« 黒龍 逸品 | トップページ | 遊穂 純米酒 22BY »

2012年8月 6日 (月)

鳥浜 純米吟醸

蔵直(蔵で直接)で購入したお酒。

「鳥浜 純米吟醸」

鳥浜酒造

Dscn6117

Dscn6118

使用米:福井県産五百万石

精米歩合:50%

アルコール度数:15度

製造年月日:24年3月

値段:4合1,450円(税込)

感想

Dscn6122

開栓初日(4/18)

常温でいただく。

上立ち香は、ホワ~としっとり甘い香り。

口に含むと、フッとやわらかな口当たりでやわらかでジュゥッとした甘みとギュゥッとした旨みに、フッとした酸とクッとしたコクがふくらみ、その後、ジュウ~とやわらかな甘旨酸をク~と軽快で心地よい渋辛さでフェードアウトしていき、クッと軽快な渋苦辛さでキレ。

余韻は、フワ~とふんわりやわらかな甘旨みと心地よい渋みの爽快感。

美味い。

5/19

常温でいただく。

やわらかい口当たりでジュウッとしたやや華やかな甘みとスッとした程よい酸に、ギュウ~とした旨みとクゥ~とした軽快な苦コクがふくらみ、その後、ジュウ~としっとりとした甘旨酸をフ~とした酸とクゥ~とした軽快な苦コクでフェードアウトしていき、フッとした苦辛さでキレ。

余韻は、フワ~とした甘旨みと微かに苦辛さの爽快感。

初日よりも、旨みとふわり感がでたが張りもそれなりにあってダレはなし。

 

しっとりとした甘みと磨かれた旨味がちゃんと味わえる吟醸酒。

しっとりした華やかな香りと甘みがあり、そこにいいバランスのやわらかな旨みがあってキレもスッと心地よい。

吟醸系のニガニガキレではなく、チャイルド舌半可通でもいける苦み具合。

酸も適度にあり、純吟でも程よいボリュームのあるジューシー吟醸になっている。

期待はしていなかったのですが、この値段でも充分満足のいく味わいですね。

しかも火入れ感がないのも素敵♪

ラベルもいいし、この手のタイプが好きな人は首都圏に多いので、もうちょいスポットが当たってもいいお酒だと思います。

しかも開けて1ヶ月クローゼット放置でもダレはなく、美味しく飲めたところも魅力的。

これの生があったら是非飲んでみたい!

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 黒龍 逸品 | トップページ | 遊穂 純米酒 22BY »

2012 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

福井県のお酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/45166070

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥浜 純米吟醸:

« 黒龍 逸品 | トップページ | 遊穂 純米酒 22BY »