« 三芳菊 零 | トップページ | 鳥浜 純米吟醸 »

2012年8月 4日 (土)

黒龍 逸品

蔵直(蔵で直接)で購入したお酒。

「黒龍 逸品」

黒龍酒造

Dscn6114

Dscn6115

使用米:福井県産五百万石

精米歩合:65%

アルコール度数:15度

製造年月日:2012年2月

値段:4合866円(税込)

感想

Dscn6120

開栓初日(4/14)

常温でいただく。

上立ち香は、フゥ~ンとやさしい果実の甘い香り。

口に含むと、やわらか~い口当りでフッジュッとやさしい甘旨みとスッと心地よい酸にクィ~と軽快なコク辛さが広がり、その後、ジュ~と瑞々しい甘酸とク~と軽快な旨みのふくらみをクィ~としたコク辛さとフ~とした酸で引けていき、クッとした軽快なアルコール&辛さでキレ。

余韻は、ホ~とした甘旨みと微かなアルコール感。

5/6

常温でいただく。

やわらか~い口当たりでフッとした酸とジュッとしたやわらかな甘旨みにクゥ~としたコク&軽いアルコールの辛さが広がり、その後、ジュウ~とした甘旨みとフゥ~とした酸のふくらみをフゥ~とした酸にクゥ~としたコクとクゥ~としたアルコールの辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、ホ~とした甘旨みとコクに軽いアルコールの爽快感。

初日よりも、多少旨みとアルコール感がでた。

 

心地よい香りにやわらかい口当たりと甘旨みのある完成度の高い普通酒。

普通酒クラスとは思えないバナナ寄りな吟醸系の香りと甘みに、アルコール感の少なさ。

このやわらかな甘旨みに心地よい酸と香りで、普通酒と聞いて連想させるネガ要素はなし。

そしてそこに雑味のないコクが引き締めて軽いアルコール感でキレていく、この値段の味わいではないですな!

角は取れていても熟感はないし、このクラス(価格)でこの旨味感ってなかなか無いよなぁ・・・。

管理もいいんだろうなぁ~。

下のクラスでこれなら、上は推して知るべし!って感じですね。

さすが「黒龍」。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 三芳菊 零 | トップページ | 鳥浜 純米吟醸 »

2012 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

福井県のお酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/45165987

この記事へのトラックバック一覧です: 黒龍 逸品:

« 三芳菊 零 | トップページ | 鳥浜 純米吟醸 »