« 北光正宗 純米大吟醸 | トップページ | 三芳菊 零 »

2012年8月 1日 (水)

越前岬 6号酵母火入れ純米 22BY

蔵へ行った時に購入したお酒。

「越前岬 6号酵母火入れ純米 22BY」

田邊酒造

Dscn6085

Dscn6086

使用米:福井県産五百万石

精米歩合:60%

使用酵母:協会6号

アルコール度数:16度以上17度未満

上槽日:平成23年3月5日

製造年月日:2012年3月

値段:4合1,500円弱だったはず

感想

Dscn6087

開栓初日(4/6)

常温でいただく。

上立ち香は、スィ~と微かにスッキリした甘い香りとスッキリした酸を感じる香り。

口に含むと、やわらか~い口当たりに溶け込むスッキリしたフッとやわらかい甘みとスッ!とスッキリした酸に、フォッとした軽い弾力ある旨みとクィ~とややドライなコクが広がり、その後、やわらかジュ~とした酸がやや主張した甘酸とフォ~と軽い弾力ある旨みをスゥ~とした酸とクゥ~とした苦コクで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フゥ~とした爽快感と軽い旨み。

やわらかな旨みとスッキリした酸にシャープなキレのあるお酒。

お燗でいただく。

フッとやわらかな甘みとスッ!としたシャープな酸にグゥ~と締まった旨みとグィ~としたややドライなコクが広がり、その後、ジュグゥ~とした甘旨酸をスィ~とした酸とグィ~としたドライなコクで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フ~とした軽い甘旨みと軽いドライな爽快感。

燗映えする酸とキレ感にふっくらした旨味感。

5/1

常温でいただく。

やわらか~い口当りでフッとやわらかな甘みとスッ!とシャープな酸に、フォ~とした程よい弾力のある旨みとギュ~とややドライなコクが広がり、その後、ジュギュ~とした甘旨酸とややドライなコクのふくらみをスィ~とした酸にクィ~としたややドライなコクと辛さで引けていき、クッとした辛さでキレ。

余韻は、フゥ~とした甘旨みと軽いコク辛さの爽快感。

初日よりも、旨みふんわりで一体感がでて、ふんわりシュッという流れが素敵。

お燗でいただく。

フッとやわらかな甘みとフオッと程よい弾力のある旨みにスッ!とシャープな酸とクィ~としたコクの爽快感がふくらみ、その後、ジュフォ~とした甘旨酸をスィ~とした酸とクィ~としたややドライなコクの爽快感で引けていき、クッとした辛さでキレ。

 

やわらかい味わいと質の良い旨味が味わえるやわらかキレ酒。

角は取れつつ熟成感みたいな香りや味もなくスッキリした香りとやわらかな甘みもあるので、お酒単独でもいけるし、普通のオカズともいける。

冷やも美味しいが、ふっくらでやわらかシュッという流れが楽しめるお燗がオススメですね。

50度くらいが、ふっくらシュッ具合が一番楽しめて半可通好み♪

温いと酸とドライ感が目立つが、その分脂系の肴と飲むにはいいかも。

冷やでもお燗でも酸が引っ張っていくタイプですが、酸が主張しすぎることはなし。

開けて日が経つと、ふっくらするからかドライ感がおさまってきて、キレは良いままやわらかふっくら具合がより味わえます。

これは4合瓶ではなく、1升瓶向きのお酒ですね。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 北光正宗 純米大吟醸 | トップページ | 三芳菊 零 »

2012 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

福井県のお酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/44929165

この記事へのトラックバック一覧です: 越前岬 6号酵母火入れ純米 22BY:

« 北光正宗 純米大吟醸 | トップページ | 三芳菊 零 »