異論はご自身のツイッターにでも・・・)

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 小夜衣 長期育成酒母仕込 | トップページ | 早瀬浦 純米滓酒 浦底 »

2012 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

福井県のお酒」カテゴリの記事

コメント

フクイの焼き鯖に合う感じでしょうか?
純米や吟醸も気になりますね。

投稿: トール | 2012年6月30日 (土) 11時02分

トールさん

一番下のお酒がこのレベルって、なかなかないですよ。
若狭ガレイの干物に超合いました♪

>焼き鯖
脂を切ってくれるし、きっと合いますよ。
ただ福井の焼き鯖はノルウェー産が多い…。

投稿: 半可通 | 2012年7月 1日 (日) 18時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/44928480

この記事へのトラックバック一覧です: 越前岬 本醸造:

« 小夜衣 長期育成酒母仕込 | トップページ | 早瀬浦 純米滓酒 浦底 »