« 奥能登の白菊 純米酒 酒米石川門 | トップページ | 三芳菊 ニホンシュ ノット デッド生 »

2012年8月15日 (水)

結 特別純米酒 亀口直汲み生

関町にある酒屋さんで購入したお酒。

「結 特別純米酒 亀口直汲み生」

結城酒造

Dscn6146

精米歩合:50%

アルコール度数:17度~18度未満

製造年月日:24年3月

値段:4合1,365円(税込)

感想

Dscn6160

開栓初日(5/19)

冷やしていただく。

上立ち香は、ホワ~と重力のある華やかな香り。

口に含むと、しっとりとした口当たりでジュッとしっとりした甘みとジュギュッとしたふんわりしているのに重力を感じる旨みに、フッとした酸とク~と軽快なコクがふくらみ、その後、ジュ~としたしっとり甘旨酸をフ~とした酸とクゥ~とした軽快な渋苦コクでフッと引けていき、そのままフッとキレ。

余韻は、フゥ~とした華やかな甘旨みと心地よい爽快感と苦み。

香りと甘旨みに不思議な重力感はありますが、ドシンッとくる重さとは違う重力感。

明利酵母とかそういう系統なのかな?それ系の甘い香りや甘みもありつつ、どこかスッキリした香りも感じられるし、多少華やかだけどもふわりと上に上がるというよりもやや下垂するというか、微かに下に引っ張る感じの香りの立ち方。

旨味感は精米歩合50%らしいふくらみはあるのに、重さや雑味とは違う重力感というか下垂感というか・・・。

なんか面白い吟醸酒。

5/27

冷やしていただく。

フッとした口当たりでしっとりジュ~とした甘みとジュグ~としたふんわりしつつ微かに重力感のある旨みに、フッとした酸とクッとした軽い苦み&コクがふくらみ、その後、ジュウ~としたしっとり&軽い重力感のある甘旨みと軽い酸のふくらみをフッとした酸とクゥ~とした苦コクでフェードアウトしていき、クッとした苦辛さでキレ。

余韻は、ホワ~としっとり&重力感のある甘旨みと軽い苦みの爽快感。

初日よりも、しっとり感が増した。

 

しっとりした甘みとふんわりしているのに重力感のある旨みが味わえるお得なお酒。

吟醸系の華やかさとふくらみに、飲みごたえも楽しめるお酒ですね。

今風吟醸系のそれっぽい苦みはありますが、あくまでも張りとキレに繋がるだけでチャイルド舌半可通でもあまり気にならないレベル。

それにしても、この重たさや雑味とも違う磨いた旨味なのに下に引っ張られるというか、重力感?それとも下方向にふくらむというのか正しいのか分かりませんが、独特な感じで面白美味い♪

スペックの割にお買い得だし、味的にもハマる人はハマる味わい。

今後注目のお酒ですな!(キッパリ)

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 奥能登の白菊 純米酒 酒米石川門 | トップページ | 三芳菊 ニホンシュ ノット デッド生 »

2012 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

茨城県のお酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/45445254

この記事へのトラックバック一覧です: 結 特別純米酒 亀口直汲み生:

« 奥能登の白菊 純米酒 酒米石川門 | トップページ | 三芳菊 ニホンシュ ノット デッド生 »